顎のニキビが治らない!原因は?すぐに改善できる事と保湿法は?

flowers-1037624_640
flowers-1037624_640

顎(あご)のニキビ、気になりますよね。

私自身も、思春期からニキビに悩まされ、大人になったら治るのかなと思ったら、30代になってもできてしまって、悩みの種となっていました。

同じ年代のママ友とか、お肌がきれいですごくうらやましいって思っていました。
 

今回は、30代のニキビ、なぜできるのか原因をまとめました。

私もこれを知って、生活に取り入れてみたら、改善の兆しがみえましたよ。今はほとんど悩んでいません。

もし、あなたも悩んでいたら、参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

あごのニキビが治らない30代!原因は?

ニキビができる原因は、人によって様々で、肌自体に原因がある場合もあれば、生活習慣が原因である場合もあります。

具体的には、このようなことです。
 

<<肌が原因>>

・乾燥している

・肌に雑菌が付く
 

<<生活習慣が原因>>

・睡眠不足

・飲酒・喫煙をする

・食生活の乱れ

・ストレス

 
 

肌の乾燥は、洗顔後の保湿を十分に行っていない場合や、タオルや衣服でこすった場合に、水分が喪失して起こります。

特にあごは、顔の形状から見てへこんでいるところで、洗顔後の保湿が十分でないことが多いです。また、食後に口を拭いたりすると、水分が奪われたり、肌が傷つきます。
 

また、知らず知らずのうちに手で顔を触ったり、清潔でない布類が顔に触ることもありますね。
 

具体的には、何度も使ったタオルや、頻繁に洗うことがない布団類やマフラーなどがあります。また、マスクも原因になる場合もあります。

特にあごは、頬杖をついたり、何気なく手で触る場所です。

このように、あごは布類が当たる頻度が高い場所でもありますから、そこで雑菌がくっつき、ニキビの原因となります。
 
 

そして、生活習慣も、仕事や育児や家事で乱れやすいですよね。また、ストレスも出てくるし、それが原因で、生活習慣も乱れ・・・とそれぞれに因果関係があります。
 
 

つまりニキビができる原因に加え、あごは特に肌への刺激を受けやすい場所なので、ニキビをくりかえしてしまうんですね。

この中に、思い当ることはありませんでしたか。癖や当たり前になってしまっていて、意識しないと気付かないこともありますので、日ごろの生活を見直してみて下さいね。

あごのニキビにすぐに改善できること

あごのニキビを改善するためには、上に挙げた原因をすべて見直す必要があります。

だけど、いきなりすぐには難しいですよね。特に飲酒とか喫煙とか、すぐに止められるなら医者はいらない?!ですね。
 

それならば、一つずつでもいいので、自分の生活に取り入れられそうなことを見つけてみましょう。
 

私の場合は、喫煙・飲酒はしないので、こちらを取り入れました。

・睡眠不足
・食生活の乱れ
・肌に雑菌が付く
・乾燥する

 
 

子供がいて早起きしなくちゃいけないのに、夜遅くまでテレビをみたりして、睡眠時間が5時間くらいだったのを、12時前には寝るようにして最低6時間は確保しました。週に1度は9時間ほど寝ることもあります。
 

また、食生活では、朝と昼に野菜を取ることが少なかったので、朝は果物を食べ、昼は麺類でもワカメやもやしなどの簡単に取り入れられるものをとることにしました。

これは健康診断でも指摘されていたことなので、健康のためにもです。

健診の時には、夜にブロッコリーなどを湯がいておいて、朝昼に食べることにすれば、その時に調理せずに簡単に取り入れられると、アドバイスを受けましたので、ここでもおすすめしておきます。

スポンサードリンク

また、他にも「肌に雑菌をつけない」ということで、マフラーをこまめに洗ったり、布団にもぐらずに寝る、洗顔後は新しいタオルを使うなど、気が付けば不潔になっていたところを、できるだけ清潔にするように気を付けました。。

乾燥に対しては、後にその方法を書いているのですが、保湿をしっかりすることにしてみましたよ。
 
 

これらは、自然に生活に溶け込んでいくわけではなくて、「ニキビを治してやるぞ!」「ニキビを作らないようにするぞ!」という気持ちで、意識してに生活習慣に取り込んでいくことが大事です。

一度身についた生活習慣を変えるのは、難しいですからね。

もし、あなたも生活に取り入れたり、改善できそうなことがあれば、試してみてくださいね。



あごのニキビ対策におすすめの保湿の方法

私があごのニキビ対策のためにしていることで、乾燥対策もあります。
 

対策をする前は、洗顔後は化粧水をして、保湿クリームを塗っていました。これでも十分やっているのでは?と思っていましたが、近頃の顔用のシートマスクが流行っているのに乗っかって、試してみることにしました。
 

夜のお風呂の後に、シートマスクを顔にペタッと貼り、10分くらい放置します。でもそれだけでは少しツッパリ感があるので、いつも使っている保湿クリームを塗ります。
 
 

まず、このシートマスクを取り入れた時から、肌がつややかになって、「なんかこれまでと違うぞ」と感じました。

それから、3日おきくらいに使うことで、どんなに睡眠をとっても、野菜をとっても治らなかったニキビが小さくなっていき、繰り返していたニキビが出来なくなりました。
 
 

「私に足りなかったのは、保湿?」と言わんばかりに、おでこや頬にできていたニキビも徐々になくなり、生理前の不調の時でもニキビが出来なくなったのです。

これにはかなり驚きました!

 

また、ニキビが治ったのと同時に、繰り返すこともなくなりました。顔が全体的に明るくハリが出てきたと感じます。(って、今まで何もしなさ過ぎですかね)
 

これまで、面倒で取り入れなかったシートマスクですが、これをきっかけに今ではすっかりシートマスク信者です。

乾燥対策や保湿の仕方をどうしていいか分からない場合は、シートマスクは顔にシートを付けて放っておくだけなので、すごく簡単に取り入れられておすすめです。

肌が変わると、お化粧や、鏡を見ることが楽しくなりますよ。そうすると、気持ちが前向きになって、ストレスにも立ち向かえる好循環になります。

スポンサードリンク

まとめ

あごのニキビができる原因は、乾燥や雑菌や生活習慣によるものです。

生活習慣をいきなり変えるのは難しいので、今取り入れられることから挑戦していきましょう。

私のおすすめは、シートパックです。私の場合は、乾燥対策に効果があり、ニキビを繰り返すことがなくなりました。

ニキビのないあごになりますように!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。