出産祝いの金額の相場は兄弟なら幾ら?おすすめの品物と渡す時期

a0001_006873
a0001_006873

ご兄弟様のお子様の誕生、
嬉しいですね。
 
さて、それに合わせて、
出産祝いをお考えなのですね。

初めてのことであれば、
お祝いの金額の相場が気になるところです。

ここで兄弟に贈る出産祝いの
一般的なマナーを確認して、
喜ばれるお祝いをしましょう。

スポンサードリンク
  

出産祝いの金額の相場は兄弟なら幾ら?

兄弟に贈る出産祝いの一般的な相場は、

5,000円~10,000円です。
 
これはあなたの年齢や、
兄弟との関係の深さにも関わってきます。
 
 
あなたが20代くらい若いならば、
5,000円でもいいでしょう。

しかし、30代以上であれば、
10,000円が妥当な金額です。
 
 
高額であると、
返ってご兄弟に気を遣わせてしまいかねませんので、
けして高額である必要はありません。
 

とは言っても、
ご家族間での取り決めや、慣習があったら
そちらに従うようにして下さい。

ご両親に聞いてみるのもおすすめです。

スポンサードリンク

出産祝いを兄弟へは何がいい?

兄弟への出産祝いの金額は、
品物であっても、お金であっても、
同じくらいの金額と考えます。
 
もし品物である場合は、
赤ちゃんに関わるものが
誕生を祝う気持ちが感じられます。

 
しかしながら、
他の親族や親しい人からの贈り物や、
兄弟が前もって用意した物と
重複することもあるので、
迷った時には、ご兄弟に聞いてみましょう。
 
 
相場の範囲内で、
具体的な品物の例と挙げると、

・赤ちゃん用品【服、ベビー食器、毛布など】

・消耗品【おむつ、ガーゼなど】

が一般的です。
 
 
品物は、
ご兄弟(特に母親)の好みがある場合には、

商品券を贈って
好きなものを買ってもらうのも得策です

 
 
また、近年では、
出産したお母さんへの
ちょっとしたプレゼントを
贈る人が増えています。

その場合、
出産・育児されているお母さんには、
フラワーアレンジメントや果物など、
手入れがいらないものを贈るのが適当です。

お菓子は、母乳をあげていたり、
体重を気にしているお母さんには
喜ばれない場合があるので注意しましょう。

 
 

では、私が頂いた出産祝いでとても役に立ち、
嬉しかったものを紹介しますね。
 
私が出産祝いで嬉しかったのは、
子供の服と音が出る小さい本です。
 
 
子供の服は、義姉からもらいました。

私たち夫婦では
買わない(買えない?)ようなブランドのもので、
お出かけの時や赤ちゃんの健診の時に使いました。
 
 

また、音が出る小さい本は、
夫の友人から頂きました。

赤ちゃんが外で泣き止まなかった時や、
お出かけの時の車内でかなり重宝しましたよ。

こういうものです。

2つともほつれたり、音が出なくなるまで、
長く使わせて頂きました。
 
好みが合えば洋服や
赤ちゃんが使えるおもちゃはおすすめです。

出産祝いの品物を選ぶときの
参考になれば幸いです。

出産祝いを兄弟に渡す時期

出産祝いを兄弟に渡す時期は、
赤ちゃんが生まれた後にします。
 
赤ちゃんが生まれたと聞いてから、
準備し、渡すようにしましょう。
 
なぜなら、
必ずしも赤ちゃんが
元気に生まれるとは限らないからです。
 
 

出産祝いは、
自宅を訪問するか、宅配で渡すことが
マナーではありますが、

もし訪問する場合は、
産後1か月は避けましょう。

 
お母さんと赤ちゃんの生活は、
昼夜問わないので、
訪問は母子に負担がかかります。

兄弟であっても、身なりも部屋も
きちんとしてないのを見せるのは
避けたいですからね。
 
さらに、
1か月以内に限らず、訪問する場合は、
必ずお母さんに
体調や都合を確認して下さいね。

 
 

赤ちゃんが生まれて
はやる気持ちもあると思いますが、

その時には電話や手紙で
お祝いの言葉だけを伝えることをおすすめします。
 
電話なら、欲しいものを
聞いてみるといいですね。

スポンサードリンク

まとめ

たとえ兄弟であっても、
失礼のないお祝いをしましょう。

また、
赤ちゃんの顔をみたら、
「かわいいね」など、
赤ちゃんのことを話題にして下さいね!

それが兄弟にとって何より嬉しい言葉になるでしょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。