ひな祭りの雛人形の意味は?雛人形いるの?写真だけならスタジオもおすすめ

001082_li

001082_li
娘の節句、ひな祭りは大切にしてあげたい行事ですよね。

だけど、雛人形って必要なのかな?

雛人形って高いし、場所取るし・・・


現代では、そう悩むご家庭も多いようです。


そこで今回は、
そもそも雛人形を飾る意味と、
雛人形が必要なのかをお伝えします。


実は私も娘がいますが、初節句の時は悩みました。

2章、3章は私の体験でもありますので、
興味がございましたら、参考までに読んで下さい。

スポンサードリンク
  

ひな祭りのひな人形の意味は?

ひな祭りはもともと中国から伝来した行事で、
中国では、3月の初めの巳の日に、厄払いをされていました。

それが平安時代以前に日本に伝来し、
厄払いの道具として人形(ひとがた)が使われ、
自分の役を人形に託し、それを水に流すようになりました。
(→流し雛のゆえんです)


この人形が雛人形の元とされ、
徐々にこれが、子どもに訪れる災難や不幸を、
雛人形に身代わりになってもらうという意味
になったのです。


つまり、
雛人形は、
子供が受けるはずだった厄を身代わりに引き受ける
「お守り」としての役目を果たしているのです。



災難や不幸を早く片付けた方がいいという意味で、

ひな祭りが終わったら、
すぐに雛人形をしまった方がいいと言われているのも、
このことに由来するのですね。

けして、婚期が遅れるというわけではないようです。

ひな人形いるのかいらないのか?

雛人形は、上述のように、
昔から伝わる風習の形でもあります。

だから、風習にこだわらなければ、
雛人形は必要ありません。



だけど、
風習に少しでもひっかかるところがあるならば、
高額で場所を取るようなものである必要はありませんので、

ちりめん細工や和紙で作った小さなお雛様を
娘様専用のお守りとして贈ってあげて下さい。


そういうものであれば、小さくて、
数千円で買うことができますよ。

スポンサードリンク



私もそんなに風習にこだわりはありませんが、
人形があったらいいなあと思っていたら、
義姉のを頂くことができました。

また、母にもらったお祝いで、
5,000円位の手のひらにのるような小さな雛人形を娘に買いました。

 
 

それと、
ひな祭りの日には、家で温かくお祝いをしてあげたり、
「健やかに育ってほしい」と言葉にして伝えてあげています。



ひな祭りの本来の意味とは違うところもあるけれど、
我が家なりのやり方で納得してやっています。

ひな祭りの写真だけならスタジオでもおすすめ

ひな祭りって、女の子の節句として、
母親なら特に、特別な思いもありますよね。


風習にはこだわらないけど、
雛壇には憧れてしまう・・・



そんな思いはありませんか?


それならば、
お雛様と一緒に写真を撮るのがおすすめです。

そういう時に便利なのが、
写真スタジオです。

一部の写真スタジオには、
雛壇と共に写真を撮ることができるショップがあります。


私の娘の場合は、
0歳の時にスタジオアリスで雛壇の前で撮りました。

「スタジオアリス」では、
大きな雛壇の前で、衣装を羽織り、
写真を撮ることができます。


綺麗な写真で残せるし、
着物を着た娘もまだ赤ちゃんですが、
とてもかわいいです。


撮影時はちょうど6か月だったので、
別の衣装を着て、
「ハーフバースディ」記念も撮りましたよ。

自宅のカメラでは撮れないような衣装と、
綺麗な写真でとても素敵な思い出の品となりました。

スタジオアリスの公式ホームページ


母親としては、大きな雛壇を買ってあげたいけど、
金銭的にも大きさ的にも難しいという場合は、
風習にこだわらず、こういうのもいいのではと感じますよ。

スポンサードリンク

まとめ

雛人形にも意味はありますが、
たとえなくても、親としての娘に対する想いは変わりません。

雛人形にこだわり過ぎて悩むより、
娘様のことを考えてひな祭りを大事に過ごすといいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。