かかとの乾燥の原因は?対処と日々のケア方法でガサガサかかと卒業!

body_ashi

body_ashi
冬になると、かかとが乾燥してガサガサ。

時々痛みを感じることもあるという人もいますよね。


実は私も過去はそうでして、
ストッキングやタイツが太もも辺りに
伝線がたくさん入っていました。


でもここ数年は、きちんとケアして、
そんなこともなくなりました。


今回は、かかとの乾燥の原因を知り、
かかとがガサガサするのを防ぐケア方法
をお伝えします。

スポンサードリンク
  

かかとの乾燥の原因は?

かかとは、顔や体の皮膚と違って、皮脂腺がなく、
油分が不足しがちです。

だから、体の中で、とくにかかとは乾燥しやすい部位です。


冬には、ホットカーペットや床暖房の上を歩いたり、
その上に立ったままでいることもありますよね。

また、冬は空気中も乾燥しやすい季節です。


そうすると、かかとは乾燥しやすくなります。


また、かかとは、歩行の時に体重がかかり、
角質が厚くなってしまいます。

さらに、女性では特に、生理によりホルモンバランスが崩れると、
肌の新陳代謝も悪くなるので、角質がより固くなる傾向があるのです。

つまり、
歩行による加重とホルモンバランスの崩れによって角質の厚さが増し、
そこに乾燥が重なって、
ひび割れや皮むけなどのガサガサのかかとが形成される
というわけです。

かかとの乾燥どうやってケアする?

原因が分かったところで、
かかとの乾燥を防ぐためのケアの方法をお伝えしていきます。


◆乾燥に対して

・部屋の保湿をする(濡れタオルをかけておいたり、加湿器をつける)

・室内でも、保湿クリームを塗って、靴下をはいておく

 (寝る時に靴下をはくのは、
  寝てるときにかいた汗が冷えて、風邪の原因になるので、
  専用の物以外は、私はあんまりお勧めしません。)



◆かかとの角質に対して

・お風呂に入った時に、軽く軽石でこする

 (強くこすると皮膚を傷つけたり、
  ひび割れを助長する可能性があるので避けてください)

・古くなった皮は無理にはがさず、そのままにして、
 新しい皮膚が出来た時にしっかりケアする

・ビタミンなどの栄養と睡眠をしっかりとり、
 ホルモンバランスを整えるようにする



以上のことは、
毎日続けるというのは難しいかもしれませんが、
できるだけ毎日続けていくことにより、
かかとの乾燥に対処できます。

スポンサードリンク

かかとの乾燥におすすめなケア法

私もかかとがガサガサで、
先にも書いたように、ストッキングやタイツは、
太ももの所が伝線しまくっているんです。(今でもそれをはいているというw)

保湿クリームを塗ったり、靴下をはいて寝たりしていまして、
ガサガサは治ったけど、白いしわみたいのは消えませんでした。


だけど、
「かかとちゃん」を使ったら、
ガサガサも白いしわもなおりきれいになりました。


初めは窮屈に感じるかもしれませんが、
毎日履いていると、慣れてきます。

しかも、かかとがきれいになっているので、
もう冬には手放せません。


私のおすすめは、
お風呂上りに間髪入れずに保湿クリーム(私はニベア缶)をたっぷり塗って、
すぐに「かかとちゃん」をはくこと
です。

そうすると、
水分や油分を逃さず、保湿してくれています。


そういえば、
軽石を使って角質を取り除くことも少なくなりました。



モデルの梨花さんも自分の本で紹介していたし、口コミも良かったので、
即買いしましたが、とても効果があると感じましたよ。

一度口コミなどをのぞいてみてください。

まとめ

かかとの乾燥は、靴下をはくときに毎日気になりますよね。

だけど、毎日ケアしていくと、
効果は現れますよ。

美は一日にしてならず!
コツコツお手入れしてガサガサかかとを今年こそは卒業しましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。