納豆の保存温度は何度が適温?冷蔵と冷凍の時の保存期間は?

nattou
納豆って安い時につい大量買いしますよね。

分かります!


我が家も旦那が納豆好きで、
昼と夜に1日2回も食べているので、
ストックがいっぱいあるのです。


それで時々買ったまま冷蔵庫に入れ忘れたり・・・

そうすると白い粒のチロシンが出るのが早いような。


常温じゃ発酵が進んでしまうんですね。


それで今回は、
納豆を保存するのに適した温度や
冷凍と冷蔵の時の保存期間についてまとめました。

スポンサードリンク
  

納豆の保存温度は何度が適温?

納豆の保存に適した温度は、

10度以下

です。


10度以上の状態で長時間おいておくと、
納豆菌が活発に活動し、発酵が進んでしまいます。


発酵が進むと、白い粒(チロシン)が発生して食感が変わったり、
アンモニア臭が強くなります。



人によっては、その状態を好んで食べる方もいますが、
おいしく食べられるという状態ではありません。


そういうのが好みでなければ、
納豆を買ったら10度以下の状態で保存しておくのが、
最適な保存方法だと言えます。


特に夏は、車内や玄関に置きっぱなしってこともあるので、要注意です。


納豆を買ったらすぐに、冷蔵庫か冷凍庫に入れてくださいね。

納豆を冷蔵した時の保存期間は?

冷蔵庫内の温度は、
冷蔵室が約3~6度、チルド室が約0~2度です。


だから、納豆を保存するのには適した温度ですね。


その中での保存期間は、賞味期限以内です。


賞味期限は、
その食べ物が最もおいしく食べられる期限で、
消費期限とは違います。


納豆の賞味期限は、
メーカーによって違いますが、
だいたい製造日から10日以内に設定されています。


だから、その間に食べるのが、好ましいです。

スポンサードリンク

ただ、同じ冷蔵庫でも、ドアポケットの場合は、
開閉口の近くなので、
温度が約6~9度と他に比べて高温気味です。


そのため、納豆をできるだけ長く冷蔵庫で保存するならば、
冷蔵庫の奥の方に置くことをおすすめします。

納豆を冷凍した時の保存期間は?

納豆は冷凍保存もできます。


冷凍の場合の保存期間は、
1か月を目安にして下さい。


冷凍の仕方にもよりますが、
1か月以上過ぎると、徐々に風味が落ちてきます。


長く持たせる納豆の冷凍の方法は、
パックごとラップで巻いて、密封袋に入れる


面倒であれば、
パックを袋に入れて口を縛って保存して下さい。


なにもせず、パックのままの状態だと、
乾燥や冷凍やけで風味が落ちたり、
食べられなくなるので避けた方がいいです。


保存の仕方でも、
風味や保存期間に差が出てきますので、ご注意ください。


解凍する時は、
食べる前日に冷蔵庫に移すか、
食べる数時間前から常温でおき、自然解凍にしましょう。

急いでいる場合は、
からしやだしを除き、納豆だけを皿に移してラップをし、
電子レンジで30秒ほどチンしてください。



ちなみに、
納豆菌は冷凍保存中は活動しません。

解凍し、常温になった時に再び活動をし始めるのです。


だから、冷凍しても納豆の効果には、
変化がないんですよ。


これで安心して冷凍保存できますね。

まとめ

納豆を大量に買ってすぐに食べきれない時は、
冷蔵庫の奥や冷凍庫に保存しましょう。

おいしく食べるためにも、
保存状態を良くして下さいね。

◆関連記事◆

賞味期限切れの納豆の白い粒の正体は?一週間後も食べられる?目安は?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。