秋バテとは何?原因や症状、対策をチェック!

dscf3206-edit_tp_v1
dscf3206-edit_tp_v1

暑い夏に訪れる夏バテ。
 

経験したことがある人もいるかと思いますが、夏バテとは秋になると「秋バテ」があるってご存知ですか。
 

秋は涼しくなるし、食欲も湧くのにバテちゃうってことでしょうか。
 

そこで今回は、あまり聞き慣れない「秋バテ」について、原因や症状、対策をご紹介していきます!

スポンサードリンク

秋バテの原因と症状!夏バテと違うの?

夏バテと秋バテそもそも何が違うのでしょうか?
 
 
夏バテは暑さからくる体の疲れやだるさ、食欲不振などが挙げられますが、秋バテは涼しくなってきたはずなのに夏バテのような症状が秋にもみられること。
 
 

暑くもないのにナゼ?と不思議ですよね。
 
 

夏バテに多く見られる症状は、体がだるい・疲れやすい・食欲がなく胃もたれや胸焼けがする・めまいや立ちくらみなど体力があまりない人にかかりやすい症状と言えます。
 
 

一方で秋バテはこれらの症状が、秋にも起こってしまうのです。
 

体力に自信がある人でもかかりやすいとの話も。
 
 

秋バテには、このような症状が夏の暑さが過ぎ去った9月以降までダラダラと続いてしまう「夏バテひきずり型」と、
 

夏の間パワー全快で過ごしてしまい暑さと共にそのパワーが過ぎ去りもぬけの殻となってしまう「燃え尽き症候群型」の2タイプがあります。
 
 

秋バテに陥りやすい人は「夏バテひきずり型」が圧倒的に多いのです。
 
 

秋バテの理由① 「寒暖差」

その理由の一つは、寒暖の差によるものです。
 
 

外は猛暑なのに室内はエアコンがガンガン効いて、寒いくらいの所で過ごしがちですよね。
 

また、秋になると、昼夜の気温差も大きくなります。

昼は30度以上なのに、夜は20度を下回ることもありますよね。
 
 

この寒暖の差を繰り返していくうちに、自律神経がだんだんと乱れていきます。
 

本来であれば、暑いときには汗をかき体温を下げる・寒いときには血管を縮めて体の熱を外に出さないようにするという機能が私たちには備わっています。
 
 

しかし、自律神経が乱れることにより、その機能がうまく働かなくなり血行不良などさまざまな体調不良を引き起こす原因になるんですね。
 
 

夏や秋にこのような寒暖差の激しい中で過ごしていると、ほかのさまざまな条件も加わり秋になって一気に爆発してしまうんです。
 
 

秋バテの理由② 食生活

二つめの理由は、食生活によるものです。

秋でも昼間は暑いからといって、冷たいものばかり食べていませんか?
 

冷たいものを多く取り入れていると、胃の血流が下がってしまいます。
 
 

血流が下がると、胃液が少なくなりうまく消化できなくなって、消化不良や食欲低下にもつながっていってしまいます。
 

冷たいものをあまり取り入れてなくても、食べすぎも実は胃には負担がかかってしまっています。
 

胃の中にたくさん物を入れてしまうと胃液がたくさん分泌され、一定量以上の胃液が分泌されることにより、負担がかかり結果、胃が弱くなってしまうのです。
 
 

秋バテの理由③ 紫外線

三つめの理由は、紫外線による免疫力の低下によるものです。
 
 

夏の間は日差しが強いうえ、外に出る機会も増えるので日光をたくさん浴びますよね。

実は、秋になっても紫外線は強いのです。
 

そこできちんと紫外線対策をしていないと、免疫力が低下してしまいます。
 

皮膚には、ウイルスや異物が体内に入ってこないように、バリアのようなものがあります。
 

そのバリアには免疫細胞に、「これは危険なものだ」と教えてあげるシステムが備わっています。
 
 

しかし、紫外線を多く浴びていると、そのバリアが崩されてしまい、体の中にウイルスや異物がどんどんと入り込んでいってしまいます。
 

つまり紫外線対策をしていないと、肌の表面だけではなく免疫力の低下にも影響してしまうんですね。
 

免疫力の低下に伴い、夏カゼや体調不良などの原因にもつながってしまいます。

基本的には夏バテと同じようですが、昼夜の寒暖差が激しいため、自然と起こってしまうことでもありますね。

スポンサードリンク

秋バテの対策はどうする?

このように秋バテについていろいろとご紹介してきましたが、実際に症状が出た場合はどのように対処していけばいいのでしょうか?
 
そのおすすめ方法をご紹介していきます。
 
 

秋バテはそもそも、夏バテの延長線のようなものです。
 

夏の間にきちんとした対策をとることが、秋バテにならない一番の方法です。

例えば、エアコンの温度を少し上げてみたり、室内で過ごすときにはブランケットや羽織るものを用意しておいて体を寒さから守るなど出来るだけ寒暖差をなくすようにしましょう。
 
我慢して暑いなか過ごすと熱中症になってしまいますので、『適度に』が重要です。
 
 

また、冷たいものばかりとっていると、胃の温度も下がってしまうので、朝の目覚めの一杯を白湯に変えてみるのもオススメですよ。

続けていくうちに体がだんだんと温まっていき、血行もよくなるので冷え性にも効果的です。
 
 

さらに、お風呂をシャワーだけで済ませるのもよくありません。

お湯に浸かることで体が温められ、血行もよくなり良い睡眠にもつながります。

疲れも取れ、リフレッシュにも効果的ですよ。
 
 

そして適度な運動も大切です。

デスクワークが多かったり、おっくうで外で運動することを避けていませんか?
 
 
体を動かすことはストレス発散にも効きますし、血流もよくなり汗を出しやすい体質に変わってきます。
 
激しい運動がニガテなら、涼しい時間帯のウォーキングや1駅分歩いてみるなどの軽いものから試してみましょう!

終わりに

どれもすぐに始められるものばかりですよね!

秋バテ予防して、快適な秋を過ごしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。