正月飾りはいつから飾る?いつまで飾る?処分にどんど焼きがない場合

syougatsu_shimekazari

syougatsu_shimekazari
クリスマスが終わり年末が近づくと、お正月飾りを飾りますよね。

そのお正月飾りって、
いつ飾って、いつまで飾っておくのをご存知ですか。

それまでは両親と同居していて、自分でやったことがなかったら
分からないですよね。


私も結婚するまでは親任せで、結婚してからあたふたしたものです。


では今回は、お正月飾りはいつから飾り、いつまで飾っておくのか、
また、正しい処分の仕方を確認していきましょう。

スポンサードリンク
  

正月飾りはいつから飾るか?

そもそもお正月飾りをする意味は、
一年の神様である「歳神様」をお迎えし、
良い新年であることを祈念するためにあります。

そして、
その歳神様は31日の朝に来るといういわれが、
神道にあります。


だから、
お正月飾りを飾るのは、その前の、

12月28日から飾り始めてよいとされ、
12月30日までには終わらせておきましょう。



ただし、
12月29日は、「二重苦」という語呂合わせの悪さや、
「苦松」とも言われるため避けましょう。



また、
12月31日は、お正月飾りをして歳神様をお迎えするのが、
お正月にかけて一夜しかありません。

これは、「一夜飾り」と言われ、
歳神様に対して失礼にあたるので避けましょう。



つまり、
お正月飾りをするのは、

12月28日と12月30日の2日ということです。


クリスマスが終わると、
すぐにお正月飾りが売られるので、
早めに用意しこの2日に備えましょう。


私もだいたい12月27日くらいに
ホームセンターやスーパーなどでしめ縄や鏡餅を揃えますよ。

あんまり早すぎると、
しめ縄のミカンにカビが生えてしまうのではないかと
不安になりますので、この日になってしまいます。

スポンサードリンク

正月飾りはいつまで飾るか?

お正月飾りをいつまで飾るのかは、
地域によって違いますが、
一般的には7日であったり、
小正月の1月15日とされています。



主に関西では15日までのことが多く、
関東では7日までのことが多いです。


また、これらの地域でありながら、
京都は4日までとか、細々と違います。


ですので、
近所の方に聞いたりして確かめてみましょう。

でも、近所に聞ける方がいない場合は、
他の家が飾りを外したら、
それに合わせて外してみられてはいかがでしょうか。


私は関西に住んでいますが、
たいていは7日に外しています。

あんまり風習は気にしていません。

正月飾りの処分にどんど焼きがない場合の方法

お正月に飾った飾りの処分は、
1月15日あたりにある、「どんど焼き」で
お焚き上げして頂くのが、本来の形です。


しかしながら、
地域によっては、どんど焼きがないこともありますよね。


そういう場合は、2通りの処分の仕方があります。

●神社でお焚き上げしてもらう

神社に賽銭と共に持っていき、
御札などと一緒に焚き上げてもらいましょう。


それもできる所と、できない所がありますので、
希望する神社のホームページを見られるか、
直接電話などで聞いてみてくださいね。

全国の神社一覧はこちら。
全国の神社一覧|ウォーカープラス

●自宅で処分する

自宅で処分するならば、
ゴミとしての処分となります。


ただし!


そのままポイッと捨てるのは厳禁です。


半紙や新聞紙の上に正月飾りをおき、

塩を左・右・中央にかけて清めた後、
歳神様へのお越しになったお礼と今年の祈願をし、

包んで処分しましょう。

まとめ

良い年を迎え、一年を健やかに過ごせるよう、
お正月飾りは気持ちを込めて飾り、時期がきたら取り外しましょう。

スポンサードリンク

あまりがちがちに風習にのっとることはないと思いますが、
節目節目を大事に、
気持ちよくお正月と一年を過ごしたいものですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。