山岡久乃の結婚した旦那や子供を調査!渡る世間でも確執あり?

yamanosan

こんにちは、ハナです。
 
 
今日は雨が降って肌寒く、

風邪気味です。
 

さて、9月21日に放送される

「爆報!THEフライデー」に

水前寺清子さんと確執があったとされる

山岡久乃さん。
 
 

昔はよく「渡る世間は鬼ばかり」で

見ていたな~と

懐かしんでしまいます。
 
 
 
しかし、山岡久乃さんは

もうすでにお亡くなりになっていますね。
 
 

というのを実は

今日知ってしまいました。
 
 

ドラマにでている山岡久乃さんは

知っているけど、

私生活については知らない部分もあるので、

今回は、チェックしていきたいと思います。
 
 

どうぞよろしくお願いします。

スポンサードリンク

山岡久乃さんが結婚した旦那は?

yamanosan
引用:http://office-tendo.jp/
 

テレビドラマでは、

「お母さん役」として、

すっかり定着していた山岡久乃さん。
 
 

実際には、ご結婚されて

お母さんになられていたのでしょうか。
 
 
 

山岡久乃さんは1942年に

宝塚音楽学校の33期生として入学しましたが、

第二次世界大戦により、退学しています。
 
 

その後1946年に俳優座に入団し、

1954年には同じ俳優座の方と

「青年座」を創設されました。
 
 
 

その時の創立メンバーだった

俳優の森塚敏(もりつかびん)さんと

1956年に結婚をされたのです。
 
 

結婚は、

山岡久乃さんが29歳、

のときでした。
 
 
 

大正生まれの女性でしたら、

10代や20代前半で結婚している中、

当時としては晩婚ですね。
 

 

一方、森塚敏さんも結婚時は29歳で、

当時劇団の座長をつとめ、

若手だった西田敏行さんや

高畑淳子さんなど

今でも活躍している俳優を

育てられました。
 
 

西田敏行さんや高畑淳子さんの演技は、

今でも他の役者と比べても

熱が違う印象ですよね。
 
 

森塚敏さんの演技指導の技術が

高かったのだと思います。
 
 
 
しかし、そんな森塚敏さんとも、

1971年には、離婚してしまいました。
 
 

その時山岡久乃さんは、

44歳となります。
 
 

離婚の理由は、

情報としては見当たりませんでしたが、
 
 

山岡久乃さんが水前寺清子さんと

出演したドラマ「ありがとう」は、

離婚した前年の1970年から始まっています。
 
 

山岡久乃さんは、

このドラマを機に

一気に人気に火が付き、

「日本のお母さん」としての地位を確立します。
 
 
 
このドラマは、

視聴率が50%という

今ではまったく出ないような数字でした。
 
 

国民の半数は

見ているようなもんですね。
 
 
 

2017年7月~9月にあったドラマでの視聴率は、

「コード・ブルー」がランキング1位で、

それでも平均視聴率は14.6%程です。
 
 
 

それだけの人気ドラマ、

そして山岡久乃さん自身の人気も出始めたときならば、

超多忙だったのではないでしょうか。

そのため生活がすれ違い、

お互いの心が離れたのかも

しれませんね。
 
 

女優とは言え、

仕事と家庭の両立は

難しかったのだと思います。
 
 

森塚敏さんと離婚した後は、

再婚されたり

彼氏がいたという情報はなく、

一生独身で過ごされたようです。

スポンサードリンク

山岡久乃には子供はいる?

山岡久乃さんには、

1度の結婚歴がありましたが、

その時に子供を持たれたのでしょうか。
 

調べてみましたが、

子供に関する有力な情報は

得られませんでした。

子供はいないのだと思います。
 
 

しかし、

以前もまた「爆報!THEフライデー」で

山岡久乃さんのことが取り上げられた時には、

山岡久乃さんの養女さんが

山岡さんについて語られました。
 
 
 

その養女さんが「山岡泰子」さんです。
 
 
 
山岡久乃さんと泰子さんの関係は、

もともと伯母と姪の関係でした。
 
 

泰子さんのお母さんが、

山岡久乃さんの4姉妹の妹となるそうです。
 
 
 

しかし、

山岡久乃さんが、亡くなる2年前に、

養女になって欲しいとお願いされたために

養女になったようでした。
 

 

現在、山岡泰子さんは、

旦那さんと一緒に

シンガポールに住まれているようです。

山岡久乃さんは渡る世間でも確執があった?

今回、ドラマ「ありがとう」で

水前寺清子さんと確執があったと

いう話ですが、

実は、「渡る世間は鬼ばかり」でも

降板劇があったようです。
 
 
 

降板された時には、

共演者や脚本家との確執があったとか、

認知症になっていたという噂も

飛び交いました。

 
 
しかし、それは後に、

山岡久乃が当時、

胆管がんに侵されていたためだと

理由が明かされました。
 
 
 

胆管がんは、

記憶に新しいところで言うと、

女優の川島なお美さんがそれが原因で

お亡くなりになっています。
 
 

胆管がんは、

気づきにくい病気で、

山岡久乃さんの胆管がんが見つかった時には、

すでにステージ4だったそうです。
 
 

「渡る世間は鬼ばかり」の降板劇の裏には、

山岡久乃さんの命に関わる

理由があったのですね。
 
 

その時の発表では、

山岡久乃さんはこのように

コメントされています。

「70年突っ走ってきて

そろそろゆっくり歩いて行こうかと

思っていた矢先に『癌』という

最悪のシナリオを頂いてしまいました。
 
 

ただ、幸いなことに、

このシナリオには結末が書いてありません。
 
 

私が自由に演じていいことに

なっているんですね。
 
 

力が入りますよ。
 
 

もう少し時間がかかると思いますが、

しばらくこの女優の底力を見守ってください」

引用:wikipedia

このコメントの2ヶ月後に

山岡久乃さんは

亡くなられたそうです。

終わりに

ここまで調べてきて、

山岡久乃さんの強い女優魂を

感じました。

 

大変遅くなりましたが、

心よりご冥福をお祈りします。
 
 

こちらも合わせて読まれています。

佐々木すみ江さんは、

山岡久乃さんと同年代の女優さんです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。