荒賀龍太郎は結婚してる?父や姉弟も凄い!流派や出身高校を調査!

こんにちは、ハナです。

 

 

今回は、空手家の荒賀龍太郎さんを

チェックしていきたいと思います。

 

 

空手は東京オリンピックから正式種目となり、

今後もますます注目を集めるスポーツとなっていますね。

 

ことに、荒賀選手は金メダルの最重要候補であり

「スピードドラゴン」の異名を持たれます。

 

ではどうぞよろしくお願いします。

スポンサードリンク

荒賀龍太郎さんのプロフィール

 

まずはじめに、荒賀龍太郎さんの

プロフィールをご紹介しますね。

 

引用元:https://www.kyoto-su.ac.jp/

引用元:https://www.kyoto-su.ac.jp/

生年月日:1990年10月16日

年齢:26歳(2017年9月時点)

身長:184cm

体重:82kg

血液型:B型

出身地:京都府亀岡市

出身高校:京都外大西高等学校

出身大学:京都産業大学経営学部

所属:荒賀道場

流派:剛柔流

 

荒賀龍太郎さんの成績

2009年12月 全日本空手道選手権大会、優勝
2011年12月 全日本空手道選手権大会、優勝
2014年12月 全日本空手道選手権大会、優勝
2015年12月 全日本空手道選手権大会、優勝
2016年11月 世界選手権オーストラリア大会、優勝
2016年12月 天皇盃全日本空手道選手権大会、優勝

 

荒賀龍太郎さんは空手一家に生まれ、

3歳の頃から空手を始めたようです。

 

 

父は荒賀正孝さん、母は荒賀みどりさんで、

お二人とも空手経験者であり、

荒賀龍太郎さんは、物心ついた時には、すでに道着を着ていたそうです。

 

 

練習は毎日続き、特に中学時代には、

それまで無敗だった記録が破られ、

父親の指導が厳しくなっていったようでした。

 

 

しかし、そのかいあってか、荒賀さんは、

高校生ながら世界選手権の代表に選ばれ、

19歳の時に、全日本選手権を史上最年少で優勝されました。

 

 

それ以降、5度も日本一になられています。

 

この記録は、現役選手最多だそうです。

 

 

荒賀龍太郎さんが、進学された京都外大西高等学校は、

体育コースもあり、スポーツに力を入れている学校のようです。

 

フィギュアスケートや野球も強いですが、

特に空手部は、全国大会で4度優勝している名門高校です。

 

 

そこで荒賀選手は、高校1年生の頃に、

インターハイ、国体、選抜大会を制覇し高校3冠を達成する

偉業を成し遂げています。

 

 

 

そのため、「国内では無敵の選手」「日本空手界の申し子」

呼ばれていました。

 

高校3冠は、本当にすごいです。

 

空手は骨折やケガをしやすいと聞きますが、

荒賀さんはケガもなく全て出場されたようですね。

 

これからも元気に活躍して頂きたいものです。

 

 

また大学は京都産業大学に進学し、

全日本の大会で2度にわたり優勝されています。

 

大学卒業後の就職先は、

出身高校である京都外大西高等学校で

特別コーチを担当。

 

 

後輩に指導しながら、荒賀さんご自身も

東京五輪に向け練習をされているようです。

 

 

 

日本空手界では、金メダル最重要候補とされている荒賀選手。

 

東京オリンピックの時、荒賀選手は30歳になります。

 

是非ともオリンピックに出場し、金メダルを獲得して頂きたいです。

 

 

荒賀選手の最大の武器は、「スピード」と言われています。

その速さから「スピードドラゴン」とも呼ばれているようです。

 

 

刻み突き(構えた時の前方にある手を用いて行う突き)の速さは、

0.5秒の間に3発放たれるそうです。

 

 

それも、ただ手を伸ばすだけではなく、

力強く狙ってやらなければいけません。

 

荒賀選手の、スピードの速さのすごさが分かります。

スポンサードリンク

荒賀龍太郎さんは結婚してる?彼女はいる?

