葵祭の日程は毎年5月15日!見所とおすすめ見物ポイントを紹介

a0960_004765
a0960_004765

葵祭、楽しみですね。

葵祭は、毎年5月15日に行われる、「京都三大祭」の一つです。

平安装束を身にまとった人が、京都の街中を行列で歩きます。

ここでは、その見どころとおすすめ見物ポイントをご紹介していきます。
計画のご参考にして下さいね。

スポンサードリンク
  

葵祭の日程は毎年5月15日!時間は?

葵祭は、毎年5月15日に開催されます。(雨天順延)

ではその時間を見ていきましょう。

葵祭のコースと時間
10:30 京都御所 宜秋門 出発

有料観覧席を通り、

10:50 堺町御門から丸太町通りに出る

丸太町を通り、

河原町通に曲がり、

11:15 出町橋 西詰

11:40 下鴨神社到着

14:20 下鴨神社出発

下鴨本通を通り、

14:40 洛北高校前 通過

北大路通を西に曲がり、

14:55 北大路橋の西から曲がり、

賀茂川堤沿いを行列

御薗橋を渡り、

15:30 上賀茂神社到着

*これらの時間は、行列の先頭が通過する時間です。

*行列自体は、総勢約500人、馬約30頭、牛約4頭、牛車2基という大所帯なので、通過するのに1時間かかるので、時間は場所ごとの目安にして下さい。

地図で見ると、下の通りです。

葵祭の見どころ

葵祭は、平安時代の優雅な景色が、そのまま行列になっています。

その見どころをいくつかに分けてみました。
 

その① 平安時代の装い

平安装束を身にまとった500人もの人が行列を組みます。

斎王代をはじめとし、内蔵使、山城使などがそれぞれの身分に合った服装を身にまとう姿は、
平安時代をほうふつとさせるでしょう。

男性の衣装もいいですが、やはり、女性の衣装がとても豪華で美しいのが目をひきますね。赤や黄色と派手だけど、その中に清楚さも感じられます。

平安装束のファッションチェックして下さいね。
 

その② 牛車(ぎっしゃ)

行列には、「本列」と「斎王代列」と2つの列(の塊)があって、それぞれに牛車があります。

藤や梅などを飾り付けられ、豪華さと優雅さが際立っています。

牛車は、平安時代のいわば乗用車的な役割ですが、葵祭では、誰も乗っていません。

周りを30人ほどの人が取り囲み、音を立てながらゆっくりと進んでいきます。
 

その③ 斎王代(さいおうだい)

葵祭のヒロイン的存在ともいえる、斎王代。

その装いもダントツで人気があります。

十二単に、その上の羽織(小忌衣:おみころも)。その重さは30キロとも言われ、着付けは2人がかりで3時間もかかるそうです。

髪の毛はおすべらかしで、金属製の飾りをつけています。また、手には檜扇を持ち、胸元のたとう紙がアクセントになっています。
現代で言うと、おしゃれで、小物づかいが上手な、女性の憧れの的ですね。

また、斎王代は一般公募ではなく、数千万円の費用を負担できる所のお嬢様が選ばれるという、ちょっと浮世離れした選び方です。
近年では、茶道の名門・裏千家のご令嬢が選ばれたこともありますね。

そんな斎王代になれるようなお嬢様とはどんな方なのか、気になりませんか。といっても、白塗りなので、顔は分かりませんが。

スポンサードリンク

葵祭の見物ポイント

葵祭は、行列を組み長い距離を歩きますので、その間ならすべての行列が見られるのですが、その中でも、私が実際に葵祭を見に行った時の、おすすめ見物ポイントをご紹介します。
 

1カ所目は、出町橋の東側です。

理由は、平安装束を着た人が古めかしい橋を渡る姿がとても合っているからです。

丸太町、北大路通りもいいですが、背景は現代的な建物や家になりますが、橋の上を通っている時には、背景が山や空なので、平安時代風景さながらになります。

 
 

2カ所目は、京都御所の堺町御門を出たところです。

ここのポイントは、大変混雑が激しいですが、行列を京都御所を背景に正面から見ることができるし、なにより、行列の人の元気があります。まだ、行列が始まってすぐですからね。

また、丸太町通でしたら、市営地下鉄烏丸線の「丸太町駅」からも近いので、子連れの私には行きやすいです。

でも、もみくちゃにされるのが難点です。誰だって、良いところで見たいですものね。

混雑が嫌になったら、丸太町を歩いて、烏丸通に行くか、東西の通り(高倉通や堺町通など)に曲がると、すぐに人ごみからぬけられますよ。

 
 

そういうわけで、この2つのポイントはおすすめの見物ポイントでもありますが、同時に人気の場所でもあり、とても混雑しています。

その他、混雑するのは、丸太町通と、出町柳、下鴨神社、上賀茂神社です。
 

もし、ゆっくり見たいという方は、河原町通や北大路通に行かれることをおすすめします。

スポンサードリンク

まとめ

かつては源氏物語で光源氏も見たという葵祭。

平安時代への想像を膨らまして、楽しんで下さいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。