三室戸寺のあじさいの見頃と混雑具合。ライトアップも!梅雨にピッタリ!

a0960_006687
a0960_006687

三室戸寺のあじさい、楽しみですね。

私も雨の日に行ったことがありますが、しとしと降る雨にあじさいはとても美しく、心が落ち着きました。見どころが限られる梅雨の京都を、三室戸寺のあじさいが彩ってくれているように感じます。

さて、梅雨とは言っても、あじさいの見頃が気になりますよね。せっかくなら、見頃に合わせて行きたいものです。

そこで今回は、三室戸寺のあじさいの見頃や混雑状況をご紹介します。

計画を立てて、ぜひ足を延ばして下さい。

スポンサードリンク
  

三室戸寺のあじさいの見頃はいつ?

三室戸寺のあじさいの見頃は、6月中旬~6月下旬です。

例年5月下旬あたりから次第に咲き始め、6月中旬以降に全体的に見ごろを迎えています。
 

6月25日前後はまだ咲いている場合も多いですが、年によっては、7月を待たずに終わってしまう場合もあります。
 
 

6月の天候や雨の量が関わってくるのですが、雨がたくさん降れば、7月第1週まで見られることもあります。
 

ご参考までに、2016年は雨が多く、長く続いたため、5月下旬から咲き始め、6月11日に全体的に満開、7月4日の時点でもまだ所々で花が見られています。
 

もし先にご計画を立てられるのならば、どの年でも見頃を迎えている6月中旬~6月20日あたりまでを考えるといいでしょう。

スポンサードリンク

三室戸寺のあじさいの時期の混雑状況

三室戸寺には、約50種のあじさいが約10,000株もあり、苑内の木々の根元を覆い尽くしています。
 

通り道は狭いものの、混雑が少ない時には、すれ違ったりゆっくり写真撮影ができます。しかし、人が多い時には、行列を作って園内を回るような感じになります。
 

混雑がひどいのは、あじさいが見ごろである6月中旬~下旬の土日です。特にツアー客が到着し始める10時前後からは大変な混雑です。
 

境内内を、列になって少しずつ進んでいき、所用時間は全部見るのに通常30分のところ、約1時間ほどかかります。しかし、ぜんぜん前に進まないということはありません。それでもできるだけ、団体やツアー客から離れて歩いた方いいでしょう。
 
 

また、平日でも、日によっては昼あたりには駐車場はほぼ満杯な状態なので、園内の混雑も時間帯によっては見られます。

私もあじさいが見頃の時期の、平日の13:00くらいに行ったときには、団体客やハイキングの方がたくさんいました。でも、子供連れでもゆっくり歩いたり、写真を撮ったりすることはできましたよ。
 

もし、混雑を避けるならば、6月中旬前や土日の早朝や平日に行かれることをおすすめします。

 
 

いずれにしても、先ほども書きましたが、6月の京都の見どころが限られている中でのあじさいの開花で、地元のみならず、遠方からも個人やツアーで訪れる方が多いので、多少の混雑は覚悟が必要ですね。

あじさいが咲いているところは、人が多い上、斜面になって特に雨の日は足元も悪いので、歩きやすい靴でお出かけくださいね。

三室戸寺のあじさい園ライトアップ

三室戸寺では、あじさいが咲く時期に、ライトアップもあります。

色とりどりのあじさいがライトに照らされる様は、とても幻想的で、しっとりとした雰囲気を味わえます。
 

京都のライトアップと言えば、桜や紅葉が有名ですが、こちらのあじさいも、とても風情がありますよ。特に、光の中に浮かび上がるあじさいの景色は圧巻です。おすすめは雨が降る夜です。

 
 

ただ、残念ながら、期間中ずっとではなく、土日だけなのです。

→日時に関して詳しくは、三室戸寺公式ホームページをご覧ください。
 

また、昼と夜は入れ替え制なので、昼間とライトアップも見るという場合は、2回分の拝観料が必要です。(とは言っても、昼の部は16:30に終わり、ライトアップは19:00から、しかも周りには時間をつぶすところがありませんので、しばし宇治散策~となります)
 

さらには、混雑も必至です。特にライトアップが始まる19:00には開園前から行列ができます。ですので、可能ならば、20:00あたりにいかれるといいでしょう。

◆三室戸寺
・住所:京都府宇治市菟道滋賀谷21(とどうしがたに)

・電話:0774-21-2067

・拝観時間:8:30~16:30、ライトアップ19:00~20:30(受付)

・拝観料金:500円

・アクセス:

車なら→京滋バイパス宇治東ICより3分 ※注意:大阪方面からは、京滋バイパス宇治西ICを利用

電車なら→京阪「三室戸駅」下車後、徒歩15分
あじさいの季節には、JR宇治駅・京阪宇治駅より臨時直行バス「あじさい号」が運行予定
(あじさい号に関する問い合わせは、京阪宇治バス宇治営業所まで:0774-21-2067)

・駐車場: 収容台数: 300台(有料) 乗用車: 500円、バス: 2000円

スポンサードリンク

まとめ

三室戸寺のあじさいは、雨の多さや長さによって変化はありますが、毎年6月中旬には見ごろを迎えています。

また、見ごろを迎えると、土日や平日の昼間は、混雑します。そうは言っても、前にすすめないほどではありません。

階段をのぼり、眼下に広がる約10,000株のあじさいは、大変見ごたえがあり、あじさいの間を縫って、飽きることなく散策できますので、存分にお楽しみください。

途中には花の季節にオープンする茶屋もあります。私のおすすめは「あじさいパフェ」です。色鮮やかな金平糖や団子、抹茶味のアイスやゼリーが美味です。あじさいも宇治も楽しめる組み合わせになっています。ついでにどうぞ。

話はそれましたが、三室戸寺のあじさい、楽しんで下さいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。