節分に豆を食べるのはなぜ?豆の種類は?落花生なら数え方は?

setsubun_kodomo
setsubun_kodomo

節分の時には、「鬼はー外!」「福はー内!」って、
豆を投げますよね。


でもどうして、投げるのは「豆」なんでしょう、
また、どうして投げた豆を食べるのでしょう・・・。



そこで今回は、
節分に投げるのがどうして豆なのか、
また、投げた豆を食べる理由をお伝えしていきます。


子供が「豆イヤ!」って言った時には、
豆のように噛み砕いて教えてあげてくださいね。

スポンサードリンク
  

節分に豆を食べるのはなぜ?

そもそも節分に豆を投げるのは、
いくつかの諸説があり、
その中の2つをご紹介します。


1、節分に豆をまくのは、
中国の風習が伝わったものとされ、

豆→「魔滅(まめ)」から来たものです。


この「魔滅」には無病息災を祈る意味があります。


そのために、季節を分ける「節分」の日には、
明日からの春の始まりのために厄や災難をはらい、
無病息災を祈るために豆をまいたと言われています。


2、日本では、京都の鞍馬に鬼が出た時に、

大豆を投げつけたところ、鬼が退治でき、
「鬼が豆を嫌う」という逸話から

豆を投げるようになったのだと言われています。



また、節分で投げた豆を食べる理由は、
豆で厄をはらったものを頂くと、厄ばらいになる言われるためです。

豆をまいて厄をはらえていも、
自分自身が力を得ることはできないので、

それを食べて厄をはらう力を得ることができるのです。



難しい考え方ですが、
食べ物を捨てるのはもったいないので、
現代においては理にかなっていますね。

節分の豆の種類は?

節分の時に投げる豆の種類は、
大豆ですか?落花生ですか?

これは、東北より以東と、
以南で分かれているのはご存知でしょうか?



東北より以東だと、落花生を投げ、
以南だと炒った大豆を投げるのが主流となっています。



東北より以東の地域が落花生を投げる理由は、
「拾いやすく、片付けるのが簡単」だからという、
意外にも単純な理由なのです・・・

スポンサードリンク



確かに、大豆は形が崩れて散らばるし、
隙間に入っていくので掃除がしにくいですよね。



って、理由で、
実は関西に住んでいる私も落花生派です。


しかも、関西に移り住んできて、
スーパーに大豆しか置いてないので
普通の棚にある落花生を買っています。


あと、鬼退治した後に、子どもが食べることを考えると、
「じゃり豆」のような個包装に入った豆を買うこともありましたよ。

これだと、子どもが食べるなら安心ですよね。

節分の豆で落花生なら数え方は?

節分に投げる豆が落花生だと、
1殻に2粒の豆が入っているため、

投げた後に食べる時に、

「何個食べればいいんだ?!」

と疑問に思いますよね?



もともと落花生を投げるのが主流の、
東北より以東の方によると、

1殻で1粒

なんだそうです。

豆を食べるのが苦手な人には、
けっこう苦行ですよね。


でもそこは、
バターで炒めたり、塩をまぶしたりして味を変え、

節分の最後の仕上げである
「豆を食べて厄を払う力をつける」を完了させましょう。

まとめ

これまでは、ただ鬼を追い払うために投げていた豆も、
「厄を払う」という大切な意味があることを知ると
投げる手にも力が入りますね。

スポンサードリンク

子供にもわかりやすく教えてあげ、
節分を楽しみましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。