母の日の鉢植えで育てやすい花、人気の5選!花言葉も紹介。

a0960_000174
a0960_000174

鉢植えのカーネーションって、
すぐ枯れますよね。
 

私の母にもあげたことがありますが、
母の日の後に家に行くと、
枯れてしまって玄関の端っこに置いてあります。
 

そう、カーネーションって、
けっこう育てにくいんです。

 

それならば、
育てやすい花を贈りましょう!

ということで、
今回は、鉢植えで育てやすい花をまとめました。

また、花言葉も添えていますので、
参考にして下さいね。

スポンサードリンク
  

母の日の鉢植えで育てやすい花は?

母の日に贈る鉢植えで、
『育てやすい花』をご紹介します。
 

母の日に育てやすい花 アジサイ

花言葉・・・「団結」「仲良し」「家族」
      「和気あいあい」など

5月~6月にかけて旬を迎えるので、
母の日ごろは種類も色も豊富です。

また、存在感のある花で、
一瞬で部屋を明るくしてくれます。
 

届いた箱を開けて、
おおきなアジサイが出てきたときには、
驚かれるでしょうね。

母の日のカーネーション以外の贈り物として、
一番人気があるのも納得です。
 

そして、育てやすいのも魅力的ですね。
 

ただ、鉢植えの場合は、
花木に対して、鉢が小さいので、
すぐに水きれしてしまいます。

花が終わった後は、
大きな鉢に植え替えるか、
庭に植え替えることをお母様に勧めておきましょう。

 
 

母の日に育てやすい花 クレマチス

花言葉・・・「美しい心」「清廉な心」など

赤紫や青紫や白など、
とても素敵な色の花が咲きます。

また、宿根草なので、
毎年花を咲かせてくれます。
 

さらには、ツル植物で育てやすく、
品種によっては、
年に数回花を楽しむこともできるんですよ。

鉢植えでも育てることはできますが、
水を切らさないように気を付けてください。
 
 

母の日に育てやすい花 カラー

花言葉・・・「壮大な美」「凛とした美しさ」
      「清純」など

太い茎がすっとのびて、
その先に一輪の花が咲く姿は
美しいですね。

色は白や黄色や赤など豊富で、
どの色も人気があります。
 
 

耐寒性がある、
強い植物なので
育てやすく、

水を切らさなければ、
来年も花が咲きます。
 
 

母の日の後、花が終わったら、
庭に植えたり、鉢を大きくすると
水持ちもよくおすすめです。
 
 

母の日に育てやすい花 ゼラニウム

花言葉・・・「尊敬」「信頼」「友情」など

a0960_001687
水さえあげておけば、
放っておいても花をつけてくれる
優秀な植物です。

って、言いすぎですかね。
 

でも、乾燥に強く、
虫が付きにくいので、
育てやすさは抜群です。

 
ここで5つ挙げている中では、
一番育てやすいですよ。
 

ただ、においがあるので、
家の中に置いておくのは好まない方もいます。
(だから虫が付きにくいのですが)
 
 

また、
摘心するとわき目が出て、
株を増やすこともできます。

ずぼらな私もゼラニウムだけは
枯らしていません。

初心者向きでおすすめです。
 
 

母の日に育てやすい花 ブーゲンビリア

花言葉・・・「情熱」「あなたは魅力に満ちている」など

赤やピンクの花が
これでもかと咲き誇るツル植物です。
 

南国で露地植えで茂るイメージがありますが、
本州でも十分咲きます。
 
 

母の日にプレゼントすると、
夏過ぎくらいまでは花を咲かせてくれますよ。
 
 
その後、5℃以上の環境下であれば、
冬を越すことも可能です。

 
 

南国の花らしく、
日当たりの良い場所で
水を切らさず育てることで、
来年も花を楽しめるでしょう。
 
 

実はブーゲンビリアは
私も育てていますが、
夏は、水さえあげれば花を毎年咲かせてくれます。

濃いピンクの花が
とてもきれいで見ていてあきません。
 
 

冬は、室内の日が当たる場所に置いて、
たまーに水をあげています。
(枯れたようになりますが、大丈夫です)

ただ、とげがあるので、
お手入れには注意が必要です。

まとめ

いかがでしょうか。

せっかくあげるなら、
育てやすく、来年も花を咲かせてくれるものがいいですよね。

母の日間近は、種類がなかったり、
希望日に届かなかったりするので、
早めに選んで下さいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。