洗濯物の臭いの対策法!原因やおすすめの方法はコレ!

kusai

梅雨の季節や、ジメジメとした日が続くときは洗濯物は乾かないし、せっかくお気に入りの香りの柔軟剤を使ってもあのイヤーな生乾きの臭いがしてきて、がっかりしたことのある人が多いですよね。

特に、梅雨の時期や夏の雨が続く時期は、一年の中でも洗濯物が多くなる季節でもあります。

洗濯物がたまる一方で外には干せず、家の中に干しても生乾きの臭いがするからまた洗わなきゃいけない…の繰り返しでスッキリしませんね。
 

そこで今回は、そんな季節もののお悩みを解消するべく立ち上がりました。

どんな方法を使えば、生乾きのイヤな臭いを解消できるのかご紹介していきます。

スポンサードリンク
  

洗濯物の臭いの原因は?

まずは洗っても洗っても落ちないあのイヤーな臭いの原因を追求してきましょう!
 

せっかく洗濯したのに干すときになんだか不快な臭いがしたり、お風呂あがりにタオルを使ったときにツーンと鼻を突くような臭いがすることがありますよね。

 
 

その臭いの原因は、「細菌」によるものなんです。

細菌の中でも「モラクセラ菌」と言う菌のしわざなんです。
 

このモラクセラ菌は、実はわたしたちのカラダにもいたり生活空間にもいるごく一般的な菌なのですが、洗濯物を乾かしているときにこの菌が洗濯物についてしまうと、ちょっと厄介なことになってしまうんですね。
 
 

天日干しなど時間がかからずに洗濯物が乾くと、モラクセラ菌は繁殖しません。
 

ですが、乾燥に時間がかかるとどんどん菌が繁殖しやすい状態になっていきます。
 

そして、モラクセラ菌が衣類などに繁殖し、洗濯物に残っている皮脂やたんぱく質を分解したあとにフンをします。

菌も生きているので仕方のないことですが、結果このフンがあの衣類についたイヤな臭いの原因になってしまうんです。

顔を近づけて嗅いでいたと思うとちょっとショックですね…
 
 

乾かす時間が長いからと言う理由だけではなく、例えば汗をかいた服をそのまま洗濯カゴに入れて放置していたり、そんな洗濯物を溜め込んでいたり、洗濯し終わったあとすぐに乾かさずに放置してしまったりという理由でも、「生乾き」の状態が続くので、菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。
 
 

そのほかには、洗濯機内の掃除をしていなかったために洗濯槽の見えないところに菌がついている、節約のためにお風呂の残り湯を使っている場合でも、お湯に残った皮脂などが菌のエサにになってしまい臭いの原因にもつながります。
 
 

ただ洗っただけではこのモラクセラ菌はなくなりません。

なぜなら繊維の奥まで入り込んでしまっているからです。
 

スポンサードリンク

何度洗い返しても臭いが消えないのは、菌そのものをなくしていないのが原因だったんですね。

洗濯物の臭い取りに重曹は使える?!

臭いの原因がわかったところで、ではどうやってその臭いを撃退すればいいのでしょうか?

臭いの原因はモラクセラ菌による「雑菌臭」だとお話しましたが、この菌をどのように滅菌させればいいのかギモンですよね?
 

みなさんも経験してるかと思いますが、洗うだけでは簡単には落ちません。
 
 

菌を死滅させるには、「熱湯消毒」がイチバンです。
 
 

食中毒のO-157を思い出してみてください。

きちんと加熱処理をすると、菌が死滅すると言われていますよね。

それと同じく、雑菌臭も熱湯消毒をして死滅させるのが、手っ取り早い方法です。
 
 

やり方はとっても簡単で、臭いの気になる衣類などにグツグツと煮立った熱湯をかけ放置するだけ!

小さなものならお鍋などに入れてグツグツと煮てしまえば簡単に臭いが取れますね。
 
 

この時にプラスして使ってもらいたいものが「重曹」です。
 

最近では、お掃除の便利グッツとしてホームセンターやドラックストアで気軽に手に入る重曹は、お掃除だけに限らずお料理にも使うことができる万能の粉なんですよ。
 
 

この重曹が雑菌臭にどんな効果をもたらすかと言うと・・・

重曹は弱アルカリ性です。

一方で雑菌臭の原因になる菌のエサである皮脂やたんぱく質は酸性です。
 

重曹を使うということは、酸性を中和させる効果があるんですね!
 
 

衣類などに残ってしまった、細菌のエサになる皮脂やたんぱく質を、重曹を使って根本から取り除き、熱によって繊維の奥に入り込んでしまった菌を死滅させる。

このダブルの効果でイヤーな臭いは撃退できるのです!!
 
 

しかも重曹を洗濯洗剤と一緒に使えば、洗濯洗剤のphをさげよりフワフワな仕上がりにもなりますし、洗濯槽の汚れ落しにも一役買います。

値段もお手ごろで洗濯以外の家の掃除にも使える場所がたくさんあるので、ひとつ常備しておくとなにかと便利ですよ!
 

<<こちらも合わせて読まれています>>

うっ臭い!洗濯槽の臭いの対策法!原因やおすすめ方法は?

靴下の汚れが落ちない!汚れを落とす方法とおすすめの洗剤。ハイターは?

花粉症なら洗濯物は部屋干しが最適!でも乾かない!臭い!対策は?

 

まとめ

洗濯物を洗っても臭いが取れない原因は、モラクセラ菌という菌の仕業でした。

また他にも、洗濯槽の汚れだったり、風呂水を使った時の皮脂などが原因にもなります。

対策として、衣類に熱湯をかけて菌をなくしたり、洗濯槽のこまめな掃除、風呂水を使わないなどがあります。

できることからやっていき、臭い残りのない洗濯物でスッキリして、気持ちよく過ごしましょう!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。