喪中に初詣に行きたいなら?神社では忌中は避けて!お寺なら?

flower_kikyou

flower_kikyou
家族や親族が亡くなった時、喪に服して、
お正月には年賀状は控えるのは当たり前だが、初詣はどうなんだろう。

できれば行きたいんだけどなぁ・・・と、
悩む方も多いですよね。


そこで今回は、
「そもそも喪中の時に初詣をしていいのか」
に対する一般的な考え方をお伝えしていきます。

スポンサードリンク
  

喪中の時の初詣の行きたいなら

そもそも喪中の時に初詣をしていいのでしょうか。


これに対しては、
神社であれば忌中を避ければOK、お寺ならいつでもOKです。

この理由は、
神社とお寺の「死」に対するとらえ方の違いからです。



神社の場合は、それを「穢れ(けがれ)」といって、
神様が嫌いますので忌中の間は控えましょう。


また、お寺の場合は、故人は仏様になるのですから、
むしろ故人をしのび、手を合わせに行った方がいいんですよ。

喪中の時の初詣を神社でするなら忌中は避けて!

上述のように喪中であっても、
「忌中」を避ければ初詣に神社を選ぶことは可能です。


時には忌中と喪中を同じように考えて、
1年間は参拝してはいけないという記述もありますが、

忌中→×
喪中→○

なのです。

ちなみに忌中とは、
伝統的には、「けがれ」が外部の人にうつらないように、
外部との接触を断ち自宅にこもって喪に服しつつしんでいる期間です。

その期間は、次の通りです。

・父母→50日間
・夫→30日間
・祖父母→30日間
・妻→20日間
・兄弟姉妹→ 20日間

スポンサードリンク

図に表すと、このようになります。(四十九日は仏道、五十日祭は神道(父母))
kityu

この忌中の期間を過ぎれば、
神社に普通に参拝に行くことはOKなのです。



さらに、
忌中でも鳥居をくぐらず脇から入ればOKとの記述もありますが、
それはNGですからご注意を。

「玄関からだめなら、窓から入る」という考えと一緒ですよ。

喪中の時の初詣をお寺でも大事なのは気持ち

喪中の時でも、忌中であってもお寺に初詣に行くのは可能です。



だけど、
これはお寺にもよりますが、
露店が出て賑わっていたり、「新年おめでとう!」と
お祝いムードに包まれているお寺もあります。


それがダメというわけではありませんが、
身近な家族を亡くした時は特に、
そういう雰囲気の中、静かにお参りする気持ちにはなれない場合もあります。

初詣は、新年をすこやかに過ごせるように
お願いするためにいくのです。

けして遊びではありません。



それならば、
静かなお寺を選ぶか、故人のお墓参りをしてはいかかでしょうか。



故人に対し、新たな一年を迎えられたことの報告など
気持ちを静かにして過ごすことができておすすめです。

まとめ

さまざまな価値観がありますので、
一般的なことが人次第で変わることもあります。

ただ、このように繊細なことで家族内で意見が分かれてしまっては
お互いの心にしこりが残ることもあるので、
話し合って方向を決めた方がいい
と思います。

スポンサードリンク

迷われたら、
直接寺社に問い合わせてみるのもおすすめです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。