インフルエンザの症状で子供なら?軽い場合もある?検査に行くべき?

hatsunetsu_kodomo
hatsunetsu_kodomo

寒くなると、いよいよインフルエンザが流行し始め、
親としては戦々恐々ですよね。

予防接種や日常生活で対策はしているものの、
型が違えばかかってしまうインフルエンザ。

でも、子供にインフルエンザらしき症状がでても、
「これってホントにインフルエンザ?」と悩んでしまうこともあります。

そこで今回は、インフルエンザの症状のおさらいと、
子供ならではの特徴である症状が軽い時の対処法、
そして検査に行くべきなのかをまとめてみました。

スポンサードリンク
  

インフルエンザの症状で子供の場合は?

インフルエンザでは、一般的にこのような症状がでます。

・38度以上の高熱

・全身のだるさ

・筋肉痛(ふしぶしの痛み)

・頭痛

・鼻水

・咳

・下痢

これらの症状が一度の現れるのではなく、

インフルエンザは、症状が出る前には特に変化がなく、
いきなり38度以上の高熱が出て、だるくなったり
ふしぶしが痛くなることが典型的な症状
です。

そして遅れて、鼻水や咳や下痢などの症状が現れます。

インフルエンザの症状と風邪との違い

インフルエンザが流行っている時に、
発熱や鼻水などの症状が出た場合、
風邪かなとも思ってしまいますよね。

インフルエンザと風邪の症状の違いは・・・

インフルエンザは、

38度以上の高熱やだるさや筋肉痛などの症状が
急に現れる
ことが特徴です。

それに対して、

風邪は、

発熱や咳や鼻水やのどの痛みや症状の一部が
緩やかに始まり、徐々に進んでいきます。


言葉を話せる子供の場合は、
頭が痛いとか、ふしぶしの痛みを訴えることが可能ですので、
丁寧に聞いてあげてください。

乳幼児の場合には、高熱と鼻水や咳程度で、
風邪と変わらず、風邪との区別が困難ですので、
しっかり様子を観察し、病院に連れて行ってあげましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザの症状に子供は軽いのもあり?でも注意が必要です!

子供がインフルエンザにかかった時の特徴として、
「軽い症状しかない」というものがあります。

熱もそんなに高くなく、
風邪症状に似ている・・・

だから風邪じゃないか?って思うんですよね。

だけど、周りでインフルエンザが流行っていたり、
ふしぶしに痛みがあったり、熱が上がったり下がったりしている時は、
インフルエンザかも?と疑って下さい。

そして、その様子を医者に伝え、
診断を仰ぎましょう。

自分一人の判断で違う病気と思い
市販薬で何日も様子をみることはさけましょう。

なぜなら、
インフルエンザだった場合、
軽い症状でも長引くとほかの合併症がおこることもある
からです。

そのもっとも恐ろしいのが、
「インフルエンザ脳症」です。

この原因として、市販薬との関係もあげらているので、
何日も症状が治まらない時は、必ず医者にみせましょう。

インフルエンザの症状が子供にでたらすぐに検査にしに病院へ行くべき?

インフルエンザが周囲で流行っている時に、
子供が急に熱を出したら、どうしたらいいのでしょうか。

多くの場合は、慌てて病院を受診する必要はありません。

なぜなら、
急の熱の上がり始めは、頭痛や腹痛や吐き気などの症状をだしますが、
それは急激な体温の変化にによって起こる身体症状だからです。

また、発熱後すぐの場合は、
インフルエンザなのか他の病気なのか診断が確定できにくいので、
インフルエンザに対応する薬を出されるとは限りません。

だけど、30分以上してもそれが治まらない時や、
けいれんを起こした時には、時間や昼夜に関わらず必ず受診して下さい。

夜中だったらどうする?

夜になって急に熱が出た場合も焦りますよね。

病院は閉まるし、それ以降は救急外来なので、
ちょっと料金もかかるし・・・

だけど、
夜から熱が出始めても、呼吸困難やけいれんなどの症状がなければ
慌てて病院に行く必要はありません。

熱の出初めの辛い時に移動したり、
診察を待つ時間が子供にとって負担になりますので、
家で安静にしておいた方がいいです。

翌朝に受診した方が、検査や診断ができやすい上、
移動や待ち時間などの子供の負担も軽減できます。

ただし、上述したように、
30分~1時間以上しても熱以外の症状が治まらない時や、
けいれんを起こした時には、時間や昼夜に関わらず必ず受診して下さい。

時には、なぜか救急でも嫌がられることがありますが、
親の「おかしい」や「苦しそう」などの直感は信じて
受診することをおすすめします。

子供が熱で苦しんでいる姿を見ると、親としても辛くなりますが、
しっかりお子様の様子を見てあげてください。

家での対処法

高熱で苦しそうであれば、
アイスノンやヒエピタなどの冷熱シートで、
頭や脇の下、股の間(そけい部)を冷やして下さい。

また、嘔吐をしたり、高熱で水分が十分にとれない時は、
脱水になりやすいので、
イオン飲料やOS1などの水分補給飲料を飲ませてあげましょう。

自分では飲みにくい場合は、
少しずつスプーンで飲ませてあげてください。

また、
インフルエンザは飛沫感染(くしゃみや咳によって菌がうつる)なので、
可能な限り健康な家族とは別々で寝かせ、
マスクを着用し、タオルなどは分けて使います。

そうすることによって、家庭内感染を防ぎましょう。

スポンサードリンク

まとめ

我が家も、子供が熱が出るとすぐに病院に駆け込む方ですが、
確かにそこで診断がつかずに何度も往復することがありました。

子供に高熱が出るとやっぱり心配ですよね。

これまで大事に至ったことはありませんが、
調べてみると合併症などで亡くなられたお子様もいらっしゃるようです。

今年のインフルエンザ流行の時期には、
しっかり予防して、熱が出てたらこれまで以上にしっかり観察しようと思いました。

皆様もどうかお大事に・・・!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。