ハロウィンの由来を簡単に!かぼちゃが欠かせない理由とは?

halloween
halloween

今年もハロウィンがやってきますね!

ハロウィンは、いまや日本でも子供も大人も楽しめるイベントとして、だんだん定着してきましたね。
 

そんなハロウィン、ママたちから見たイメージは、子どもと仮装をしてお菓子を配り遊ぶことではないでしょうか?

児童館や幼稚園に通っている場合は、ハロウィンパーティをする人もいますよね。

私の住む地域でも、「ハロウィンパレード」が行われ、子供がとてもかわいく(?)着飾っています。たまにはお父さんも・・・
 

でも、

なんでかぼちゃなの?

そもそもハロウィンの由来を知らない・・・

そんな方も多いものです。
 

そこで今回は、ハロウィンでの由来と、ハロウィンにかぼちゃが使われるようになった理由についてお話します。

スポンサードリンク

ハロウィンの由来を簡単に!みんなで言おう「トリックオアトリート」!

まず、ハロウィンの由来を知るためには、ハロウィンの起源となったケルト人について知る必要があります。

ハロウィンの起源であるケルト人は、古代ヨーロッパでケルト語を使っていた民族です。
 
 

夏が終わり、冬が始まる10月31日が1年の最後として、季節の変わり目には死者や妖精、魔女が訪ねてくると言い伝えられていました。

日本で言うと、夏のお盆のような感じでしょうか。
 

そのため、この時期になると、魔女や妖精などと同じような仮面をかぶり魔除けをしていたと言われています。
 

これがもともとのハロウィンの由来です。
 

つまり、ケルト人のハロウィンは、秋の収穫祭と悪霊を追い出すための宗教的な行事だったのですね。
 
 

そしてさらに、31日になると、カブで作られたジャック・オー・ランタンを片手に子どもたちが近所の家を訪問していきます。
 

挨拶として、「トリックオアトリート」と唱え、家に招いた人はお菓子を子供たちに渡します。
 

お菓子を渡さなかった場合は、報復を理由にいたずらをしても良いとされていました。

そこで集めたお菓子を、子供たちが全て寄せ集め、子供だけのハロウィンパーティをしていたようです。
 
 

これら、

「仮面をかぶり魔除けをしていた」

「集めたお菓子でパーティをしていた」

というのが、現代のハロウィンパーティーに形を代えてつながっているのです。
 
 

ハロウィンパーティーって、ただのコスプレパーティじゃないんですね。

スポンサードリンク

ハロウィンの由来にかぼちゃはなぜ欠かせない?

pumpkin-1423469_640

ハロウィンになると、かぼちゃに顔のパーツを彫ったものを多く見かけます。

顔のパーツを彫ったかぼちゃは、「ジャック・オー・ランタン」と言い、ハロウィンに欠かせないものになっています。
 
 

先程のハロウィンの由来で、子どもたちが手にしていた「かぶ」、それが、ジャック・オー・ランタンでしたね。

 
 

では、ジャック・オー・ランタンの言い伝えはどうなっているでしょうか。
 

昔、アイルランドに酒好きで乱暴な「ジャック」と言う男がいました。

ジャックは悪魔に魂を取られそうになりましたが、上手く騙して「魂を奪わない約束」を交わしました。
 

そのおかげで、ジャックは、年老いて死ぬまで命を奪われないで済みましたが、乱暴だったために天国に行くことが出来ず、地獄に向かいました。
 
 

しかし、地獄で待っていたのは、約束を交わした悪魔で「魂は取らないと約束したから地獄にも来るな」と言われて、行き場を無くしてしまいました。
 

どこにも行けなくなったジャックは、悪魔に地獄の火を分けてもらい、近くにあったカブをくり抜いてランタンを作りました。
 

カブで作ったランタンを片手に、今もジャックはあの世とこの世をさまよい続け、居場所を探しているのです。

 
 

ジャックがランタンを持って、あの世とこの世をさまよっているのが、ジャック・オー・ランタンの由来と聞かされると子どもは恐怖で泣いてしまいそうですね。
 
 

ここで、疑問に思った人もいると思いますが、言い伝えでは、かぼちゃではなくカブが登場しています。
 

その理由は、本来のハロウィンでは、かぼちゃではなく「カブ」を使っていたからです。

しかし、アメリカ合衆国で民間行事として知名度を上げていくとともに、本来の意味とは異なる祭りに変化していき、馴染みのなかったカブは使われなくなりました。
 

馴染みのなかったカブの代りとして、収穫されやすかったかぼちゃを使うようになり、そのまま定着してしまったのです。
 
 

ハロウィンとジャック・オー・ランタンは、もともと同じところで発生したものではないですが、それらを混ぜ合わせたものが現代のハロウィンとなっています。
 

ケルト人が作ったハロウィンでのジャック・オー・ランタンは、魔女や妖精などの悪霊を追い払うように、怖い顔にしてありました。
 
 

でも、今では違いますね。

私自身、初めはあんまり好感はもてませんでしたが、子供に作ってある飾りなどをみると、思わずこちらもニッコリしてしまいます。

スポンサードリンク

最後に

今では仮装大会になっているハロウィンですが、今も昔も、「トリックオアトリート」を唱えに子どもが大人のところに訪問するのは、変わりがなさそうですね。

幼稚園や児童館での集まりでハロウィンパーティーをする際は、お菓子を食べたり仮装するだけではなく、ジャック・オー・ランタンの由来やハロウィンの由来を子どもたちに教えて驚かすのもいいかもしれません。

うちは、小学生の子供に話したら、「ふ~ん」で終わりましたけど^^;

では、現代的な楽しいハロウィンをお過ごしください。
 

家でのハロウィンの飾り付けは、意外と簡単にできてしまいますよ。

子供と楽しむのに、どうしたら良いだろうと思ったら、こちらを参考にしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。