醍醐寺の桜の時期の混雑具合と所要時間!アクセスは土日は地下鉄が◎

a0008_000916
a0008_000916

京都で桜鑑賞と言えば、醍醐寺は外せませんよね。


だけど、
醍醐寺は京都市内から少しだけ離れていて、
どのくらいの所要時間が必要なのか検討が難しい場所です。


限られた時間の中、出来る限り京都の桜を楽しむなら、
ある程度のプランを立てておく方がいいですよね。


そこで今回は、醍醐寺の混雑具合や観光の所要時間、
アクセスについてまとめました。

スポンサードリンク
  

醍醐寺の桜の時期の混雑具合は?

醍醐寺は豊臣秀吉の「醍醐の花見」で有名で、
その通り、敷地内には約1000本もの桜の木があります。


その中でも特に、
三宝院の大玄関前と霊宝館の枝垂れ桜は有名で、
多くの人がそれを目当てに訪れます。


枝垂れ桜はソメイヨシノよりも開花時期が早いですが、
ゆっくり咲いていき、散り終わりはソメイヨシノよりも遅いです。

醍醐寺の場合は、4月2日前後には枝垂れ桜の見頃がきまして、
その後、荒れた天候でなければ、散り終わるまでに
1週間~10日かかります。。


そしてその間に、ソメイヨシノの見頃が続き、
4月第2日曜日の「豊太閤花見行列」までの間、多くの人が訪れます


3月25日以降~4月の土日では、
拝観券を買ったり、すでに券を持っている人が施設に入るのに、
開園時間前から約100人ほどの人が並んでいることもあるほどです。

参考までに、
現在訪日外国人が多くなってきています。

私は観光に携わる仕事をしていますが、
外国人が桜を見に京都に行くピークは、
3月25日~4月12日前後くらいです。



この期間中は、
基本的に「名所」と名のつくところは、
平日でもほぼ混雑していますし、
土日祝となれば、日本人も加わり相当な混雑具合です。


ですので、
3月25日~4月12日の間土日には、
沿道や施設内は大変混雑し、人であふれかえっています。



しかし、敷地が広い上、歩くところも幅があるので、
「人が多すぎて身動きができない!」と言うほどではありません


土日を避けられるなら、それに越したことはありませんが、
土日であっても桜鑑賞が楽しめますよ。


また平日や、上記期間以外であれば、
わりとゆっくりめに桜鑑賞ができます。

<<参考記事>>
醍醐寺の桜の開花予想2017年!開花情報と見所もここでゲット!

醍醐寺の桜鑑賞の所要時間は?

醍醐寺は敷地が広く、拝観が有料のところが3施設があります。


混雑する春や秋以外に、
それらの3施設をすべてまわった時には、
所用時間は約1時間30分です。

今回は、桜鑑賞で、土日で行く場合には、
拝観券を買うのに並んだり、
施設の中でもなかなか前に進まなかったりします。


そうすると、
三宝院と霊宝館の枝垂れ桜を見るという場合は、
さらに人気の場所で人も多いことから、
すべての所用時間は2時間弱を見ておいた方がよさそうです。

スポンサードリンク

これらの施設に入らなかったり、1施設のみという場合は、
もう少し短くなります。


また、茶屋などで軽食を食べる場合には、
その分時間が伸びたりと、
施設以外の所に関しては、個人差があります。

醍醐寺のアクセスは土日なら地下鉄がおすすめ

JR京都駅から醍醐寺へのアクセスは、
いくつかの方法があります。

①JR京都駅→JR山科駅ー(乗り換え)-京都市営地下鉄東西線「山科駅」

 →京都市営地下鉄東西線「醍醐駅」下車、徒歩約15分(450円)

②JR京都駅→JR山科駅ー(乗り換え)-京阪バス「JR山科駅」バス停

 →「醍醐寺」バス停下車



③京都駅八条口から8番乗り場から「京阪バス・山科急行」
 
 →「醍醐寺」バス停下車(300円)


④京都市営地下鉄烏丸線「京都」→「烏丸御池」駅で『東西線』に乗り換え
 
 →「醍醐駅」下車後徒歩 約15分(320円)

その他いくつか。


平日や桜の季節以外であれば、
バスの方が、醍醐寺前で下車できるので、歩く必要もなく便利です。


だけど、
桜の時期の土日は、醍醐寺までの細い道を、
観光バスや路線バスの他、自家用車が多く大変混雑・渋滞するので、
通常より時間がかかってしまいます。

ですので、
土日に醍醐寺に行く場合には、
地下鉄で行くことをおすすめします。



また、平日でも混雑の期間中は、
きっちり計画を立てたい場合には、地下鉄をおすすめします

地下鉄であれば、渋滞の心配もなく、時間通りに着くので、
その後の計画が立てやすくなります。


JR京都駅から地下鉄「醍醐駅」までは、31分、320円です。
醍醐駅から醍醐寺までは、約1.1キロで、徒歩約15分です。

また、
醍醐駅までは、
「市営地下鉄1デイフリーチケット(大人600円、小児300円)」も利用できるので、

他の観光地も予定されているのであれば、
お得でそして計画が立てやすいです。


ちなみに、
地下鉄の駅に近い主な観光地は以下の通りです。

・蹴上
・平安神宮
・二条城
・錦市場
・京都御苑
・京都駅

これだけでも一日で十分か、まわれないほどですね。

※割引カードなどを使わない時は、①の方法が早いです。

スポンサードリンク

まとめ

秀吉も眺めた桜の風景、一度は見ておきたいですね。

また、他にも京都にはたくさんの見どころがあるので、
あらかじめ計画を立てられることをおすすめします。

地下鉄で行けるところは限られていますが、
どこも桜では随一のところなので、ぜひ行ってみてくださいね。

良い旅になりますように!



◆関連記事◆
醍醐寺の桜の開花予想2017年!開花情報と見所もここでゲット!

嵐山の桜の見頃2017|おすすめの場所とコース!ここ押さえとこ!

嵐山の桜の時期の混雑状況と散策所要時間!宿泊のおすすめは渡月橋近くで厳選

京都市内の花見を子連れで楽しめるスポット5選!子供が喜ぶ公園や広場あり!

清水寺の桜の見頃はいつ?撮影ポイントと周辺スイーツでSNS映え抜群!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。