節分にいわしを飾る由来は?地域はどこ?いつまで飾る?処分方法は?

011948_li

011948_li
節分の時期になると、関西のスーパーでは鰯(いわし)が並びます。

生だったり、一夜干しだったり、明太いわしだったりと
形態は様々です。


でもなんで、節分に「いわし」なんでしょう。

ふと疑問に思ったので、今回は、

・節分にいわしを飾る由来は?
・どこの地域で飾るの?

をメインに、

また、期間や処分方法なども気になることを調べてみました。

スポンサードリンク
  

節分にいわしを飾る由来は?

魚はいろいろあるのに、
そもそも、なぜ「いわし」なのかというと・・・

いわしの呼び名は、
「弱し(よわし)」または「卑し(いやし)」からくるもので、

そして、漢字で書くと「鰯」となります。

これっていうのが、
いわしという魚が、

「弱くて、臭いがある」もので、

このような生き物で食べ物は、いわし以外にありません。

そんないわしを食べるといことは、
「陰の気」を食べてしまおう!という意味があるのだそうです。

また、節分は、立春の前の日で、
冬の最後の日ということにもなりますから、

新しい春に向けての「魔除け」の意味もあるんだそうです。

いわしは、油が多く乗っていて、
焼いたときに煙が出ます。

その煙によって、節分で追い払うとされている「鬼」は、
それを嫌って近づかないようになるのです。

また、実際にいわしを食べるのも、
体の中の「鬼」を追い払うという意味が込められています。

節分にいわしを飾る地域はどこ?

節分にいわしを飾るのは、大阪を中心とした西日本です。

飾り方は、柊いわしと言って、
いわしの頭に柊(ひいらぎ)の枝を刺すのです。

スポンサードリンク

生のいわしを飾るんですよね。

そのためか、現在では住宅事情もあり、
柊いわしを飾れない家が多いので、
「食べる」というのが主流となっています。


しかしながらよくよく考えてみると、
飾ったいわしは、翌日には一夜干し状態になって、
昔はそれを食べていたことから、

現代では、
スーパーで売られている一夜干しのいわしで代用するというのも
現代の流れに乗って伝統を受け継いでいるとも言えますね。

節分のいわしはいつまで飾るの?処分方法は?

節分のいわしを飾るのは、
小正月の1月15日から節分の2月3日までです。

そして、節分の翌日の立春には外すことになっています。

しかしながら、これは地域によって違い、
節分から飾って、雨水と呼ばれる2月19日までに外す
というところもあります。

風習があるところは、
年長者に聞いてみてくださいね!


そして、飾ったいわしの処分方法ですが、

一応、邪気を払ってくれたいわしですので、
そのままゴミ箱へ捨てるというのはご法度
です。

正式には神社で「お焚き上げ」をして納めるのですが、
現在では臭いもありますので、
それを受け入れているところは少ないです。

正式に納めたい場合は、希望の神社に聞いてみてください。


自分でどうにかしたい場合は、
昔だったら川に流していたそうですが、
現代ではそうもいきませんよね。

自宅で捨てるなら、
塩を振ってお清めし、半紙などの白い紙に包んで捨てましょう。

まとめ

節分にいわしを飾るという昔から続いている慣習が、
現代は姿を変えて伝承されています。

我が家でも、住宅事情で玄関にいわしを飾ることはできませんが、
スーパーのいわしを食べることで邪気を払いたいと思います。

スポンサードリンク

鬼はーーーーそとーーーーーー!!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。