服についた花粉の取り方は?掃除機もOK?服につかないための対策

kafun_kusyami
kafun_kusyami

花粉症の季節、
鼻がぐずぐず、頭がぼーっとするなど、
症状がきついと本当に辛いですよね。


体調は大丈夫ですか。

外から帰ってきても、
症状が治まらないことはありませんか。


もしその時は、
外から帰った時に、服を払ってみてください。

もしかしたら、
外の花粉を家に持ち込んでるかもしれませんね。


そこで今回は、
外からの花粉をガードする方法や、
服に花粉が付くのを予防する方法をお伝えしていきます。


少しでも症状が和らぐように、
お役にたてると嬉しいです。

スポンサードリンク
  

服についた花粉の取り方は?

外出すると花粉が服につきますね。

その花粉は、
家に着いたら玄関先でできるだけ除去しましょう。



服についた花粉の取り方は、
玄関で服を取り換えるのが一番いいのですが、
部屋の構造や寒さがあるので、それは難しいですよね。


そんな時には、次の2つの方法をお試しください。


・手やハケで払う

肩や腕をはじめ、袖やコートの裾やふくらはぎ・・・

静電気が起こる場所は、花粉が付きやすいので、
服が重なり合ったり、カバンがこすれたりするところは、
重点的に行ってください。



また、髪の毛やマフラーなどの小物もお忘れなくです。


ポイントは、ゆっくり払うこと。


勢いよくバサバサッと払うと、
花粉が舞い上がり、
また服についたりそこらじゅうに広がりますよ。

そして、最後に手をしっかり洗って下さいね。


・コロコロを使う

手やハケで落とせなかった花粉を、
テープでくっつけて取り除きます。

服の繊維やほこりや花粉が付きすぎると、
粘着力が弱くなるので、
テープは1回使うごとに交換して下さいね。

スポンサードリンク

花粉が服についたら掃除機で吸ってもいい?

服についた花粉を落とすなら、
掃除機で吸う方が簡単に出来そうですよね。


だけど、よく考えてみてください。


掃除機で吸った空気って、
掃除機の後ろから排出されますよね。


その時に、花粉も一緒に排出され、
部屋中に広がってしまう可能性もあるのです。

だから、
服についた花粉を取り払う時は、
手やハケ、そしてコロコロをお使いくださいね。

花粉が服に付かないようにする対策

外に出れば、花粉は嫌でも飛んでいるのですが、
その花粉が服につかないようにするため対策をしておくと、
家に持ち込む量も少なくなります。

その対策とは、いくつかありますので、
次からご紹介します。


・静電気防止スプレーをこまめにかける

花粉は静電気で吸い寄せられ、
服に付きやすくなるので、

あらかじめ静電気防止スプレーをかけておきます。


外にいる時に着るコートや、
静電気が起きやすいセーターやフリースなどには
特にスプレーしておきましょう。


・花粉対策コートを着る

外はまだ肌寒いので、コートを着ますよね。

それを「花粉対策コート」に変えます。


花粉対策コートは、
花粉をつきにくく、落としやすくする効果があります。


デザインも、ださいわけじゃなくて、
普段に着れるモッズコートやトレンチコートなど、
おしゃれなのもありますよ。

ぜひお試しくださいね。



・柔軟剤を使う

何度か書きましたが、花粉は静電気に吸い寄せられて、
服にくっつきます。


だから、
静電気を防止する効果がある、柔軟剤を使うことで、
服に花粉がつくのを抑える効果が見込めます。

まとめ

花粉って目に見えないので厄介ですよね。

外で着いた花粉を少しでも落とし、
家の中に持ち込まないようにして、
症状を和らげられるようにしたいですね。

また、服に付かないような工夫も試してみてくださいね。

どうぞお大事になさってください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。