男の子は七五三はいつやる?!数え年か満年齢どっち?早生まれなら?

a0960_004765
a0960_004765

子供に関するイベントはいろいろとありますが、七五三もその一つ。

何歳でするんだろう?って悩む方も多いものです。

しかも、満年齢、数え年でやるとか、早生まれならいつするかとか、年齢や時期に対する考え方も様々です。

難しい・・・

そこで今回は、男の子の七五三を何歳でやるかをまとめました。
 

私は子供が2人いるのですが、下が男の子で早生まれなので、すごく悩みました。

私の場合は結局、満年齢でやることに決めましたが、世間一般の考えはどうなのでしょうか?

悩んでいる方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク
  

男の子は七五三はいつやる?

本来、男の子は5歳だけと言われていましたが、現代では、3歳の男の子も七五三をするようになりました。

現に、写真スタジオから、下の男の子用に、3歳の七五三の写真の案内が届きましたよ。

 

七五三の由来から、男女ともいつやるかと見てみると、

・髪置の儀―3歳の男女が髪を伸ばし始める

・袴着の儀―5歳になった男児が袴をつける

・帯解の儀―7歳の女児が着物帯を付け始める

 
ということなんですよね。

つまり、3歳で男の子もお祝いをしていたんです。
 
 

しかし、これには地域によって違いもあって、男の子の場合、東日本は5歳だけで、西日本は3歳と5歳にするという習わしもあります。
 
 

とは言え、関東地方でも、3歳の男の子もお祝いされる方も増えているのが実情です。
 
 
もし、可能であれば、3歳の男の子もお祝いしてあげてはいかがでしょうか。
 

3歳の男の子の袴姿は、あどけなさと衣装のギャップがたまんないですよね。

着せるのは大変ですが、後になって写真で見ると、いい思い出になりますよ。

七五三は数え年か満年齢どっちでやるの?

そもそも、七五三のお祝いをする時に、早生まれでも遅生まれでもまず悩むのが、数え年か満年齢のどっちでやるのかですよね。

疑問に思う人は多いはずです。
 
 

親に聞くと、数え年でやるのが普通だよ、と言われたんですが、育児本とかネットでは、満年齢でやるという意見が多数あります。
 

それに、写真スタジオから、七五三の写真撮影の案内が来たのも、満年齢の時でした。
 
 

一方で、地域や家庭環境によっては、数え年で七五三をする場合もあります。

ですので、地域で数え年でやるのが習慣として残っているなら、それに従うのもいいですよ。
 
 

悩むならば、まずは、家族の年長者(祖父母や両親など)や、地域の周りの人達やママ友に意見を聞くことをおすすめします。

そこから、ご自身の家庭の都合のいい年を決めてみましょう。
 
 

私の体験を話すと、

私の実家がある地域は数え年でやるのが普通なので、実家で母と同居している妹の子供は、数え年で七五三をします。

しかし、私は結婚して別の地域に住んでいるので、子供は満年齢で七五三をしています。これは、周りのママ友の意見と、家庭の事情で決めました。
 

スポンサードリンク

なので、年齢が一つ違うのに、七五三は同じという不思議な現象が起こっています(笑)

同時に七五三だからお互いにお祝いは送らない事で同意しているので、その点は楽なんですけどね。

 
 

しかし、今の時代では、昔みたいに、数え年でとか満年齢でしないといけないという考えは無くなって、時と場合で柔軟に対応している家庭も多いものです。
 

例えば、お姉ちゃんが満年齢の7歳で、弟は数えで5歳の場合は、まとめてお祝いする為にお姉ちゃんは満年齢、弟は数えとごっちゃにする事もありますね。
 

余程あなた自身やご家族にこだわりがない場合は、それがいいとか悪いとかはないので、家族で話し合い、柔軟に決めてみましょう。

七五三は、子供が主役ですので、家族がしっかりと話し合い納得して、気持ちよくお祝いしてあげたいですね。

早生まれの男の子は七五三はいつするの?

早生まれの子の七五三は、幼稚園とか保育園に通っていたら、同級生に合わせて一緒がいいのかなとか悩みますよね。

早生まれの男の子の場合は、3歳や5歳の年齢で、満年齢や数え年と変えているのが一般的です。
 
 

3歳の場合、数えでやろうと思うと、2歳半位でまだオムツが取れていない子がほとんどですね。

なので、着慣れない袴姿をさせるのは可哀想だからと、満年齢でやる家庭が多く、

5歳の場合は、同級生と同じタイミングの方が子供も喜ぶので、数えでやる場合が多いのです。
 
 

お姑さんや自分の親が口うるさく言ってくる人じゃないなら、子供の様子でいつやるのか決めるといいでしょう。

3歳の場合、お参りするだけならいいけれど、スタジオで写真を撮ることを考えたら、撮影中にぐずられても困りますもんね。
 
 

私の場合は、末の男の子が3歳の時も、5歳の時も、満年齢でお参りをしました。

5歳の時は周りと合わせて数えでしようと思いましたが、小学校の入学式と重なるし、学用品をいろいろと揃えなきゃいけなくてお金がかかりますからやめました。

幸い、息子も、周りの子が七五三をしていても気にしていなかったので…。
 

ちなみに、上の子は早生まれじゃないので、満年齢の3歳の時にスタジオで写真を撮りました。

しかし、着付けをしてる姿が珍しくて眺めていたら、泣き出してしまいました。

スタジオの人に「ジロジロと見ていると子供が緊張しちゃうんですよ」と注意されたことがあります。

そして、せっかくの袴姿なのに、顔はふて腐れた顔という、残念な仕上りになってしまいました。
 

 
今となってはいい思い出ですが、スタジオで写真を撮ることも考えているなら、私みたいに失敗しないように、子供が機嫌よく写真撮影出来るかどうかも頭に置いておくことをおすすめします。

スポンサードリンク

まとめ

今の時代は七五三をいつやるのか決まりが無くなっています。

家庭環境で決めるのが一般的になっています。

早生まれの子も同じで、その子の状態に合わせていつやるのかを決めるといいでしょう。

 

七五三は子供の成長をお祝いするものなので、あなた自身やご家族にこだわりがない場合には、数えとか満年齢とかこだわらなくてもいいですよ。

お子さんを第一に考えて、素敵な思い出となるような七五三を過ごしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。