七夕の3つの由来!七夕に何する?飾り付け時期はいつからいつまで?

tanabata_title
tanabata_title

七夕、楽しみですね。

七夕って、毎年あるイベントですが、どうして七夕という日が出来たのか、知らない方も多くいます。

織姫と彦星が会う日~というのは有名ですが、もっと他の意味もあるんですよ。
 

そこで今回は、七夕の由来や意味をご紹介します。

七夕の由来を知ってみると、七夕が、単にカップルや子供のためにある日じゃないことが分かりますよ。

では、どうぞご参考にして下さい。

スポンサードリンク
  

七夕の由来や意味は?

七夕は、中国から日本に伝わった伝説と、日本古来の行事や信仰が結びついて生まれたものです。

では、それらがどのようなものか、次からお話ししていきます。
 

<<中国から日本に伝わったこと>>

●7月7日の夜に、恋人同士だった牽牛(けんぎゅう・彦星)と織女(しょくじょ・織り姫)が、年に1度だけ、天の川がかかった橋で会うことを許され、逢瀬を楽しむ、という説話
 
 

<<日本古来の行事や信仰>>

●宮中の女性が機織り(はたおり)や、裁縫の上達を願い、竿の先に五色の糸をかけて祈ったとされる「吃巧奠(きっこうでん)」という行事
 

●若い女性が機織り小屋にこもって、神を迎え、村人の穢れを払う「棚機つ女(たなばたつめ)」という信仰

 

機織り機のことを「たなばた」といい、また、織り姫のことを日本名で棚機津姫星と呼ぶことに加え、そこへ、五節句の7月7日(七日)の夕という意味を合わせ、「たなばた」と言うようになりました。
 

このように、それぞれの伝説や行事や信仰が重なり合い、現在の七夕の原型ができたと言われています。
 
 

平安時代の貴族たちがいた時代には、すでに短冊に願い事を書いて笹に飾り、祈りをささげていたという風習が出来ていたとされるので、七夕が生まれたのは約1,200年以上も前のことになるのですね。

スポンサードリンク

七夕は何する?

七夕は、旧暦7月7日に行われていたお祭ですが、今では現在私たちが使っている新暦の7月7日が、七夕の日として広く知られています。

中には、仙台や京都の七夕祭りのように、月遅れの8月7日に盛大な七夕祭りも催されています。
 
 

では、家庭など、一般的には何をするのでしょうか。
 

1、七夕飾りをする

七夕というと、七夕飾りをするご家庭も多いのではないでしょうか。

我が家も、子どもが幼稚園から笹と短冊をもらってくるので、それに手作りの飾りを付けたり、お願い事をします。
 

本来は、七夕の由来にもあるように、機織りや裁縫が上達するようにお願いするものなのですが、近代的になるにつれて、芸事や習い事の上達の願いに移り変わり、現代では、いろんなお願い事を書くようになっています。
 
 

娘は「パン屋さんになれますように」、息子は「パパのようになれますように」と書いていました。え、将来の夢?!
 
 

それはさておき、笹の葉は、ホームセンターや花屋さんに行くと売ってあることもあるし、もし、手に入らない場合には、観葉植物などでも代用できますよ。
 

また、私は笹の他にも、壁に緑系のマスキングテープを笹の枝葉の形に貼り、そこに短冊や飾りをつるすという飾りもしています。

笹のように葉が散らばらず、片付けも楽にできておすすめですよ。

 
 

2、七夕にちなんだ食事をする

ご家庭では、七夕にちなんだ食事をしてみませんか。

七夕にちなんだ食事なら、そうめんが一般的です。
 

色が付いたそうめんだったり、普通の白のそうめんに星をかたどった卵焼きや、人参などで飾り付けをするとカラフルですよ。

他に副菜やトッピングに、天ぷらや鰻などを添えれば、豪華で華やかな七夕メニューの完成です。
 
 

3、七夕イベントに行く

地域や寺社などで、七夕イベントが開催されるところもあります。

家庭ではできないような、大掛かりな七夕飾りが飾られたり、イルミネーションなどお祭りが催されたりされます。

ぜひ、お時間があるならば、行ってみてください。
 

☆七夕イベントは、こちらの記事も参考にどうぞ。

平塚七夕祭りの開催日や場所!見所は?気になる屋台情報も!
京都七夕デート!イベントは7月にある?夜景もおすすめ!
七夕デート大阪で何する?おすすめイベントや場所はコレ!

七夕の飾り付けの時期!いつからいつまで?

七夕の飾り付けの時期は、しきたり通りだと次の通りです。

飾り付け→前日の6日の夕方

取り外し→7月7日の夜

 

しかし、現代では、厳格に風習にのっとることはなく、七夕の数日前から飾ってあるところもありますね。

ご家庭に合わせて、飾りつけをするといいでしょう。せっかく手作りするものですし、長く飾って起きたですものね。

七夕飾りについて

飾りを作ったり、お願い事を書いたりと、楽しみながら作っていきましょう。

飾りは、お願い事を書いた短冊の他、輪つなぎや長方形の網(天の川)や提灯など、思い思いに作ってください。

また、おもちゃ屋さんやホームセンターでは、七夕セット(すいかやなども売ってあるので、のぞいてみてください。ネットでも買えますよ。

 
 

<<笹について>>
笹の葉自体は、長持ちせず、どんなに手入れをしても1週間ほどでしおれてしまいます。
 

ですので、7月7日に、笹の葉がきれいな状態で七夕飾りを飾りたいなら、七夕の数日前に購入することをおすすめします。
 
 

購入後は、飾りつける前は、葉を新聞紙で包み、酢水(水3:酢:2)に付けておくと、比較的長持ちします。
 

飾り付け後は、酢水に付けておくか、7月6日~7日であれば、何もせずに飾っておいてもいいでしょう。
 
 

七夕飾りの取り外し後は、以前であれば、「七夕送り」と言って、川に流せば、天の川にたどり着いて願いが叶うとされていましたが、現代では環境問題もありそうもいきません。
 

ですので、もし神社などで奉納が出来れば、火で焚いて、火に思いを託すという方法もありますが、やむをえず地域のゴミの分類に従って、ゴミとして処分するのも一般化しています。
 

私も35年くらい前の小学生の頃には、小学校で作った大きな七夕飾りを近くの川に流していましたし、子どもを持つまでそれが当然だと思っていましたが、現代は違うんですね。

我が家でも子供のお願い事は保存することにして、あとはゴミとして処分しています。

スポンサードリンク

まとめ

現代の7月7日の七夕は、中国の伝説や日本の風習や信仰などが、いろいろ重なり合って「七夕」ができたことに由来します。

また、現代の七夕の日には、七夕飾りを飾ったり、七夕にちなんだ料理を食べたりしてすごしたり、各地域ではイベントが催されるところもあるので、足を運んでみてください。

それにしても、川に流した飾りは、下校中の川に止まっていたけど、あれどうなったんでしょう・・・

などと、子どもの頃に思いを馳せながら、子どもと七夕飾りを作るのも楽しいですね。

いい、七夕の日にしましょうね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。