原裕美子(マラソン)の実績や結婚を調査!犯行の内容や動機は?

元マラソン選手の原裕美子さんが、逮捕されたそうですね。

ニュースになるくらいだから、有名な選手なはず!

しかも、年齢が35歳だそうで、私よりも若い!!!
 

でも、私は知りませんでした。
 

なので、原裕美子さんがどんな選手だったのかそして、私生活では結婚はされていたのか気になるところです。

また、ある程度知名度がある人にも関わらず、なぜ犯罪に手を染めてしまったのでしょうか。
 
 

ということで今回は、原裕美子さんの実績や結婚、そして犯行の内容や動機などをまとめました。

スポンサードリンク

原裕美子さんのプロフィールや実績

harayumikosan
引用元:http://www.jaaf.or.jp/fan/player/wom005.html
 
 
 

原裕美子さんは、1982年1月9日生まれで、現在35歳。

栃木県足利市出身です。
 
 

宇都宮文星女子高等学校卒業後、京セラへ入社されています。

2005年には、名古屋国際女子マラソンに出場し、初マラソンでいきなりの初優勝。

このため世界陸上ヘルシンキ大会の女子マラソンの代表選ばれました。
 

世界陸上ヘルシンキ大会に出場、その時には6位入賞の成績です。
 

その後、故障を経て1年半振りに復帰した2007年『大阪国際女子マラソン』では、なんと優勝を果たされています。
 

この時、25歳です。

この実績が、ニュースでは大々的に取り上げられていますね。
 
 

その後の実績や経歴は下のような感じです。
 

2007年 世界陸上大阪大会女子マラソン 18位

2008年 大阪国際女子マラソン 故障のため不出場
    名古屋国際女子マラソン出場 4位

2009年 大阪国際女子マラソン 3位

    京セラ 退社

2010年 ユニバーサルエンターテインメント(佐倉アスリートクラブ)に移籍
    北海道マラソン 優勝

2011年 北海道マラソン 途中棄権

2013年 ユニバーサルエンターテインメント 退社

 
 

フルマラソンで輝かしい成績を残しながらも、怪我や体調不良による棄権や不出場も多くありました。
 

また、京セラを恩師とともに退職されたにも関わらず、新天地へ移籍がうまく行かず、一人ぼっちになられた経験もあります。
 
 

そんな時に、高橋尚子(キューちゃん)さんを育てた小出義雄氏と出会い、小出氏が率いるユニバーサルエンターテインメント新たな一歩を踏み出されました。
 
 

しかし、そこも3年後に退社。

その後は、第一線を退き、一般市民としてフルマラソン出場したり、陸上クリニックの講師をつとめられていました。

 
 

初マラソンで得た世界陸上への出場権。
 

くしくもこの8月は、「世界陸上ロンドン大会」で盛り上がっていますね。
 
 

おそらく今回の事件の動機とは関係ないでしょうが、過去の栄光があったからこそ、感じる何かがあったのでしょうか。
 
 

それにしても、陸上クリニックなどで活躍されていて、一般市民とも対面する機会が多い方なので、その心の『陰』が気になるところですね。

スポンサードリンク

原裕美子さんの結婚歴や子供は?

マラソン選手としてご活躍されていた原裕美子さん。

ご結婚はされていたのでしょうか。

 
 

調べてみましたが、

原さんがご結婚されたという話は、見当たりませんでした。

離婚の噂も彼氏の噂ありません。
 
 

もちろん、選手としての栄光は報道されますが、私生活までは誰も突っ込まなかっただけかもしれません。

 
 

もしかしたら今カレや過去に彼氏もいたかもしれませんが、真相は不明です。
 
 

ということで、旦那さんも子供さんもいないという可能性が高いです。

 
 

マラソン選手時代にも、京セラを退職した後に「一人ぼっち」になられた経験もあることも重なって、私生活はどことなく寂しかったのかなとつい想像してしまいます。
 
 

もし旦那がいたり子供がいたりすれば、犯行へ進まなかったかもしれませんね。

原裕美子さんの犯行の内容や動機は?

原裕美子さんの犯行の内容は、

『清涼飲料水や化粧品などを8点、2700円相当の万引き』

です。
 
 

栃木県足利市のコンビニで犯行に及んでいます。
 
 

栃木県足利市というと、原裕美子さんの出身地ですね。

ということは、現在は地元に戻られているということでしょうか。
 
 

動機については、現在取調中となっていて、詳しいことはわかりません。
 
 
 

でも、万引きした金額に驚きませんか。
 
 

2700円ですよ。

 
 

2700円ほどの万引きで逮捕されるなんて、これまでの栄光のことを考えると、かなりもったいないです。
 

もちろん金額に関わらず、万引きは万引きで許されることではありません。
 

でも、まだまだ30代なかばで、陸上クリニックでもご活躍とのことで生きる道はあったでしょうに。
 

生活が苦しかったのでしょうか。
 
 

それで調べてみたのですが、一般的に万引きの理由は様々ありますが、大きく4つに別れるそうです。

1. 生きるため

いわゆる貧困層に多いタイプの窃盗です。

生きていくための最低限の食べ物さえない彼らは、生きるために、食料品や日用品を盗みます。

そこには「盗みは仕方なかった」という、諦めの感情があります。

2. 供給型

これは、アルコール中毒や薬物中毒患者が行う窃盗/万引きです。

中毒症状であるにも関わらず手元にアルコール・薬物がない、或いは買うお金がないという場合に、依存状態を満たすためにアルコールや薬物を盗みます。

3. 強迫的窃盗

例えば心の中にストレスや鬱憤を多く蓄積していて、それが爆発した時に、窃盗犯罪を犯します。

この場合の窃盗理由は、「ストレス発散」です。

衝動的にやってしまったために、犯行後は素直に自分の行為を認め、感情を制御できなかったことに対して、激しい後悔の念に駆られます。

4. 窃盗症

これは、精神疾患の一部で、「衝動制御傷害」と呼ばれる疾患の一症状です。

このタイプの窃盗犯は、窃盗/万引き行為にスリルを感じ、犯行が成功することに快感を覚えます。

ですから、窃盗で得られるスリル・快感を求めて、何度でも犯行を繰り返します。

何故このような症状が出るかについてですが、幼少期に母親に充分に愛されなかったことが原因として挙げられ、窃盗による「戦利品」は、母親の愛情の代替品である、と言われています。

引用元:http://hanzaisinrigaku.net/others/theft.html

 

この中で、原裕美子さんの万引きの理由として推測されるのは、「1,生きるため」と「3,強迫的窃盗」かなと推測します。

どちらかと言うと「3,強迫的窃盗」が強そうな気がしますが。
 
 

後々とても後悔されるのかなと思うと、辛いものがありますね。

終わりに

世界大会でマラソンレースで、優勝の実績がある原裕美子さんの逮捕は衝撃的でした。

華々しい栄光の陰になにがあったのか、これから分かっていくでしょうが、犯行の前に手が打てなかったのかとも感じますね。

今後の原裕美子さんの動向を見守りたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。