出口保行が面白い!家族(妻・子供)や若い頃を調査!出身大学は?

hirodo4

こんにちは、ハナです。

 

金曜夜のお楽しみ、

テレビ番組「脱力タイムズ」

 

その中のコメンテーターって、

とぼけたり知識を披露したりと

演技がうまいですよね。

 

他の番組だと真面目な

コメントをしているのに、

「脱力タイムズ」だと

笑いを取りに行っている感じです。

 

本職が真面目な方ばかりなので、

よくやるなーと感心しています。

 

その中でも私のお気に入り、

出口保行さんを今回はチェックしていきます。

 

一体どんな方なんでしょうか。めちゃくちゃ気になる~!

 

ではどうぞよろしくお願いします。

スポンサードリンク

出口保行さんのプロフィール

引用元:https://www.tokyomirai.ac.jp/faculty/child/teacher/deguchi.html

引用元:https://www.tokyomirai.ac.jp/faculty/child/teacher/deguchi.html

生年月日:1958年7月4日

年齢:59歳(2017年10月時点)

出身地:神奈川県横浜市

職業:東京未来大学こども心理学部長、犯罪心理学者

座右の銘:笑う門には福来たる

趣味:バスケットボール、テニス

出口保行さんの家族(妻・子供)について!

では、出口さんに奥さんや

お子さんが居るのか気になり調べてみましたが、

残念ながら情報はありませんでした。

 

しかし出口さんは「こども心理学部学長」を

されていることや、

テレビ番組でトレンディエンジェルの

「ぺっぺっぺー!」や

ホリケンさんの「ジュンジュワー」を

されているユニークな所。

 

また笑うとすごく優しい笑顔になる

出口さんを見るとお子さんが居るように感じます。

スポンサードリンク

出口保行さんの若い頃や出身大学は?

では、若い頃の出口さんって、

一体どんなふうだったのでしょうか。

 

まず、出口さんが若い頃の写真を

見つけてみたのですが、

それは見つかりませんでした。

そして、出身大学なのですが、

「東京学芸大学大学院

教育学研究科学校教育専攻発達心理学」

卒業されています。

 

ちなみに高校は、

「神奈川県立外国語短期大学

付属高等学校外国語科」

 

高校の時には外国語を学び、

大学では心理学を学ばれていますね。

 

どうして外国語→心理学になったのかは

分かりませんでしたが、

高校の時に心理学に興味が

湧いてきたんでしょうかね。

 
 

2つの学校の偏差値は、

・神奈川県立外国語短期大学付属高等学校・・・65

・東京学芸大学の偏差値・・・50~62

 

どちらの学校も偏差値が高いので、

出口さんの高校・大学時代は

ずっと勉強を頑張られていたように感じます。

 

また大学を卒業後はすぐに就職されたので、

今までずっーと忙しい毎日を過ごされていそうです。

 

それにしても、すごくながーーーい学校名。

こんなに長い名前は初めて聞きました。

履歴書などに書くのが大変そうですね。

 

さて、出口さんの専門分野は、

「犯罪心理学」、「青年心理学」のようです。

 

出口さんは大学卒業後、

国家公務員の心理職として法務省に勤務され、

全国の刑務所や少年鑑別所で

犯罪者を心理学的に分析する

資質鑑別を務められました。

 

少年から成年まで幅広い年代の

犯罪者の方と関わるお仕事を

されているのですね。

 

なぜこのような仕事をしようと思われたのかは、

調べてみたのですが、不明でした。

 

そして2007年に退官されたあとは、

東京未来大学こども心理学長

就任されています。

 

また足立区防犯専門アドバイザーを務め、

都下で犯罪件数ワースト1位であった

足立区の犯罪数を減少させました。

 

現在は、警視庁・愛知県警などの

地方自治体からの要請に

さまざまな場所で防犯講演をされており、

その数は年間500本を超えるようですよ。

 

あのほんわかした雰囲気から想像できませんが、

バリバリのやり手のようです。

 

また、犯罪者に関わる仕事なので、

守秘義務もあるし、

精神的に追い詰められそうすよね。

 

それらをどのように発散されていたのか

そんなところも気になってしまいますが、

あのユーモアセンスにヒントがありそうですね。

出口保行さんの面白いと噂の口癖診断ってどんなの?

出口さんはこれまで

さまざまな人と関わって来たため、

その人の口癖でどのような性格か

分かってしまうようなんです!

 

さすがスペシャリスト!

 

そしてその経験を活かして

「口癖性格診断」というものを作られました。

 

これは口癖を「4タイプ」に分けて、

その口癖を使う人がどんな性格なのかを

診断していくものだそうです。

 

この診断は「当たって面白い!」と

注目を浴びているようですよ。

 

是非みなさんも、

どのタイプに入るか診断してみては

いかがでしょうか??

 

■タイプ1→あいまいタイプ

・口癖「なんか・変な話・何となく・ある意味・良いかもしれない・~って感じ」

・特徴→無責任で普段から逃げ腰な人

 

■タイプ2→理屈っぽいタイプ

・口癖「だから・要するに・つまり・確かに・結局・そもそも」

・特徴→目立ちがり屋で上から目線、ナルシスト傾向の人

 

■タイプ3→自分アピールタイプ

・口癖「すごい・絶対・やっぱり・ありえない・とにかく」

・特徴→他人の意見を聞こうとしない、言葉の印象が強いので気づかないうちに人を傷つけているひと。

 

■タイプ4→おおざっぱタイプ

・口癖「なるほど・ざっくり・ばっちり・雰囲気的には・全然・なにげに」

・特徴→いまいち信用性にかけ、大事な相談をされない人。勢いでその場を乗り切ろうとする。

 

いかがでしょうか。

どのタイプに当てはまりますか?

 

私も考えてみたのですが、

意外に自分の口癖は分からないものですね。

 

んー。考えてみると・・タイプ3でしょうか?

そんな気がします。よく頑固だと言われます。笑

 

「気づかないうちに人を傷つけている!!」

と言われると、痛いですね。

今後言葉に気を付けます。

終わりに

出口保行さんについていかがだったでしょうか。

 

「脱力タイムズ」以外では、

犯罪を減らしたり、

防犯に取り組んでいらして、

かけがえのない仕事をされていましたね。

 

確かに脱力タイムズでも

犯罪のことを話されていますし、

今後はもっとちゃんと聞こうと思いました。

 

これからも出口さんのご活躍

そして「脱力タイムズ」を楽しみにしています。

 

最後まで読んでくださって、

ありがとうございました!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。