お彼岸の墓参りはいつからいつまでに行くべき?期間中行けない時の対処法!

a0003_000034
a0003_000034

マナーや習慣を知ってるつもりでも、具体的にはわからないことが多いですよね。

お彼岸にしても、お墓参りに行くと聞いたことがあるが、実際にはいついけばいいのかと悩む方も多いものです。
 

独身ならまだしも、結婚してからは、旦那さんや、親戚などの家とのお付き合いが始まるので、知っておくほうがよさそうです。

そこで今回は、お彼岸の墓参りの時期についてまとめました。

スポンサードリンク
  

お彼岸の墓参りはいつまでに行くべき?

お彼岸とは、春と秋の年2回あります。

春のお彼岸は、3月の春分の日をはさんで前後3日間の一週間のことをさします。

そして、秋のお彼岸は、9月の秋分の日をはさんで前後3日間の一週間のことをさします。
 

それぞれの時期は、お盆のように仏壇の飾りなどはしませんが、秋のお彼岸はお墓参りをする期間とされています。
 

その時期ですが、お彼岸であれば、お彼岸の中日(秋分の日)の前後にお墓参りに行きます。
 

ですので、秋分の日であれば、秋分の日の3日前から秋分の日の3日後までに行くようにしましょう。
 
 

時間は、午前中が望ましいです。

午後は太陽も上り、暑くなりますし、夕方までに済ますのが一般的となっています。

スポンサードリンク

お彼岸の墓参りに期間中行けない時の対処法!

実際、お彼岸中にお墓参りするのは、お墓が遠かったり、お彼岸中に忙しかったりする場合も難しい場合もありますね。

しかし、悩む必要はありません。

お墓参りは一年中いつでもいくことができます。
 
 

もし、できるのであれば、お彼岸前にお墓参りするのがベストですが、それが無理な場合は、お盆やお正月の帰省した時に、お参りしましょう。
 

ここで重要なのは、義両親に一言、

『お彼岸中は、仕事(用事)があり、行けなくてすみません。お正月に帰省の際に行きますので、今回は失礼します』

と連絡しておくことです。
 

また、お墓参りには行けませんが、お供えするお菓子などを送るとより丁寧です。
 

そして、お彼岸の期間中には、一度でもいいので、ご先祖様がいるという「西」の方角に向かって静かに手を合わせてください。
 
 

お彼岸の期間中にお参りするに越したことはありませんが、それよりも、ご先祖様への感謝を忘れないようにするのが大切です。

お彼岸に行けなかったからとやきもきすることなく、ご先祖様への気持ちを持っておいて改めてお墓参りをしてください。

気持ちよくお参りするのが、一番の供養になりますよ。
 
 

私自身も、旦那さんの実家は遠方で、お彼岸で行くことはありません。

しかし、夏休みやお正月に帰省した時に、一番にお墓参りに行くことにしています。(夜についたら、まずは仏壇に手を合わせています。)
 

義両親も一緒にお参りに行って、そういう時には、義祖父の話を聞いたりしていますよ。

義祖父には会ったことはありませんが、親しみを感じています。

覚えておこう!お墓参りに持って行く物って?

お墓参りに持っていくものは、お線香、ろうそく、ライター、仏花、お供え物と、お墓を掃除する道具です。

掃除の道具は、たわしや、スポンジ、タオルがあるといいでしょう。

墓地にホウキとチリトリがない時には、それらも持参します。
 

お供えは、日持ちのするお菓子や、果物、その他故人が好きだったものを持っていきます。

私の祖父はお酒好きだったので、お酒と小さい缶のビールを持っていきますよ。
 
このお供え物は、いったんお墓に備えて、そのまま放置せずに、持って帰るようにしましょう。

なぜなら、そのままにしておくと、腐ったり、カラスのえさとなり荒らされ、お墓を汚してしまう原因となるからです。
 
 
また、仏花は、お花屋さんで手に入りますが、スーパーでも買うことができます。行く直前に購入しておきましょう。

お花の種類決まりはないですが、定番の花もあり、基本的に、白、赤、黄、紫、ピンクの5色をメインとした色合いが主流になっています。

スポンサードリンク

まとめ

お彼岸のお墓参りは、できれば実家に到着した日か翌日の朝にいきましょう。

もし、行けなくても、一年中いつお墓参りできますので、やきもきすることはありません。

しかし、お彼岸の期間中には、ご先祖様のことを思い、遠方より手を合わせてください。

そして、お墓参りをする時には、気持ちよくお参りをして、ご先祖様に感謝の気持ちを伝えましょう。
 

★お彼岸のお墓に供える花の定番は、こちらにまとめています。
ぜひ参考にしてください。
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。