正月の鏡開きはいつするの?関西なら?方法は?鏡餅の簡単な食べ方は?

kagamimochi

kagamimochi
お正月が過ぎ、お供えした鏡餅を取り払いますよね。

鏡餅を飾るのは、歳神様にお供えしたものなので、
せっかくならば鏡開きに、正しい方法で行いたいものです。


そこで今回は、
鏡開きの日にちと、風習にのっとった方法をお伝えします。

さらに、開いた後に、
我が家で簡単に調理する方法もご紹介します。

スポンサードリンク
  

正月の鏡開きはいつするの?関西なら?

お正月の鏡開きの日にちは、地域によって違います。


関西は、1月15日または、20日です。


関西の中でも、京都の場合は、
正月の三が日後の、1月4日となっています。

これは、三が日までが、正月なので、
1月4日には供え物をおろすという昔ながらの風習が
根強く残っていることからです。

さすが京の都、ぶれません。

ちなみにいうと、関東は1月11日です。


この差は、
さかのぼること江戸時代の、
徳川吉光が亡くなった日に深く関係があります。

理由は、こちらの記事をご覧ください。
→初詣はいつまで行ってもいいの?松の内はいつ?期間をすぎてもいい?

正月の鏡開きの方法は?

鏡開きの風習は、もともと武家社会で生まれました。


武家社会において、刃物は人を斬るための道具であり、
また切腹を連想させます。

ですので、
歳神様をお迎えするために飾った鏡餅を、
刃物で切るということは、大変失礼だとされています。



では、どのような方法が良いとされるのか?というと、

手や木槌で割ることです。


近年では、真空パックに入った鏡餅もありますね。

スポンサードリンク

それは、そのままでは手や木槌で割れないので、
レンジで柔らかくして、
(儀礼にのっとるなら)手で割いて下さいね。

※やけどに注意!


ちなみに、「切る」とか「割る」という言葉も、
本来であれば使われません。



そういう行為を、この風習では、
「開く」というのです。

そこから、
「鏡開き」という言葉が生まれたとも言われています。

鏡餅の簡単な食べ方

12月の末に飾った鏡餅は、パックに入っているものでなければ、
鏡開きの時にはカチカチになっていることも多いですよね。


そんな時の簡単な食べ方をご紹介します。


我が家でも、
ホームベーカリーの餅つき機能を使って鏡餅を作りますので、
鏡開きの時には、カッチカチにほぼなっています。


そういう餅って、
焼いて膨らんでも、外側はおいしくないし、
少し簡単に手を加えて調理した方がおいしく、食べやすくなります。



だからと言って、
お汁粉は子供も旦那も食べなくて、
結局私だけが食べて正月太りまっしぐら!

それは避けたいので、
我が家でする鏡餅の調理法は・・・

鏡餅を細かく開いて(切るか、割って)、

油で揚げて

塩や砂糖や青のりをまぶす



そう、アラレにするんです。


揚げたてはとてもおいしくて、
子供も旦那もパクパク食べていますよ。



市販のアラレは、餅が原材料なので、
それを手作りするという感じです。

フライパンに1センチくらいの油の量でもできるので、
調理法に困ったらぜひお試し下さい!

まとめ

ウン十年前の私の幼少時代には、
お正月が過ぎ、久しぶりに餅を食べる、この鏡開きがとても待ち遠しかったです。

このような風習、いつまでも日本に残ってほしいですね。

スポンサードリンク

我が家の子供たちにも、ちゃんと伝承していこうと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。