夏バテ予防にこの食べ物!簡単料理で夏を乗り切る!

a0002_008719
a0002_008719

毎日暑いですね。

夏になると冷たいものばかり食べたり、クーラーの効いた部屋でゴロゴロしたり。

家事も外出もしたくない!

その結果、夏バテしちゃうってことにもなってしまいます。
 

だけど、夏バテにならないようになんとかしなくちゃ!と悩んでいる方も多いものです。

そこで今回は、夏バテしないように、食事で対策することを提案していきます。

夏バテ予防に効果のある栄養素などをまとめましたので、参考にしてください。

スポンサードリンク
  

夏バテ予防に効く栄養素や食材!

夏バテ予防に効果のある栄養素は、タンパク質・ビタミン・ミネラル・クエン酸です。
 

タンパク質やビタミンは夏バテ予防以前に、健康的な体作りには欠かせない栄養素ですよね。

そして、ミネラルもクエン酸も、夏に失われやすい栄養素ですので、意識して取り入れましょう。
 

ミネラルは、麦茶にも含まれているものがあるので、とりやすいですし、クエン酸は、後に紹介する「酢」でとることができます。
 

また、栄養素以外にも、夏バテ予防にとるといい食材もあります。
 
a1180_006378

まずはじめに紹介するのは、ビタミンB1の吸収を助けてくれる、酸化アリルという成分の含まれた香味野菜。

タマネギやニンニクなどがありますが、香りが食欲増進してくれます。
 

私はニンニクの匂いが苦手なんですが、旦那はニンニクが好きで、ニンニクの匂いを嗅ぐと食欲が増すってよく言っています。
 
 

そして、弱った胃の粘膜を保護してくれるネバネバ野菜も、夏バテ予防には最適ですよ。

オクラや山芋、モロヘイヤなどがありますね。
 
 

更には、発汗作用を促してくれる物や、血行を良くしてくれる、ビタミンEを含んだものも効果的です。

例えば、トウガラシやショウガ、ニンニク、ニラなどがあります。
 
 

これらは、夏冷え対策にも一役買いますので、夏冷えするという方は、意識して取り入れてください。

夏バテ予防に酢をプラスで効果倍増が期待できる理由

IMG_20170617_143609

夏に失われやすいクエン酸が含まれているのが、お酢なんですね。
 
 

お酢は、簡単に取り入れられて、夏バテ予防の効果を倍増してくれます。

お酢にクエン酸が含まれていると言いましたが、正確にはお酢に含まれているのは、有機酸です。

有機酸が、体内でクエン酸に変わります。
 
 

スポンサードリンク

クエン酸は、疲労物質である乳酸を取り除いて、疲労回復をしてくれ、夏バテ予防に効果を発揮するのです。

 
 

他にも、お酢は唾液や胃液の分泌を促してくれ、食欲増進もしてくれます。

なので、食欲のなくなる夏にはピッタリなのです。
 

確かに夏場は、冷やし中華とか酸味のあるものが食べやすいですもんね。
 
 

お酢は夏バテ予防以外にも、カルシウムの吸収の手助け、脂肪を効率良く燃焼、便秘解消、ビタミンCの破壊を防ぐなどいいことづくめ。

食べ物が傷みやすい夏場にはありがたい殺菌作用もあります。
 
 

色々使えて、体にいい効果もたくさんあるお酢。

積極的に料理に取り入れて、夏バテを簡単に乗り越えていきましょう。

夏バテ予防の料理は簡単に!何作る?

ではここでは、これまで紹介した、夏バテ予防に効果がある食材やお酢を使った料理をご紹介します。

もちろん、長時間コンロの前に立つとかはナシですよ!

 
 

夏場のメニューの定番、そうめんや冷や奴は、ネギやショウガなどの薬味をプラスすれば、夏バテ予防に効果てきめんです。

その中でも、私がいつも作っているのは、「そうめん」を使ったアレンジ料理で、特にそうめんを『冷やし中華風』にして食べるのがおすすめです。

夏になると我が家の『ド定番』の料理となっています。
 

☆冷やし中華風そうめん☆
<<材料(2人分)>>

・そうめん 2束
・卵 1個
・きゅうり 1本
・ロースハム 4枚
・三倍希釈の麺つゆ 50cc
・冷水(希釈用) 200cc
・お酢 大さじ1
・いりごま 大さじ1
 
 

<<作り方>>

①そうめんは、商品の規定通りの時間で茹でて冷やしておきます。

②冷やしている間に、麺つゆ、冷水、お酢、いりごまを混ぜ合わせ、タレを作ります。

③冷やしておいた麺を、お皿に盛り付け具材をのせます。

④食べる直前にタレをかければ完成です。

 
 

錦糸卵はレンジでも作れるし、市販のものでも大丈夫です。
 

作る場合は、大きめの平らなお皿にラップを敷き、ラップの上に卵液を流します。

500Wで1分加熱すれば完成。火が通っていなければ様子を見ながら少しずつ加熱します。

大きめの皿なら卵液は卵1個分入れて大丈夫だけど、お皿が小さい場合は半分くらいとか調節してくださいね。
 

錦糸卵をレンジで作れば、火を使うのはそうめんを茹でるときだけですみますよ。

スポンサードリンク

また、そうめんも、レンジで茹でられる道具がホームセンターなどで売られているので、それを使えばまったく火を使わないですみますよね。
 
 

レンジ調理すれば簡単だし、お酢で夏バテ予防も出来ます。

冷やし中華よりも、あっさりしていてツルッと食べやすいですよ。
 

☆こちらも合わせて読まれています☆

夏の暑さ対策は窓から!すだれで明るさ確保&内側対策で効果アップ!

 

まとめ

夏バテ予防するには、タンパク質・ビタミン・ミネラル・クエン酸などの栄養素や、ネバネバ野菜を摂るのがおススメです。

また、香味野菜や発汗作用や血流を良くしてくれる食材も、夏バテには効果があります。

だけど、一番のオススメはお酢。

お酢は、疲労回復や食欲増進など、いろんな効果を期待出来ます。

夏バテ予防の為にも、積極的にお酢を使った料理を作るようにすると、簡単にとれますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。