サロンデュショコラ京都の会場の感想。混雑具合と予算

IMG_20170208_165709

バレンタインデーが近づいていますね。

今回は、
パリ発、チョコレートの祭典
『サロン・デュ・ショコラ』の
京都会場に行ってきた感想です。

たくさん試食をして、
幸せな時間を過ごしてきました。

 

 

スポンサードリンク
  

サロンデュショコラ京都の会場の感想

平日の昼、
午後1時ごろに会場を訪れました。

会場は、ジェイアール京都伊勢丹10階の催事会場です。
 
 

他のフロアは空いているのに、
サロンデュショコラの会場は、
熱気に包まれザワザワしていました。

 
 

私は、東京会場の様子をTVで見ていたけど、
実は、なんでそんなに人気があるかも分からず行ったのですが、

足を踏み入れるなり、
「これホントにチョコレート?」と
疑いたくなるようなきれいなチョコレートや、

「これは絶対おいしいヤツ」」というような、
ミルクチョコレートが並んでいて、
すでにワクワクしてしまいました。
 
 

会場の中心部にいくと、
試食も盛んに勧められていて、
勧められるがままに片っ端から食べていきました。
 

サロンデュショコラは、
試食の多さでも有名なんですよね。

 

普段は食べることがない海外のチョコや、
高級な(少なくともスーパーで売っているようなもの以上の)チョコレートを
試食で食べることができるんですよ。
 
 

たくさん試食したので、
どこの何が一番とは忘れましたが、
帰って、フロアマップを見てみると、

「リモーネリモーネ」のビターなチョコレート
ビターだけど味が濃く、程よく溶けて、
また食べたいと思うものでした。

甘すぎなくておすすめです。
 
 

日本のショコラティエやパティシエのチョコもありますが、
こちらはあまり試食がないように感じました。

それは残念だけど、仕方ないですね。
 
 

また、「売り切れ」の状態ですが、

私が行ったときには、
「デメル」のものが数種類売り切れ状態でしたが、
その他の出店は売り切れのものはありませんでした。
 

だけど、店員さんに聞くと、
人気作家のは比較的安い方から売れていき、
土日に売り切れて、平日にまた入荷というのを繰り返す
ようです。
 

売り切れても、入荷はするし、
それが平日の間に再び売り切れることはないと言われていました。

スポンサードリンク

会場は99%は女性でひしめき合っていました。
みなさん、購買欲がすごいのに驚きです。

それも、
彼氏や好きな人のために買っているようではなく、
自分のために買うという雰囲気
 

みなさん笑顔で、
目がキラキラしていました。

という私も。

 
 

それにしても、
これまで40年バレンタインデーを経験しましたが、

こんなに熱気があって、女性が楽しそうで、
おいしいチョコレート会場は初めてでした。
 
 

チョコレート好きにはぜひおすすめですので、
足を運んでみてくださいね。

私も来年あったら、
またぜひ行きたいと思います。

 

◆サロン・デュ・ショコラ 2017 京都会場情報◆
日程:第2弾 2月7日(火)~10日(金)
   第3弾 2月11日(土・祝)~14日(火)

時間:午前10時~午後8時

場所:ジェイアール京都伊勢丹10階 催事場

電話:075-352-1111

サロンデュショコラ京都の会場の混雑

私が行った平日の昼間では、
人は多いものの、部分的に混雑している感じでしたよ。
 
 

特に、試食が積極的なところと、
アンリ・ルルーのクイニーアマンの実演販売は
混雑が激しかったです。
 

試食はみんな嬉しいですよね。
 

アンリ・ルルーは、
文具売り場まで20m位の行列ができていました。
 

他には、
「パティシエ エス コヤマ」や、
「サティー」が混んでいました。
 
 

これら以外の所は、
特に混雑もなく、人通りはスムーズです。
 
 

しかし、これもまた店員さんに話を聞くと、
土日とバレンタインデーは大変な混雑で、

平日は混んでいない出店でも、
たくさんの人が並ぶようです。
 
 

ですので、行くとしたら、
平日、または土日やバレンタインデーでも、
午前中に行くことをおすすめします。

お目当てのチョコレートが買えるといいですね。

サロンデュショコラの予算

サロン・デュ・ショコラには、
有名ショコラティエやパティシエの
チョコレートが並ぶことから値段も高めです。
 

1粒500円以上もするチョコレートもあります。
 

だけど、そんなに高値でもなく、
4粒で1,000円のだってあるんです。(いや、十分高価だけど)
 
 

もし、狙っている有名ショコラティエやパティシエのチョコレートがあるのなら、
その値段に合わせた予算になります。

例えば、
ジャン=ポール・エヴァンのだと、
6個入りで2,841円、

アンリ・ルルーのだと、
8個入りで3,456円が人気のようです。

行く前に、ホームページを見てみられるといいですね。
 
 

私の場合は、
初めは買うつもりはありませんでしたが、

見ているうちに欲しくなり、
息子と娘と旦那に買うことにしました。

子供たちには、
「TINTIN×ゴンチャロフ」(648円)

IMG_20170208_165803
「ぱ・ぱ・ぱ・ぱんだ」(378円)

IMG_20170208_165743

 

旦那(と私)には、
「サティー」の「恋のてっぽうだま」(←意味なし、1,188円)です。
 

合計2,214円でした。
 

買うつもりはないのに、
つい誘惑に負けてしまいました。

サロン・デュ・ショコラ恐るべし。

しっかり予算オーバーです。
 

でも、バレンタインデーに
みんなで食べる楽しみが出来ましたよ。
 
 

行かれる方も、予算はしっかり決めても、
それより少し多めに持っていかれることをおすすめします。

スポンサードリンク

まとめ

サロンデュショコラに行くと、
バレンタインデーの見方が変わるかもしれませんね。

年に一度の甘い祭典、
楽しんできてくださいね。
 
◆こちらも合わせて読まれています。

バレンタインでチョコが苦手な夫へ!チョコ以外の人気のものや手作りなら?

バレンタインチョコレートを自分用ならどんなの?予算は?おすすめチョコは?

バレンタインの義理チョコは職場に必要?!簡単で安いおすすめの方法は?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。