深大寺だるま市の駐車場はココ!だるま市の日程や時間を紹介。

a0790_001201
a0790_001201

深大寺のだるま市、楽しみですね。

江戸時代から続き、恒例となっている深大寺のだるま市には、2日間で毎年約10万人近くの人が訪れます。

そうなると気になるのは駐車場ですよね。深大寺にも駐車場はありますが、だるま市目的の方の駐車は認められていません。

そこで今回は、深大寺だるま市の時の、おすすめの駐車場をご紹介します。

ご計画の参考にして下さい。

スポンサードリンク
  

深大寺だるま市の駐車場はココ!

深大寺の前にコインパーキングがありますが、こちらは収容台数が11台でかなり競争率が激しそうです。停められないと思っておいた方がいいでしょう。

そこで、深大寺にできるだけ近くておすすめな駐車場をご紹介します。

◆神代植物公園の駐車場

深大寺の北側には、大きく広がる植物園があります。

そちらの駐車場を利用することをおすすめします。

駐車場は第1と第2の2カ所あります。

神代植物公園第一駐車場
住所:調布市深大寺北町1-4
TEL:0424-88-3234
営業時間:24時間
収容可能台数:228台
 

料金:
1時間まで300円
以後30分ごとに100円

 
神代植物公園の正門側にあります。

最寄りのバス停「神代植物公園」から「深大寺」まで、通常なら約3分かかり、料金は210円です。

もし、徒歩ならば、距離は1.8Kmで、約25分かかります。

 

神代植物公園第二駐車場
住所:調布市深大寺北町1-4
TEL:0424-88-3234
営業時間:24時間
収容可能台数:100台
 

料金:
1時間まで300円
以後30分ごとに100円
 

神代植物園の東側にあります。

深大寺へは、第一駐車場よりも近く、徒歩ならば、約15分くらいです。

 

また、こちらは、一般の駐車場です。

ナビパーク深大寺北町第1駐車場

営業時間:24時間
収容可能台数:50台
 

料金:
8:00~22:00 30分100円
22:00~8:00 60分100円

当日最大料金 1200円
 

深大寺へは、徒歩ならば、距離は約2Kmで、約25分かかります。

空いていない時には、他にもコインパーキングが周辺にあるので探してみてください。

スポンサードリンク

パークアンドライドするなら

パークアンドライドとは、目的地周辺に駐車するのではなく、目的地までアクセスしやすい場所にとめて、公共交通機関などを利用することです。
 

深大寺にいくならば、最寄りの駅は「調布駅」「つつじヶ丘駅」「JR吉祥寺駅」「JR三鷹駅」がありますが、私のおすすめは「つつじヶ丘駅」です。

他の駅周辺は駐車料金が高い、または深大寺まで時間がかかるからです。
 
つつじヶ丘駅周辺の駐車場は、駐車料金も他に比べると安めで、ほとんどが「最大料金」があります。

つつじヶ丘駅周辺で収容台数が比較的多い駐車場はこちらです。

◆パークジャパンつつじヶ丘第1駐車場

住所:調布市西つつじヶ丘3-25
営業時間:24時間
収容可能台数:50台
 

料金:
8:00~22:00 30分100円
22:00~8:00 60分100円

24時間最大料金 1階1,200円、2階1,000円

 

つつじヶ丘駅から深大寺へはバスを利用します。乗車時間は通常約15分です。
→「深大寺」行き (丘21)、 終点「深大寺」下車

時刻表

深大寺だるま市の日程や時間

深大寺だるま市の開催時間は、3月2日3日の両日とも9時~18時です。
 

護摩祈願は、10:00、11:00、12:00、13:00、15:15と16:00に実施されます。祈願の申し込みは、時間の15分前までです。

また、14:00台は、百味供養、雅楽衆を先頭に僧侶や信徒ら100人以上が境内を出て行列で練り歩く「お練り行事」、大護摩供奉修のために大師堂への入道ができませんので、注意して下さい。

 

だるま開眼は9:00~閉堂に、大師堂前仮設開眼所で行われます。

スポンサードリンク

まとめ

春の訪れを告げる「深大寺のだるま市」、楽しんで下さいね。

混雑しますので、運転の際には十分注意して下さい。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。