地下足袋でのリハビリの効果は?値段や通販を調査!

tabi3
tabi3

地下足袋というと、

工事現場や祭りなどで見かける事が多いですよね。
 

それが今、

違う分野の業界から注目を集めているそうです。
 
 

スポーツ選手のトレーニング用、

子供を健康に育てるための「足育」、

そして、医療機関では、

リハビリ用シューズとして使われています。
 
 

スポーツ選手や子供用には聞いたことがありますが、

リハビリ用のシューズとしては初耳でした。
 
 

そこで今回は、地下足袋を

リハビリ用のシューズとして活用する上での

効果を調べてみました。
 

■地下足袋でのリハビリの効果

■地下足袋のリハビリ用の値段は?

■地下足袋のリハビリ用の通販や購入場所は?

どうぞ宜しくお願いします!

スポンサードリンク

地下足袋でのリハビリの効果

まずはじめに、

素足で立った時に足の指を見てみると、

指にぐっと力が入っているのがわかりますよね。
 
 

この「踏ん張り」が立つときや歩行する時には

重要になります。
 
 

そこに地下足袋が効果を発揮すると言われています。

 
 
 

地下足袋は、足の親指とほか4本の指を分けて履きます。
 

足の親指だけ独立しているので、親指の動きを束縛しません。
 
 

この形にすることで、自然に指先に力を入れることができ、

その結果、しっかりと地面をつかむように

立つことができるようになります。
 
 

また、足先の感覚がにぶると、

立ち上がり時や歩行中でも浮いたような感覚になり、

足をつく時に転倒することも多くあります。
 
 

普通の靴を履いていると、感覚が靴によって弱くなってしまい、

自分でしっかり立つということが難しいんですね。
 
 

そこで、足へのフィット感が高い地下足袋をはくことによって、

指先の感覚が素足に近い状態になります。
 
 

その結果、地下足袋を履いて立った時に、

体の重心を正しい位置に整え、

安定した姿勢を保つことができます。
 
 
だから、高いところを歩くとび職や大工さんに

使われるのがわかります。
 
 
 

これらの地下足袋の効果を活用して

実際のリハビリの現場では、

バランス感覚が崩れ、歩行が困難な方や

足元の感覚が鈍い方の

歩行訓練や立ち上がり訓練に使用されています。
 
 

地下足袋を使った訓練を行うことによって、

素足の時と同じように、

指先でしっかり地面を踏みしめ踏ん張ることができ、

足が地面に付いているという

足先の感覚を鍛える効果が期待されます。
 
 

その結果、

立ち上がり時や歩行時の転倒を

防ぐことができるようになるのです。
 
 

運動機能によるものなので、

すべての方にリハビリ効果が現れるというわけではありませんが、

「自然としっかり歩けるようになった」という声もあり、

今後も効果が期待されます。

 
 
 

また、地下足袋は、リハビリをする方だけではなく、

介護する方にも利用されることがあります。
 
 

介護していると、

無理な姿勢をして腰痛になったり、

抱えた時にバランスを崩して

一緒に転倒してしまうことがあります。
 
 

私も介護施設で働いていた時には、

坐骨神経痛を患ったこともありますし、

自分より大きい方を抱えて、

フラフラしてしまったこともあります。
 
 

しかしこれも、

地下足袋の「踏ん張る」効果を利用することによって、

要介護者の体を支える際に、安定した姿勢を保つことができ、

腰痛予防や転倒予防が期待できます。

ですので、リハビリをしている方だけではなく、

要介護者を介護している方にも便利なアイテムとなりますね。

スポンサードリンク

地下足袋のリハビリ用の値段は?

普通の地下足袋ならば、3,000円前後で購入することができますが、

リハビリ用だと値段が気になりますよね。
 

いったいいくらくらいするのでしょうか。
 
 

調べてみた所、ネット上で見つけたリハビリ用のシューズは、

定価が8,700円でした。

やっぱりリハビリ用だと高いですね。
 
 

これは、【ふんばり足袋シューズ】という商品です。

tabi
 
中身が足袋のように、

親指と他の4本の指で分かれています。

tabi2

 
【サイズ】23~27cm(0.5cmきざみ)・28cm
【重量】225~300g(片足)
 

販売先によって値段は違いますので、

比較してみるといいと思います。

地下足袋のリハビリ用の通販や購入場所は?

では、リハビリ用の地下足袋はどこで買うことができるのでしょうか。
 
 

もし病院でリハビリを受けているならば、

病院のスタッフさんに相談すると

最適なものを勧めてくれるでしょう。
 
 

また、要介護認定をうけていれば、

ケアマネージャーに相談してください。

介護ショップなどでも取扱があるかもしれません。
 
 

しかし、そうでない場合には、

通販サイトもありますので、チェックしてみてください。
 

ちなみに、先程の【ふんばり足袋シューズ】の場合は、

こちらで買うことができます。

終わりに

地下足袋は作業やお祭り用だと思っていたものが、

このようにリハビリにも活用できるのは素晴らしいですね。

日本のモノづくりの技術は、

もっと多くの可能性を秘めているような気がしてきました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。