花粉症でも洗濯物は外に干したい!夜なら外でもOK?便利グッズを使いこなそう

thumbnail_sentaku_hosu
thumbnail_sentaku_hosu

花粉症の症状、大丈夫ですか。

鼻水や涙目で本当に辛い時期ですよね。


私も軽い花粉症で悩ませれて、数年、

外は春めいていい季節なのに、
気持ちが憂うつになってしまいます。


そんな生活の中、
洗濯物が部屋に干してあると、
部屋がごちゃごちゃして、それでまた憂うつになったり・・・

外が晴れている時は、洗濯物を外に干したいですよね。


そこで今回は、
花粉が飛び回る時期でも洗濯物を外干しする時の
工夫点をお伝えしていきます。

おひさまのにおい、味わいたいですね。

スポンサードリンク
  

花粉症で洗濯物を外に干したいなら?

花粉が飛び回る時期に、
洗濯物をそのまま外に干すことは、
花粉が自由にくっつきやすい状態ですね。


だから本当だったら避けたいのですが、
晴れた日には、日光の下で乾かしたいと思うものですね。


そんな時には、

できるだけ花粉が付かないような便利グッズを使ったり、
花粉の量が少ない時間帯を選んで干したりと、

衣類に花粉がつくことを軽減するように
工夫をしてみましょう。

花粉症で洗濯物を外に干すときの便利グッズ

洗濯物を、外に飛び回っている花粉から避けるには、
洗濯物にビニールをかけたり、
大きな布(平シーツのようなもの)をかけるのも効果的
です。


上着であれば、ハンガーにかけて、
45リットルの袋を上からかけ、
下を重石代わりに洗濯ばさみで止めてください。



また、大きな布であれば、
ハンガーをかけた物干しざおの上から、
すっぽりかぶせて、
下を重石代わりに洗濯ばさみで止めてください。


ビニールであれば、取り換えが効きますし、
大きな布であれば、それ自体を洗うことができておすすめです。



でも、ちょっと通気性が気になるということであれば、
こういう市販のグッズもありますので、試してみるのもいいですね。

こちらだと、雨除けにもなり、
1年中使うことができますよ。



ただし、この方法でも、
風が強い日は、下からの吹きあげで、
チリ花粉が舞い上がり、かぶせ物の下から入ってきます。

だからその時は、
部屋干しすることも考えて下さいね。

また、かぶせ物をした場合でも、
タオルやハンカチなど、
直接顔に付けるものは、花粉を吸いこむ可能性が高いので、
部屋干しするのをおすすめ
します。

スポンサードリンク

花粉症で洗濯物を夜なら外に干しても大丈夫?

花粉って、気象条件が一定の場合であれば、
その量が少なくなる時間帯があるのをご存知ですか。


毎日天気が変わる上、
気象条件が一定という条件があるので、
一概には言えませんが、

花粉は早朝から飛散し始めて、
時間が経つほどに増えていきます。


そして午前中から午後3時までは、
飛散量がピークを迎えるのです。


また、さらに、

夕方も、空気中に舞い上がっていた花粉が、
地面に落ちてくるので油断はできません。

そしてその後に、
花粉の飛散は少なくなり始め、
深夜から早朝にかけて日中よりも少なくなるのです。


だから、
洗濯物を外に干すのならば、
深夜から午前中の早い時間がおすすめです。



これじゃ、
日光に当たらないじゃないか!と思いでしたら、

カバーをかぶせて深夜から干し、
午前中の早い時間に取り込むといいですよ。



早朝までは半乾きでも、
天気が良く気温が上がれば、
お昼近くになると乾いているでしょう。

補足するならば、
深夜でも花粉の量がゼロというわけではないので、
ビニールやシーツをかぶせたり、
とりこむときは、バタバタとはたくなどの行動は必要です。

スポンサードリンク

まとめ

外干しでもグッズを使ったり、時間帯を考えればできますね。

でも、それでも症状がひどく出る時は、
「この時期だけは部屋干し」という選択肢もありますので、
割り切って部屋干しすることをおすすめします。

やはり症状が出ないに越したことはありませんよね。


◆関連記事
花粉症なら洗濯物は部屋干しが最適!でも乾かない!臭い!対策は?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。