戌年にちなんだ新年会の挨拶や抱負の例文を紹介!【2018年版】

8b6402b1790789a22874c874a3204edb_s

こんにちは、ハナです。

 

年が明けると、会社での初仕事のときや新年会の時など、必ずあるのが『新年の挨拶』。

特に会社で役職を持っていたり、新人だったりすると挨拶する確率はあがります。

 

そんな時、普通の挨拶してもつまらない!

 

ということで新年なので、干支を入れた挨拶を考える方も多いものです。

そこで今回は、2018年の干支「戌(犬)」を入れた挨拶の例文や、

新年が明けて会社や新年会で挨拶するのポイントを紹介していきます。

 

新年会の前に練習して、本番に臨んで下さいね!

スポンサードリンク

戌年にちなんだダジャレ

新年会の挨拶では、干支を取り入れたものもしばしばみられます。

 

2018年は戌年(いぬどし)ですね。

 

そこでここでは、犬にちなんだダジャレをご紹介します。

 

うまく挨拶に取り込んでいきましょう。

 

ワンダフルな1年にしましょう!

・オンリーワンな良い年にしましょう!

・鬼のいぬ間に洗濯して奥さんを驚かせます!

・去年の業績をワンモアタイム目指してます!

・(昨年の業績が悪かったら)今年ワンモアチャンス下さい!

・ライバル会社を追い抜き(お犬き)ましょう!

・去年と同じことするのは飽きたけん(秋田犬)、今年は新しいことも取り入れていきましょう。

・どこからも追い抜かれない(お犬かれない)1年にしましょう。

・いろんなことを発見(伝)(八犬伝)で、実りある1年にしていきましょう。

・心臓をドッグドッグさせて、新しい1年を迎えたいと思います。

・今年はワンコインランチから卒業したいです!

 

こちらは思いつき次第、追記していきますね。

いいアイデアがございましたら、教えてくださると幸いです!

スポンサードリンク

戌年にちなんだ挨拶(2018年版)

戌年にちなんだ言葉を取り入れるなら、次のように取り込んで行くといいですね。

 

・昨年は、トリのように羽ばたきいろんなものを吸収しましたが、今年はそれを糧に自分にできるオンリーワンなものを作り上げていきます。

・今年は鼻がきく犬のように、いろんなことを嗅ぎ分けて成長できる年にしたいと思います。

・今年もチワワのように目をキラキラさせて、頑張っていきます!

・いろんな臭いを嗅ぎ分ける犬のように、目標達成のために最善の方法を嗅ぎ分けていきます。

・聴覚が優れていると言われる犬のように、いろんなことに聞き耳を立てて自分を成長させていきます。

・最後までボールを追いかける犬のように、目標を達成するまで諦めず走っていきます。

 
 

ダジャレや例文を合わせると、

・犬の鳴き声を表した言葉→ワン

・犬を英語に替えた言葉→ドッグ

・犬を入れた言葉

・犬の特徴を例えた言葉

が考えられます。

新年会の挨拶の例文(2018年)

以上のことを踏まえて、例文を作りました。

 

昨年のエピソードや今年の目標は、
あなた自身の事に置き換えて下さい。

そして、この文例を土台に、
あなたなりの挨拶文を作り上げていきましょう。

 

(文例1)新人の場合
あけましておめでとうございます。

昨年は、諸先輩方からのご指導を賜り、
本当に感謝しております。

しかしながら、
●●を達成することができませんでした。

しかし、
今年こそは●●を達成できるように頑張りたいと思います。

ワンモアチャンスと言わず、多くの目標を達成していきます。

そして、会社に貢献できるよう
ワンダフルな仕事をしていきます!

分からないことがまだまだ多く、
今後もご迷惑をかけるようなことがあると思いますが、
一生懸命頑張ってまいりますので、
どうぞよろしくお願い致します。

 

(文例2)中間職の場合
あけましておめでとうございます。

先輩方や後輩諸君など、色々な方のご指導を賜り、無事に1年を終えることが出来ました。

今年も一生懸命頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

そこで、新年の抱負を述べたいと思います。

今年は戌年ですので、それにちなんで。

今年もワンダフルな仕事をして、どこからも追い抜かれない(お犬かれない)1年にしましょう。

ちなみに私事ですが、結婚10年目となりますので、また新たなスタートに心臓をドッグドッグさせています。

では、今後とも引き続き、どうぞよろしくお願いします。

新年会の挨拶のポイント

shinsyakaijin_man2

では最後に、新年の挨拶や新年会での挨拶の流れやポイントをまとめました。

ほんの1分くらいのことですが、ポイントを押さえておくことで、スムーズな挨拶ができますよ!

 

◆挨拶の流れ

1、新年を祝う言葉を入れる

2、昨年の業績やエピソードを入れ、
  今年の目標につなげる

3、干支を入れて、抱負を語る

4、今後への挨拶(よろしくお願いします、など)

 

※2、の「昨年の業績やエピソードを入れ、今年の目標につなげる」を考えるポイントとしては、

昨年にやり残したこと、そして今年はそのやり残したことを克服し、新しく挑戦したいことを考えることで浮かんできます。

 

◆話す内容でポイント

・新年であるので、
 景気の悪い話や、ネガティブな話題は避け、
 ポジティブな言葉や話題を話す

・上司を使ったエピソードは避ける(上司との関係にもよる)

・分かりやすく、手短にする(人数が多い場合)

 

◆話すときのポイント

・呼吸はゆっくり

・大きな声で話し方も適度にゆっくり目

・うつむかず聞いている人の目を見る

・笑顔または明るい顔で!

・ダジャレのところは強調する!

 
 

下を向きもじもじして話すと、新年なのに覇気がなく、雰囲気が壊れてしまいます。

 

特に、大きな声で話し、
聞いている人の目を見ることは大事です。

 
 

普段から人の前で話し慣れている人はいいですが、なれていない場合には、新年会の前にはしっかりと考え準備しておいてくださいね。

 

またダジャレは、思い切って堂々と言った方が相手に伝わりやすいですよ。




まとめ

いかがでしょうか。

もし使えそうなダジャレがあったら、挨拶に入れてみてくださいね。

どうか滑りませんように!

 

2017年の流行語大賞候補は?
挨拶に使えるものあるかもしれません。
ぜひ合わせてご覧ください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。