すねが乾燥して粉ふいている時の対処法は?おすすめのクリームや対策

dscf3206-edit_tp_v1
dscf3206-edit_tp_v1

冬になると、乾燥してすねが粉ふくこともありますね。


かゆくなっていませんか?

タイツを脱いだ時、皮膚がハラハラ~っと落ちて、
どうにかしなきゃっですよね。


そこで今回は、
すねが乾燥して粉ふくときの対処法をお伝えしていきます。

最後には、
粉ふいてしまう原因も書いていますので、
予防も行っていきましょう。


この記事が少しでも
あなたのお役にたてると嬉しいです。

スポンサードリンク
  

すねが乾燥して粉ふいている時の対処法は?

もうすでに乾燥して粉ふいている状態であれば、
しっかり保湿クリームを塗って乾燥を抑えましょう

できれば、
お風呂上りにはすぐに塗った方が効果的です。


なぜなら、

お風呂上りの皮膚は、お風呂で水分や脂質を取られ、
乾燥がどんどん進んでいる状態だからです。


また、
その時の皮膚は、他の時と比べて、
クリームの成分を吸収しやすい状態でもあります。


つまり、
保湿クリームを使うなら、
お風呂上りが一番効果があるということです。

ポイントは、
しっかり塗るです。


手にクリームをつけて、
さらっとすねを撫でるのではなく、
マッサージをするようにしっかりなじませてくださいね。

そうすることによって、
肌への浸透もよくなります。

もし、時間が許すならば、
その上にラップを巻いて、さらにその上から温タオルを巻き、
5分ほどパックしておいてください。

そうすると、
さらにすねが潤ってきますよ。

時間があれば、お試しください。

スポンサードリンク

すねの乾燥におすすめのクリーム

クリームと言っても、
たくさんあって迷いますよね。


ここでは、
薬局で買えるようなおすすめの保湿クリームをご紹介します。


・オロナイン

切り傷や軽いやけどに効果的なオロナインですが、
ひびにも使えるんですよ。

お風呂上りにすねに塗ることで、
保湿効果を発揮します。


少しべたつきや特有の臭いがありますが、
気にならない方にはおすすめです。


すねだけじゃなくて、
全身に使えるので、便利ですよ。

チューブタイプもありますので、
持ち運びもできます。



・ニベア

保湿クリームと言えば、ニベアの青缶が有名ですよね。


私も実際に、
手やすねや腕に使っています。

少しべた付きはあるけど、
それが「効いてる~」って感じですね。


粉がふいてしまってるほど乾燥している場合は、
翌日には治っているということは難しいですが、
毎日お風呂上りにしっかり塗っていきましょう。


ニベアにも、チューブタイプもあって、
外出した時に、トイレとかでそっと塗れますよ。

また、ニベアはバリエーションも豊富で、
ニベアプレミアムボディミルクのような、
べた付きが少ないタイプもあります。

img_20161201_145016_20161202083346


・ユースキンI(アイ)

もしかゆみもあるならば、
かゆみ止めの効果があるものがいいです。


ユースキンIは、
かゆみを抑えて、保湿もしてくれます。

また、べた付きがなく、さらっとしているので、
広範囲にしっかり塗りやすく、
塗った後にズボンをはいても不快感がありませんよ。


クリームには合う合わないがありますので、
困った時は薬局の方に聞いてみてくださいね。

すねが乾燥しない対策をしてすべすべお肌に

すねが乾燥して粉がふいてしまう・・・


その粉は、すねが乾燥して剥がれ落ちた皮膚の角質なのです。


角質は、皮膚の表面にあり、
水分が出ていくのを防いだり、
身体を保護する役目を担っています。

その角質が、
乾燥や刺激によって壊れてしまい、
粉ふいた状態になっていきます。



原因には、

・空気中の湿度が低く乾燥している
→湿度を保った部屋に。また、暖房が直接すねに当たらないようにして下さい。
→(参考記事)

・入浴でゴシゴシ洗っている
→ボディーソープは刺激が強いので、石鹸を使用。
ウォッシュタオルは使わず手で優しく洗って下さいね。角質が落ちないように^^

・カミソリで剃毛している
→角質まで傷つけてしまいますので、専用のクリームを使うか、
違う方法で剃毛してくださいね。

・熱い温度のお湯に入っている
→38度以上の温度だと、乾燥しやすくなります。
とはいっても、38度って結構ぬるいですよね。

だからこそ、湯上りには保湿クリームを入念に塗って下さいね。

このようなことを繰り返していると、
もともと乾燥によって弱くなっている角質が
はがれおちて白い粉となっていくのですね。



角質がはがれおちた状態は、
肌のバリア機能が低下している状態
でもあるので、
ひび割れにつながったり、炎症を起こし湿疹が出来たりする原因にもなります。


だから、
入浴時は石鹸を使って手で洗ったり(または洗わない)、
保湿クリームをしっかり塗ることで、
その角質を守って下さいね。

スポンサードリンク

まとめ

冬になると、体のあちこち乾燥して
他の季節よりケアが必要になります。

毎日ほんの少しのひと手間をかけても、
乾燥対策をすることで、冬でも潤った肌を保てますよ。

早く暖かくなってすねがうるおういますように。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。