風越紋代(あきよ)のプロフ!ブログやtwitter・facebookは?

地図を持たずに登山して、

道に迷ったために救助要請。
 

そこに来た警官に怒ったことを、

自身のブログにぶちまけていると話題の女性。
 
 

それが、風越紋代(かざこしあきよ)さんですね。
 
 

突如として現れたいちブロガーの発言に、

批判の声が続出でネットが炎上しちゃってます。
 
 

でも、風越紋代さんってどんな方なのでしょうか。
 

今回は、風越紋代さんにスポットを当てて

プロフィールなどをまとめました。

スポンサードリンク

風越紋代さんのプロフィール

風越紋代とかいて、『かざこしあきよ』さんって読みます。
 

風越は一発変換で感じが出てきますが、

紋代って『あきよ』じゃ漢字変換が出てこないという、

とても珍しい読み方です。
 

このブログに辿り着いているあなたも、

変換に苦労したのではないでしょうか。
 
 

ってのはまあいいとして、
 
 
風越紋代さんってどんな方のでしょうか。

まずはプロフィールからです。

■生年月日:1978年8月9日生まれ

■年齢:39歳(2017年8月30日現在)

■出身:岐阜県

 
 

現在2歳になる息子さんがいて、

普段は家事と育児に奮闘。
 
 

そして、食と健康についても勉強中のようです。
 
 

勉強中と言っても、

すでにこのような資格はお持ちです。
 

・IFCA国際食学協会認定 準食学士

・食学調味料アドバイザー

・美容食学S級試験合格

・食学指導者養成コース履修 

 

食学とは、聞きなれない言葉ですが、

人の健康を守る「食の学問」のことです。
 

例えば、栄養学、食養学、マクロビオティックなど、

世の中にある食に関する知識を総括した言葉で、

食に携わる専門職から一般の家庭でも役に立つ学問なんだそうです。
 
 
 

これだけ見ても風越さんは、

食や健康についてより専門的な知識をお持ちのようですね。
 
 

そして、食育や調味料や発酵食などの

セミナーを行う教室を開講準備されているのだとか。
 
 

とても活発で活動的ですね。
 
そして、興味があることはとことん突き詰め

ぐっとのめり込むタイプですね。
 
 

今回の山登りも趣味とのことで、これまでの経験もあるし、

地図がなくてもいいや~的な感覚で行かれたのかなと思います。
 
 

ちなみに、今回遭難された三重県の御在所岳(ございしょだけ)は、

標高1,212mで、三重県川の湯の山温泉から頂上直下まではロープウェイがあり、

その後はスキーのリフトを使って頂上まで行くことができます。

yama
引用元:http://www.town.komono.mie.jp/kankojoho/map/map_mt.html
 
 

しかし、風越さんの場合は、

それらを使わずに下山されていたようです。
 
 

写真で御在所岳を見ると、とても険しそうですし、

地図やコンパスを持たずに登山とはよくありませんね。
 
 

「遭難しそう」と思った時には、

とても怖かったんじゃないでしょうか。
 
 

一悶着はあったにせよ、

無事に帰れて良かったですね。

スポンサードリンク

風越紋代さんのブログやツイッターは?

風越紋代さんは、ブロガーとして紹介されていますので、

ブログがあるはずですね。
 
 

ブログを調べてみましたが、

現在はアクセスが多くてパンクしているのか、

はたまた非公開になっているのか分かりませんが、

見ることができなくなっていました。
 
 

また、ツイッターのアカウントも、

削除されているのか、見当たりませんでした。
 
 

フェイスブックもこの通り。

風越さんのフェイスブック
 
 

どれも見れない理由は、

今回の件で炎上してしまっているからですね。
 
 

 
 
普段は、一人旅や山登りがお好きな方で、

その様子や日々のことなどを

ブログにつづっていらっしゃいます。
 
 

おそらく、そこからの収入があり、

仕事はされていないのではないかと思います。
 
 

炎上するような内容は今回だけだったのでしょう。

 
 
「口は災いのもと」とも言いますが、

ブロガーだから書かなきゃいけないのか。
 
 

しかし書いてしまって、風越さん自身も

ここまで全国レベルのニュースになるとは

思っていなかったでしょうね。
 
 

今後ブログを見ることができるようになったら、

読者さんも増えるかもしれません。
 
 

そうなったら炎上も、ブロガーとしては、冥利に尽きますね。

スポンサードリンク

終わりに

幼い子供さんや旦那さんもいらっしゃいますし、

風越さん、無事で帰れて本当に良かったですね。

ブログが見られるようになったら、

覗いてみたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。