西村京太郎が結婚した妻や子供を調査!病気や収入について!

syosetsu

syosetsu
 

こんにちは、ハナです。
 

9月21日のアウトデラックスに、ミステリー作家としては最も有名だと言われる西村京太郎さんがご出演されます。
 
 

そんな大御所が、アウトデラックスに出られるなんて、どんな「アウト話」を聞かせてくれるのでしょうか。
 
 

でもよく考えたら、西村京太郎さんについては、小説や2時間ドラマしか知らないなと思いました。
 
 

私生活では、どんな方なのか気になるところです。
 
 

そこで今回は、西村京太郎さんについてチェックしていきたいと思います。
 

■西村京太郎さんのプロフィール

■西村京太郎さんが結婚した妻や子供について!山村美紗さんとの関係は?

■西村京太郎さんの病気は?

■西村京太郎さんの収入は?
 

どうぞ宜しくお願いします!

スポンサードリンク

西村京太郎さんのプロフィール

ではまず簡単に、西村京太郎さんのプロフィールをご紹介しますね。
 

生年月日:1930年9月6日

年齢:87歳

出身:東京都

本名:矢島喜八郎

 

西村京太郎さんは、東京で終戦を迎え、その後、現在の東京都立産業技術高等専門学校を卒業しました。
 

学校を卒業後は、11年間現在の人事院に就職。
 

その後は、トラック運転手や私立探偵、警備員をされていたそうです。
 
 

そして、30歳の時、1961年(昭和36年)2月に発行された「宝石」という雑誌にて、「黒の記憶」で小説家デビューをされました。

西村京太郎が結婚した妻や子供について!

nishimurasan
引用元:https://www.moudouken.net/
 

では西村京太郎さんの私生活を、覗いてみたいと思います。
 
 

西村京太郎さんには、現在奥様と子供さんがいらっしゃるようです。
 
 

奥様とは、西村京太郎さんが60歳を超えてご結婚されたそうで、「瑞江」さんという名前のようです。
 
 

現在70代の奥様の瑞江さんは、西村京太郎さんが、京都に住んでいる時の秘書を務めていました。
 
 

現在は、西村京太郎さんの病気の療養もあり、京都から神奈川県湯河原町に一緒にすまれているみたいです。
 
 
 

子供についてですが、西村京太郎さんと奥様の間には、子供はいないようですが、結婚した時には奥様に連れ子がいたようです。
 

しかし、子供については一般人のため有力な情報が見つかりませんでした。
 
 
お歳を考えると、子供が独立した後にご結婚されているのかもしれませんね。
 
 

突然に西村京太郎さんがお父さんになったら、人生めっちゃ変わりそうです。

そんな人生を歩んでいる人が、この世の中にいるなんて不公平!って思っちゃいました。
 
 
 
・・・と、ここまで見ると、西村京太郎さんと結婚できていいなあで終わるのですが、実は西村京太郎さんは、作家の山村美紗さんと不倫関係にあったのではないかという話もあります。
 
 

しかもけっこう有名な話なんだそうです。
 
 
それというのも、西村京太郎さんが京都にお住まいだった時には、西村京太郎さんと山村美紗さんの家は隣接していて、家の奥の渡り廊下が山村美紗さんの家につながっていたそうです。
 
 

鍵は付いているが、それでも自由に行き来できる構造だったのだとか。
 
 

当時山村美紗さんには、旦那さんもいたんですが、三角関係だったのではないかと噂があり、なので、山村美紗さんの娘である山村紅葉さんの父親が、西村京太郎さんではないかと言われたこともあったようです。(←それは完全に違うようですが)
 
 

それで、その時には、現在の奥様である瑞江さんも秘書として家を出入りされていたようなので、2つの三角関係が形成されていたようです。
 
 

現在の奥様は、山村美紗さんがなくなってからご結婚されたものの、奥様は西村京太郎さんには愛されていないのでは?という思いがずっとあったようで、酔うとぐちをこぼされていたのだとか。
 
 

愛されるために湯河原町に、2001年に「西村京太郎記念館」をつくったのだとか。
 
 

いろいろと噂が飛び交っています。
 
 
 

噂なので、真相は本人たちだけが知るところとなるのですが、

これぞミステリー。
 
 

現在だったら、ネットもワイドショーも大賑わいですね。

まあ、この山村美紗さんが絡む2つの三角関係を、「アウトデラックス」で話されることはないでしょうが、真実であればこれが一番「アウト!」だと思います。

スポンサードリンク

西村京太郎さんの病気は?

西村京太郎さんは、現在87歳というご高齢なのですが、まだまだ小説家として現役でご活躍中です。

でも、写真では車椅子を使用されていたり、麻痺があるように見えます。
 
 

そこで調べてみると、

1974年頃に肝臓障害

1987年に腎結石

1996年に脳梗塞

の病歴がありました。
 
 

現在は、1996年の脳梗塞の際の後遺症として、左半身の一部に麻痺があり、足が上がりにくくなっているそうです。
 
 

しかし、少しの歩行はお出来のようなので、脳梗塞の症状が出てすぐに病院に行かれたのか、リハビリを頑張られたことが推測されます。
 
 

多くの西村京太郎ファンがいますので、まだお元気で、執筆活動をしてほしいですね。

西村京太郎さんの収入は?

西村京太郎さんは1961年「黒の記憶」で作家デビューしてから現在まで、おおよそ600冊もの小説を書かれており、今もその勢いはとまりません。
 
 

初期の頃は売れない時代もあり、苦労されたとのことですが、今や本屋でもテレビでも「西村京太郎」の名を見ないことはありませんよね
 
 

となると、いくらぐらいの収入があるのか気になるところです。
 
 

ということで、印税収入がどのくらいあるのかを調べてみました。
 
 

西村京太郎さんは、(ちょっと古い情報ですが)1983年にはじめて所得番付の作家部門ランキングのトップ10に名前が載りました。
 
 

それからは10年以上に渡って、そのランキングから名前が消えたことはないそうです。
 
 
 

2005年以降は、個人情報保護法案が施行されたためランキングは分かりませんが、執筆スピードや小説のドラマ化・映画化を考えるとまだ上位にいらっしゃるのではないかと推測します。
 
 

高額納税者ランキングが、最後に発表された2005年(2004年分)には、約1億6千万円の納税額だったそうです。
 
 

ですので、推定所得は4億円あたりだと言われています。
 
 

間違っても、収入が1億6千万円ではないですよ。
 
 

それだけでも凄いのですが、4億円の収入って、少なくとも私の周りにはいないです。

奥さんいいな~
 

愛がなくてもいいんでは?と心の片隅で思ってしまいました。ダメでしょうか?

終わりに

お歳を召しても、公私共にお元気なようですね。

これからも、西村京太郎さんの作品を、楽しみにしていきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。