東京スカイツリースケートのリンクの広さや混雑は?料金と持っていく物!

hirakata

こんにちは、ハナです。

 
 

冬の娯楽といえば、スキーやスノーボード、そしてスケートではないでしょうか。

 
 

羽生結弦さんら日本フィギュアスケートの活躍もあり、街中に期間限定リンクができ気軽に体験することがでるなど、アイススケートも人気が出てきています。

 
 

今回は東京のど真ん中でできるスケートスポット、東京スカイツリーアイススケートパークを紹介します!

本物の氷を使ったスケートリンクや、雪で遊べるコーナーもあり、小さなお子様からカップルまで、みなさんが楽しめること間違いなしです☆

 

どうぞ宜しくお願いします。

スポンサードリンク

東京スカイツリースケートのリンクの広さは?

引用元:https://report.iko-yo.net/articles/1896

引用元:https://report.iko-yo.net/articles/1896

 

東京スカイツリーのスケートリンクは、東京スカイツリータウン®4階のスカイアリーナにあります。

 
 

広さは、約440㎡(約26.3m×16.8m)。

 
 

明治神宮アイススケート場の60m×30mや、横浜の赤レンガスケートリンクの23m×40mなどに比べると小さいです。

ですので、本格的に滑りたかったり、スピードを出して滑りたかったりする方は、他のところに行かれたほうがいいかもしれません。

スカイツリースケートのリンク混雑具合は?

東京スカイツリーのスケートリンクは、1月上旬から3月上旬までの間、スカイツリーの4階、スカイアリーナにオープンし、朝から夜までスケートを楽しむことができます。

 
 

<<開園時間>>

月曜から木曜は11時から20時まで、

金土日祝日は11時から21時まで

※営業終了の30分前に、受付は終了となりますのでお気を付けください。

※雨などの天候により、休園や開場時間が遅くなることがありますので、事前に東京スカイツリーのホームページで確認しておきましょう。

 
 

続いて混雑具合に関してですが、一番混雑するのは、スケートリンクがオープンする日です。

 
 

オープン時には、有名人のゲストが来ますので、多くの人が集まります(2018年は、本田望結さん姉妹が予定されています)

(その時には、スケートリンクが使用できるのは14時あたりからとなります。)

 
 

その他、学校が冬休みの平日や、休日のオープン前は並んでいることもありますが、実際にスケートリンクに入ってみると、そこまで混雑を感じることはありません。

 

時間帯で多いのは、オープンから14時あたりまでと、夜のライティングが始まってからです。

 

夜のスケートリンクの動画を見ても、全く滑られないと言うほどではなさそうです。

 
 

また、学校の冬休み以外の平日は、あまりお客さんも多くないため、気持ちよく滑ることができます。

 

 

東京スカイツリースケートリンクは、子供やどの世代でも楽しめますが、夜はスカイツリーのライトアップの下滑ることができるため、カップルにオススメのスポットですね☆

また、東京スカイツリーに観光ついでに行っても、「東京スカイツリーの下でスケートした!」という思い出ができますね!

 

横にそびえるスカイツリーを見ながらのスケート、ワクワクしてきます。

スポンサードリンク

スカイツリースケートのリンクの料金や割引情報

通常の入場料金は、大人1600円、子供900円(中学生以下)で、スケート靴のレンタル代込みなのでけっこうお得です。

 
 

また、小さなお子様が安全に遊べるように、プラスチック製のキッズリンクも用意されているので、スケート初めての子供たちも思いっきり楽しむことができます。

 

キッズリンクは利用料500円となっているため、少しだけ体験してみたいお子様にピッタリです。

隣の雪遊びコーナーは無料となっていますので、お母さんたちのお財布にもとても優しいですね♪

 
 
 

さらにこちらでは様々な種類の割引制度があります!!

東京スカイツリースケートリンクの割引
●レディースデー
毎週金曜日は、高校生以上の女性の入場料が、600円引きになります。(本人のみ適用)

 

●学生割引

学生証を提示すると、入場料が200円引きになります。(高校生以上)

 

●東武カード割引

東武カードを提示すると、大人は200円引き、子供は100円引き、の割引サービスを受けることができます。(同伴者一人まで)

その他にも割引制度がありますので、電車の切符や、スカイツリー入場券などは捨てずにとっておきましょう。

 

●カップル限定!バレンタイン割引

カップルの方は、バレンタインデー期間(2月8日から14日まで)は2人で2000円ととてもお得なので、心身共に温まるデートコースにいかがでしょうか?

スカイツリースケートに持っていく物!

スケートに必ず持って行かなくてはいけないもの、それは手袋です。

 
 

スケート靴は先がとがっていて大変危険で、転んでしまった際に手をつき、その上を他の人が走ってしまうと大きなケガをしてしまいます。

そのような事故を未然に防ぐために手袋は必ず着用しましょう。

 

スカイツリースケートパークでも手袋の着用は必須です。

 
 

もし忘れてしまった場合は、会場で300円で購入することもできますのでご心配なく☆
(もしくはソラマチに入っているダイソーで購入することもできます。)

 
 

また、小さなお子様は、雪遊びコーナーでびしょ濡れになってしまう可能性もあるので、しっかりと着替えを用意していきましょう。

終わりに

スカイツリーの観光だけで終わらすにはもったいない今シーズン。

ぜひスケートにも挑戦してみてはいかがでしょうか。

今年の冬は少しアクティブに観光してみましょう!!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。