遠藤秀紀(動物解剖)は東大教授!経歴や年齢は?結婚して妻や子供はいる?

936385bf3f5eb903ed9cb60be88b9c42_s

こんにちは、ハナです。

 
 

12月6日のテレビ番組「クレイジージャーニー」に、

遠藤秀紀(えんどうひでき)さんが出演されます。

 
 

「クレイジージャーニー」は、深夜帯でありながら、

視聴率が高くて人気の番組というだけあって、

毎回身近にいないような尋常じゃない人が登場して

驚かされますね。

 
 

遠藤秀紀さんもその1人。

 

動物の死体をひたすら解剖し、

進化の謎に迫る熱血科学者なのです。

 
 

今回は、そんな遠藤秀紀さんのプロフィールや

経歴などを調べてみました。

 

一体どんな方なのでしょうか。

 

どうぞよろしくお願いします!

スポンサードリンク

遠藤秀紀さんのプロフィール

引用元:http://www.wasedajuku.com/channel/good-professor/detail.php?professorid=659

引用元:http://www.wasedajuku.com/channel/good-professor/detail.php?professorid=659

 

生年月日:1965年4月21日

年齢:52歳

出身:東京都上野

 

遠藤秀紀さんの経歴

1991年:東京大学農学部獣医学科卒業

1992年:東京大学大学院農学系研究科獣医学専攻博士課程中退

1996年: 博士(獣医学)取得

1992年~2005年:国立科学博物館動物研究部研究員

2005年~2008年:京都大学霊長類研究所教授

2008年~現在:東京大学総合研究博物館教授

 
 

遠藤秀紀さんは、人呼んで「解剖男」。

 
 

毎日のように何かを解剖し、

寝ている時以外はいきものの遺体のことばかり

考えているそうです。

 
 
 

ある動物園から動物が死んでしまったという連絡が入れば、

夜中であってもすぐに引き取りに行き、作業開始。

 
 

多摩動物公園の象の「タマオ」や

上野動物園のパンダ「フェイフェイ」、

他にもイヌ、サイやアリクイ、ラッコなどなど、

遺体を無制限にひたすら集め解剖。

 
 
 

単純に考えると、正直少し恐ろしいという気持ちになりますが、

遠藤秀紀さんがここまでする理由については

あるインタビューでこのように語られていました。

どの遺体から思わぬ発見があるかわからないし、数を増やすことで信頼性を高めることにもつながりますからね。そして、集めた遺体や骨を博物館や研究施設に収蔵できる形にして、未来の人たちに引継ぐんです。
これが私の言う「遺体科学」。後世に数多くの動物の遺体を残していくなど、その言葉には私なりの新しい考えを持ち込んでいるわけです。

http://s-park.wao.ne.jp/archives/143

 
 

このような地道な研究から、

ジャイアントパンダの『第7の指』の発見者となり、

世界の研究者を驚かせたこともあるそうです。

 
 

パンダに関して、遠藤秀紀さんが書かれた著書がこちらです。

 

遠藤秀紀さんが解剖に目覚めたきっかけ

遠藤さんの解剖の日々につながるのは、

幼い頃からの解剖への興味。

 
 

小学3年生のときには、死んだ金魚をハサミで切り刻み、

金魚の身体を動かす仕組みを確かめたのだとか。

 
  

それに加えて、動物の美しい姿、生物の進化への興味から、

動物の解剖へと進んでいったそうです。

 
 

サイコパスとも言われそうですが、

しっかりとして信念があり、動物への愛情を感じます。

 

(でも自分の子供が解剖していたらと思うと、

やっぱり少し、ぞっとするかも)

 
 
 

また、動くものにも関心を示し、乗り物が大好きの様子。

 
 

特に鉄道にはかなり関心があるようで、

「鉄道マニア」な一面もあります。

 
 

2016年3月には、QBG北海道新幹線プリンの、

裏面の監修をしたそうですよ。

引用元:https://twitter.com/QBG_alfa/status/707114780750774272

引用元:https://twitter.com/QBG_alfa/status/707114780750774272

 

興味や趣味はとことん突き詰めるタイプの方

という印象ですね。

スポンサードリンク

遠藤秀紀さんは結婚して妻や子供がいる?

遠藤秀紀さんがご結婚されて

奥様や子供さんがいるか調べてみたところ、

結婚はされて奥様がいるようです。

 
 

SNSでもインタビューでもあまり私生活がわからないのですが、

唯一「結婚前夜にパンダのX線をとっていた」ということを

いわれていたので、間違いないと思われます。

 
 

結婚前夜にやることとしては、

やはり逸脱していますね^^

 
 
 

奥様のことや馴れ初めについては、

まったく情報がありませんでした。

 
 

好きなことに没頭し、突き詰めてきた方なので、

その研究の過程で知り合われたのかなと想像します。

 
 
 

子供については、情報はありませんでしたが、

個人的に想像すると、子供がいたりすれば

子供に夢を持たせてあげられる父親でありそうです。

おわりに

12月6日の「クレイジージャーニー」では、

バクの解剖や遺体科学について放送があるようです。

 
 

普段は見たいと思わない光景だけど、

ちょっと覗いてみたい世界でもありますね。

 

番組が楽しみです。

 

では、最後まで読んでくださって、

ありがとうございました。

 

こちらの記事も現在よく読まれています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。