初詣はいつまで行ってもいいの?松の内はいつ?期間をすぎてもいい?

hatsumoude_man

hatsumoude_man
仕事などでお正月の三が日に初詣に行けないこともあります。
だけど、行っておかないと気持ちが落ち着かない・・・

という方もいますよね。

実際に私がそうなんです。お正月は仕事のため、初詣は行けません。


でも、いつまで初詣に行けば「初詣」と呼べるのか?
と悩むこともありますよね。


そこで今回は、初詣はいつまで行くものなのか、
また期間が過ぎた後はどうするのかなどをまとめてみました。

スポンサードリンク
  

初詣はいつまで大丈夫?

初詣は、「新年になって初めて神社や寺院に詣でて参拝すること」です。

一般的には「松の内」までに済ませることになっています。


松の内とは、年神様がいらっしゃる期間の事です。


各家庭では、年神様がいらっしゃるための目印となる
門松や松飾りを飾うためにその名がついたと言われています。

この間に、
年賀状のやり取りや、
新年の挨拶などの正月行事を済ませるのがマナーです。


ですので、
正月行事である初詣も、
「松の内」までが一般的だというわけです。


では、松の内とはいつからいつまでのことか、
次章で説明します。

初詣をする松の内とはいつ?

松の内とは、本来は小正月である1月15日まででした。

ところが、時代はさかのぼりますが、

スポンサードリンク

江戸時代に、徳川家光が慶安4年4月20日に亡くなったのが影響し、
本来の鏡開きである20日が月命日なので、それを避けて11日にし、
またその影響で、松の内は7日までになってしまったのです。


しかしながら、これは関東を中心とする捉え方です。


大阪など関西では、鏡開きが20日のままの地域は、
松の内は1月15日のままなんですよ。

(ただし、京都や一部の地域の鏡開きは1月4日)


まとめると、

松の内は、
関東と関西以外の地域→1月7日まで
関西→1月15日まで


地域によって差があるので、
年配の方や神社の方に聞いてみてくださいね。

初詣は松の内を過ぎてもできるの?

初詣を松の内にするというのは、古くからの習わしですが、

現代は神社によっては、
1月中は初詣の人を受け入れているところもあります。


時には、人ごみを外して、
松の内以降に静かに参拝する方もいらっしゃいます。


習わしは松の内ですが、いつであってもあなた自身が、
新年で初めてすがすがしい気持ちで参拝するならば、
それが初詣と言えるではないでしょうか。



私自身も松の内に行けない時には、
年によっては、それ以降に行くこともありますよ。


松の内を気にして行かないよりは、
一年を無事に過ごせるように参拝に行く方が、気持ちもすっきりします。

また、参拝に並ぶこともなく、
静かな神社でお参りで来て、心が洗われる気がしましたよ。

まとめ

しきたりや習わしはさまざまですが、
「思い立ったら吉日」ではありませんが、
行くことができる日に出向くといいと思います。

露店や新年らしさはないかもしれませんが、
初詣は、それが目的ではないですからね。

スポンサードリンク

どうぞ福を授かってきてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。