全国女子駅伝2018のテレビ放送局やスタート時間は?去年2017の結果!

099d059ff7bafca519683ec28f2f5957_s

こんにちは、ハナです。

 
 

毎年1月に開催される都道府県別対抗の駅伝大会、

皇后杯全国女子駅伝が楽しみですね。

 
 

各都道府県ごとに、プロ、アマチュア、学生、の混成チームで戦われ、

毎年自分の出身地の応援に必死になってしまいます。

 
 

特に昨年2017年は、吹雪の中のレースシーンもあり、

応援にめちゃくちゃ気合が入りました!

 

今年もどんなドラマが待っているでしょうか。

 
 

今回は、2018年の全国女子駅伝大会を見逃さいないために、

テレビで見る時の放送局や放送時間、スタート時間についてまとめました。

 

どうぞ宜しくお願いします!

スポンサードリンク

全国女子駅伝2018のテレビ放送局や時間は?

引用元:http://www.womens-ekiden.jp/

引用元:http://www.womens-ekiden.jp/

 

毎年NHK総合でテレビ中継が行われている全国女子駅伝大会は、

2018年も同じくNHK総合で放送されます。

 
 

2018年は、

2018年1月14日(日)

となります。

 
 

テレビでの放送は、

12:15から15:10まで

放送開始されます。

 
 

これは、レース開始の15分前となっています。

 
 

テレビ放送スタートから、駅伝のスタートまでは、

これまでの大会の様子や見どころ、スタート前の

選手の表情がのぞけることでしょう。

 

緊張感が伝わってきそうです。

 
 

レース中は、実況アナウンサーと元ランナーのゲストに

解説もありますので、

選手が今どのような気持ちで走っているのか、

コースの特徴などを交えながら臨場感たっぷりに届けてくれます。

 
 

レース全体は、大きなアクシデントがない限り、

約2時間20分から2時間40分くらいで終わりますので、

レース終了後は、選手や監督のインタビューなども見ることができるでしょう。

 
 

スタート前から一転、選手たちの喜びや安堵した表情、

または、悔しがる場面もあるかもしれません。

 

ここもまた、グッと来るポイントなんですよね!

スポンサードリンク

全国女子駅伝2018をテレビで見られない場合

もし、全国女子駅伝2018をテレビで見られない場合には、

ラジオ放送やインターネットでのライブ配信もあります

 
 

特に、インターネットでのライブ中継では、

「1号車」「2号車」「バイクカメラ」「中継所」の、

4つのチャンネルから自由に選択できるので、

テレビで見るよりも臨場感が味わえて、おもしろいかもしれません。

 
 

●インターネットテレビの公式アプリダウンロード

Android版(GooglePlay)

iPhone版(AppStore)

 
 

ラジオでも聞ける!

また、ラジオでは、実際に選手が走る様子は見られませんが、

アナウンサーやゲストによる解説がありますので、

やむを得ずテレビを見られない場合でも、聞いてみてはいかがでしょうか。

 
 

●ラジオの放送局

NHKラジオ第一

 

●放送日時

2018年1月14日(日)

12:15~

 

●視聴方法

・無料サイト

NHKラジオ らじる★らじる

 
 

・インターネットアプリ『NHKラジオ らじる★らじる』

Android版(GooglePlay) 

iPhone版(AppStore)

 
 

・インターネットアプリ『radiko.jp(ラジコ)』

Android版(GooglePlay)

iPhone版(AppStore)

 
 

注意 ★インターネットテレビ、インターネットラジオを使用される場合には、
通信料金がかかります。使用は全て自己責任でお願いします。

 

全国女子駅伝2018のスタート時間は?

先程も少し触れましたが、

 

レース開始は

12:30

です。

 
 

もし、悪天候の場合には、当日の午前11時ころまでに

大会が開催されるかどうかアナウンスされるようです。
 

ekiden1
 
 

昨年は雪がひどく、レース直前まで大会開催が危ぶまれていましたが、

大会スタッフの賢明な除雪作業のおかげで無事に開催されました。

 

昨年は選手たちも寒い中トレーニングを続け、

また沿道の応援の人たちも首を長くして待っていましたので、

無事に開催されて良かったです。

全国女子駅伝の見どころ

皇后杯全国女子駅伝大会が始まったきっかけは、

1983年(昭和58年)、ロサンゼルスオリンピックで女子マラソンが正式種目として採用される前年に、日本女子陸上競技の中・長距離ランナーの育成強化をめざして創設されました。

引用元:http://www.womens-ekiden.jp/about/about.html

 

今年2018年で36回目を迎え、過去の大会には、

マラソン金メダリストの高橋尚子さんや野口みずきさんなど

多くの著名なランナーも走ったことがあります。

 
 
 

コースは?

舞台は京都市、42.195kmを9区間に分けて競いあいます。

 
 

その各区間ごとの、距離とコースは次のようになっています。

第1区(6キロ) 西京極陸上競技場~平野神社

第2区(4キロ) 平野神社前~烏丸鞍馬口

第3区(3キロ) 烏丸鞍馬口~丸太町河原町

第4区(4キロ) 丸太町河原町~北白川山田町

第5区(4.1075キロ) 北白川山田町~国立京都国際会館前

第6区(4.0875キロ) 国立京都国際会館前~北白川別当町

第7区(4キロ) 北白川別当町~丸太町寺町

第8区(3キロ) 丸太町寺町~烏丸紫明

第9区(10キロ) 烏丸紫明~西京極陸上競技場

 

見どころ①

この中での一番の見所は、様々な世代の代表の

走りを見ることができることです。

 
 

3区と8区の3kmは、中学生ランナーが走る区間であり、

大人からタスキをうけた中学生が必死に走る姿がたくましく感じます。

 
 
 

また、その他の区間は、高校生、社会人が走りますが、

殆どの区間にアップダウンがあるので、競り合いが見られたり、

きついながらも一生懸命走る選手の姿がとても見ごたえがあります。

 
  
 

特に、最後の第9区は10kmありますので、

ここでの追い込みを見ることができることも、

この大会の醍醐味の一つです。

 
 

また、高橋尚子さんや野口みずきさんのように、

中長距離の強豪選手が参加するかもしれません。

 

そのときには、彼女たちのプライドをかけた戦いも

見逃すことができませんよ。

見どころ②

全国女子駅伝大会のもう1つの見どころは、

『ふるさと制度』です。

 
 

大学への進学や就職によって、出身地を出てしまった選手も

条件を満たすと、自分の出身地の選手として出場することができます。

 

他の駅伝大会であれば、所属するチーム(学校や会社など)として

出場するため毎年同じような結果ですが、この全国女子駅伝大会が違います。

 

今年はどのような選手が走るのか楽しみですね!

全国女子駅伝大会2017年の結果

昨年2017年の結果は、

1位京都(2時間17分45秒)

2位岡山(2時間17分47秒)

3位千葉(2時間18分24秒)

という結果でした。

 
 

京都は3年ぶり16度目の優勝で、やはり地元の強さを

見ることができるレースだったと思います。

 
 

2018年の大会ではどのようなレースを見ることができるでしょうか。

終わりに

自分たちの出身地の代表としての誇りを胸に、

選手は全力で京都の町を駆け抜けます。

 
 

あまり陸上に詳しくないという方も、

自分の出身地を応援できるので

みんなで盛り上がること間違いなしです!

 

全国女子駅伝を楽しみましょう!

都道府県対抗駅伝の関連記事
翌週1月21日は、男子都道府県対抗駅伝です!

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。