 

では、ここでちょっと荒賀龍太郎さんの私生活を・・・

 

私生活と言えば、結婚や彼女なんですが、

荒賀龍太郎さんは結婚しているのでしょうか。

 

調べてみた所、現在はまだご結婚は

されていないようでした。

 

 

それどころか、彼女についても調べてみましたが、

有力な情報は見当たりませんでした。

 

 

結婚や彼女についての情報が、

全くと言っていいほどありませんでしたので、

恋愛はされていないのかなとも思います。

 

そんなわけないでしょうか。

 

今は東京オリンピックだけを考えて、日々努力されているようですし、

彼女とか結婚話は、その先になるかもしれませんね。

 

でも、かっこよくて、強くて、絶対モテモテですよね。

 

今後、彼女や結婚の情報がありましたら、

追記していきますね。

荒賀龍太郎さんの父や母について

先程も少し触れましたが、荒賀龍太郎さんの父親は、

荒賀道場の代表指導者をされている、荒賀正孝さんです。

 

 

荒賀正孝さんも有名な空手選手であったということですが、

大会の成績などの情報は見つけることが出来ませんでした。

 

しかし、荒賀道場の代表指導者ということや、

龍太郎さんの実力を考えると、

父の正孝さんも輝かしい戦績がありそうですよね。

 

 

また、母親の荒賀みどりさんも、

空手では有名な選手だったそうです。

 

 

ご両親は、京都府の亀岡市に

「荒賀道場」を経営されています。

 

荒賀道場は、子供、初心者、上級者、全日本、世界クラスや

目的、地域に応じたさまざまなクラスがあるようです。

 

調べてみた所、亀岡教室、つつじが丘教室、

スタジオビオス教室、大井教室、衣笠教室、

桂教室、嵐山教室、梅津教室、広教会館教室、

愛知東郷教室、本二空手クラブ、神戸教室と

合計12もの教室がありました。

 

 

世界一になった荒賀選手を、指導された父親と母親に、

指導してほしい方が、非常に多いということですね。

 

 

荒賀道場のフェイスブックをのぞくと、

道場のお知らせに、荒賀龍太郎さんやご兄弟の写真が載せてあって、

良い宣伝にもなりますが、親としての愛情も感じてしまいました。

荒賀龍太郎さんの姉と弟について

姉の智子さん(現在は木下智子さん)は、

元空手選手で現在は現役を引退し、

指導者として活躍されているようです。

 

ご結婚相手も、空手選手だそうですよ。

 

 

現役時代には2004年と2006年に

世界空手道選手権大会の53kg級で2連覇されています。

 

 

また、弟の荒賀慎太郎さんも、

全日本空手選手権大会で優勝されています。

 

 

以前、荒賀龍太郎さんが受けられたインタビューの中で、

「空手一家なのでプレッシャーはありませんか?」という質問に、

 

「ありません。兄弟であまり空手の話をすることはないので・・」

と話されていました。

 

 

私のイメージは、自宅でもずっと家族で

空手の話をしているだろうと思っていました。

 

しかし、そうではないようですね。

 

空手の練習は気合を入れて、

自宅ではゆっくり過ごされているようです。

 

 

このメリハリを付けている所も、

荒賀さん一家の、強さの秘訣

なっているのかもしれませんね。

終わりに

生まれながらにして、空手をする環境、いや運命だったにせよ、

強くなられたのは、荒賀龍太郎さんの努力あってのものですね。

 

これからも、荒賀龍太郎さんの活躍を楽しみにしています。

 

また、東京五輪で荒賀龍太郎さんの姿も

見られることを願っております。

 

<<関連記事>>

香川幸允さんも空手家で、東京五輪への出場と活躍が期待される選手です。

合わせてご覧ください。

香川幸允の父親や妻(彼女)を調査!身長や高校は?成績について!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。