母の日は花束と鉢植えどっち?義母に初めて贈る場合のおすすめと相場

a0960_000964
a0960_000964

母の日が近づいていますね。

お義母様に初めて母の日のプレゼントを贈るときには、
ちょっと緊張しますね。
 

今回は、母の日のプレゼントの中でも、
花を贈るときに、花束にするか鉢植えにするかの選ぶ基準をまとめましたので、
参考にして下さい。

お義母様に喜んでもらえるといいですね。

スポンサードリンク
  

母の日は花束と鉢植えどっちがいい?

花を贈る形態を悩むときには、
お義母様の植物に対する接し方を考えます。
 

きれいな花でも、
こまめに手入れする人もいれば、
手をかけずに放っている人もいます。
 

家に行く機会があれば、
お義母様がどのようなタイプの方なのか
見てみられることをおすすめします。
 
 

もし、難しい場合は、
ご主人に聞いてみてください。
 
 

そこで、
お義母様がこまめに手入れされる方であれば、
鉢植えを贈っても大事にしてくれるでしょう。
 

反対に、
手をかけない方であれば、
花束を贈るのがいいですね。

 
 

ただし、
お義母様のこまめに手入れされる方でも、
贈られた花の種類や色が趣味に合わない場合もあります。
 

そんな時は、
育てるのも負担になりますし、
もし枯らしてしまった時には、
花木が好きなだけにショックを受けられる可能性もあります。
 
 

特にカーネーションは、
育てにくい花です。

 

ですので、私の意見としては、
初めての母の日のプレゼントならば、
花束を贈られることをおすすめします。
 

今後、結婚生活の中で、
お義母様のこともだんだんわかってきますので、
その時に鉢植えも検討するといいでしょう。

スポンサードリンク

母の日に義母に初めて贈る場合のおすすめ

初めてお義母様に母の日に花を贈る場合、
上にも書きましたが、
植物に対する接し方を考える必要があります。
 

でも、
花束だって、花瓶にさしたり、
水を変えるという「手間」はかかりますよね。

 

初めてだと、
お義母様に面倒や手間をかけるのは気が引けますよね。

できれば、
そっと置いていてほしいような。

 

そういう時におすすめなのは、
「フラワーアレンジメント」です。
 
 

フラワーアレンジメントだと、
もらったまま置いておくだけできれいなので、
花瓶が必要ありません。
 
水をあげる手間はありますが、
そんなに頻繁ではないし、

仮にあげなくても、
枯れて行けばそのまま捨てるだけなので、
手間はかかりません。
 

これが例えば、
鉢植えだった場合は、

フラワーアレンジメントより長く持ちますが、
その分長く世話が必要です。
 
 

また、枯れない花「ブリザーブドフラワー」だと、
これこそ手間はかかりませんが、

趣味に合わなくても捨てにくいし、
お義母様に気苦労をかけてしまいます。
 
 

母の日は、感謝の日であって、
手間や気苦労をかけてしまっては本末転倒
なので、

お義母様に初めてあげる場合は、
フラワーアレンジメントのような「消えもの」が、
思いやりのあるプレゼントだと言えます。

送るなら、こういうフラワーアレンジメントも人気があります。
↓↓↓

母の日の花の金額の相場は?

お義母様に初めてあげるならば、
花の金額の相場は、

3,000円~5,000円くらいにしておきましょう。
 

プレゼントの品物を一緒に贈る場合も、
合せて10,000円以内で考えましょう。
 
 

あまりに高いと、
お義母様も気が引けるし、

今後も続く関係なので、
来年からのハードルが高くなってしまいます。
 

また、安いものだと、
お義母様への感謝の気持ちが伝わりにくいです。
 
 

お義母様は、50代以上の方が多く、
ある程度人生経験があることを考えると、
花の値段も分かるものです。
 
気苦労をかけず、失礼のないように
贈ってください。

迷う時には、
ご主人に相談したり、
お花屋さんに聞いてみるのも得策ですよ。

スポンサードリンク

まとめ

初めてのお義母様への母の日の花は、
植物への接し方をみて決めてくださいね。

迷った時には、
フラワーアレンジメントをおすすめします。

これからもお義母様と良い関係が続きますように。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。