京都の夏のイベント「京の七夕」の日程や場所。各会場の見所一挙公開!

a0002_000313

京都の夏の旅行、楽しみですね。

京都の夏のイベントと言えば、祇園祭や五山の送り火が有名ですが、この2009年から始まった「京の七夕」も忘れてはいけません。

今では、京都の夏の風物詩として、例年大変好評で、約80万人を超える来場者でにぎわいます。

では、京都の夏のイベント、「京の七夕」の2017年の日程や場所や見所などについてまとめましたので、ご参考にして下さいね。

スポンサードリンク
  

京都の夏のイベント「京の七夕」の日程と場所と見所

京の七夕は、旧暦の七夕がある8月の前半に、約10日にかけて開催されます。
 

以前は、2カ所の会場で、同じ日に行われていましたが、近年では、2カ所から徐々に増えていき、その会場ごとで日程が微妙にずれたりなど毎年変化しています。
 
 

では、2017年は、どうなっているでしょうか。

京の七夕 堀川会場

●日程:2017年8月5日(土)~8月11日(金・祝)

●ライトアップ時間:19:00~21:30

●見所:

堀川会場で注目を集めるイベントは、堀川通り丸太町通と今出川通の間で行われる、「願い七夕」「光の天の川」「光の友禅流し」の催し物です。
 

「願いの七夕」

遊歩道に沿って、子どもたちが書いた願い事が笹に飾られ、ライトアップされます。

「光の天の川」

竹のアーチに、LEDの光が灯され、天の川が再現されています。その美しさに、子どもも大人もうっとり。

京の七夕の中でも、一位二位を争う見どころで、多くの人が訪れ、週末は特に混雑します。
 

私も堀川会場へ行った時には、光の天の川が一番きれいだと思いました。

その分人も多くて、蒸し暑いので、子連れの我が家は早々に退散しましたけど、子供たちにも「きれいだった」と印象を残せたようでした。
 

「光の友禅流し」

友禅流しに光が当てられ、一層色鮮やかに魅せてくれます。

友禅の美しさと、現代的な光のアートをぜひお楽しみください。
 

こちらの動画には、堀川会場の様子を詳しく撮ってあります。
もっとイメージがはっきりしますので、見てみて下さい。

 
 

京の七夕 鴨川会場

●日程:2017年8月5日(土)~8月11日(金・祝)

●ライトアップ時間:19:00~21:30

●見所:

御池通から仏光寺通までの間に、竹籠に風鈴とLED照明を入れた風鈴灯が飾られ、涼しげな音色を奏でています。
 

鴨川の川沿いに灯る灯りが、とても美しいです。写真に撮ってもSNS映えしそうです。
 

この他にも、日にち限定で、鴨川の左岸や水面で行われる「プロジェクションアート」や夕涼みコンサートなども開かれます。

昼間には地元産や、他の地域からの物産展もありますので、食もお楽しみください。
 

我が家の場合は、物産展で食べ物を買い、食べながら鴨川沿いを散策します。

昼間はかなり暑いので、17:00過ぎくらいから行くことが多いです。
 

では、こちらの動画で、鴨川会場の様子をご覧ください。

 
 

京の七夕 二条城会場

●日程:2017年8月2日(水)~8月14日(月)

●ライトアップ時間:19:00~21:30(入城は21:00まで)

●料金:大人500円、小中高300円

●見所:

期間中は、二之丸御殿や二之丸庭園がライトアップされ、優美な景色が楽しめます。

物産展なども開かれるほか、和装での来場者には、粗品をプレゼントという嬉しい企画も。

スポンサードリンク

京の七夕 梅小路公園会場

●日程:2017年8月4日(金)~8月13日(日)

●ライトアップ時間:19:00~21:00(イベントによって違います)

●見所:

普段は、昼間に家族連れや学生ででにぎわう梅小路公園。

京の七夕のイベントでは、青々と茂る草木がイルミネーションでの灯りの演出され、昼間とは違った雰囲気を味わえます。
 

我が家でも、夜の梅小路公園には行ったことがなかったですが、これを機に行ってみました。昼間とは違う公園に、なぜか子供のテンションもあがるようで、走り回っていましたよ。
 

昼間も、ワークショップや屋台などもでるので、お好みで訪れてみてください。
 
 

京の七夕 北野天満宮 北野紙屋川会場

●日程:2017年8月5日(土)~8月16日(水)

●ライトアップ時間:日没~21:00

●見所:

北野天満宮では、期間中、境内夜間拝観と史跡御土居のライトアップがあります。
 

境内内に飾られた七夕飾りのライトアップがなんとも風情があり、神社ならではの景色です。
 

8月16日の夜には、五山の送り火もあり、北野天満宮の近くにある船岡公園が観覧場所としても有名です。

北野天満宮に行かれた後は、そちらに移動してみてはいかがでしょうか。
 
 

京の七夕 岡崎会場

●日程:2017年8月11日(金)~8月13日(日)

●ライトアップ時間:19:00~21:00

●見所:

岡崎会場の見どころは、「岡崎プロムナード 星の饗宴」と「食のプロムナード」
 

「岡崎プロムナード 星の饗宴」平安神宮のシンボルの大きな鳥居・大鳥居から応天門までがライトアップされます。

暗闇に浮かび上がった大鳥居は、息をのむ美しさですよ。
 

また、「食のプロムナード」では、岡崎公園一帯に屋台が出ます。たこ焼きやから揚げなどの定番から創作ものまで幅広く楽しめますよ。

また広場では、音楽イベントなどもあり盛り上がります。

スポンサードリンク

まとめ

京都の夏のイベント、京の七夕は、8月の前半に行われます。

京都の夏は大変蒸し暑い上、会場がバラバラに数カ所あるので、どれを見たいかポイント決めて、1カ所~3か所に行かれるといいでしょう。

 

迷われるなら、私のおすすめは、鴨川会場です。

なぜなら、川床が並んでいる鴨川のほとりにおいてある風鈴灯が、とても風情があり、風景になじんでいるからです。

そこに京都らしさも感じられ、しっとり堪能できます。
 

それに、行った後には、祇園や河原町へのアクセスもいいですしね。暑いので、大幅な移動は避けたいものです。
 

では、よい七夕の夜を過ごせますように。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。