嵐山の桜の見頃2017|おすすめの場所とコース!ここ押さえとこ!

sakura2
sakura2

嵐山へ桜を見に行く計画を立てられているのですね。


嵐山の桜は、京都の中でも特に人気の場所です。


私も大好きな場所で、
京都の桜散策にはプランに入れておいて、
間違いないと強くおすすめできます。


今回は、あなたの計画が立てやすいように、
嵐山の桜が開花予想や、
おすすめの場所とコースをまとめました。

スポンサードリンク
  

嵐山の桜の見頃2017!

嵐山の桜の見頃は、
例年3月下旬から4月上旬です。


これは、天候や気温によって変動します。


ですので、
2016年の嵐山の桜の開花を参考にしてみましょう。


3月25日 つぼみが膨らみ始める

3月28日 ソメイヨシノ咲き始め

3月31日 ソメイヨシノ満開近い

4月2~6日 ソメイヨシノ満開

4月 9日 ソメイヨシノは散り始めるが、まだ見頃続く
      中之島公園の枝垂れ桜が満開

4月11日 ソメイヨシノ一部残るが、ほぼ見頃終了
      中之島公園の枝垂れ桜の見頃終了

4月14日 中之島公園以外の枝垂れ桜も散り、
      嵐山の桜の見頃は終了



2015年も3月末に咲き始め、
4月2日に見ごろを迎えています。


つまり、嵐山の桜の2017年の開花は、
3月29日前後ごろから咲き始め、4月3日前後に満開
4月9日前後までは見頃が続くと予想します。

いかがでしょうか、
見頃に時期に行けそうですか?

スポンサードリンク

嵐山の桜散策のおすすめの場所は?

嵐山の桜散策でおすすめなのは、
一番は何と言っても『渡月橋周辺』です。


渡月橋周辺には、ソメイヨシノや山桜など、
約1500本もの桜の木があります。


それらが満開の時には、
山と川沿いが全体的に桜と緑で彩られ、
とても美しいものです。


また、川に映った桜も風情があり、
まるで絵を見ているようです。


おすすめ撮影ポイントは、
渡月橋の北側から東へ100mくらいの所の川べりです。

渡月橋と山と桜を一枚の写真に収めることができます。

また、この他にも、いくつかおすすめスポットがあります。

◆中之島公園

 枝垂れ桜とソメイヨシノ。
 ライトアップもあります。

時間・休日・料金:自由に散策できる


◆天龍寺

 ソメイヨシノ、ヤマザクラ、ベニシダレザクラなど約200本。

 望京の丘からは、桜と京都市が一望でき圧巻です。
 また、池泉廻遊式の庭園も素晴らしく、心が落ち着きます。

時間:8:30~17:30
休日:無休
料金:庭園参拝500円、他御堂100円追加


 
◆大覚寺

 ソメイヨシノ、ヤマザクラ、シダレザクラ、ヤエザクラなど約555本

 日本最古の林泉式庭園や、
 桜や楓が周りを囲む大沢池があり、
 平安時代の景色を偲ぶことができるでしょう。

時間:9:00~17:00(受付は16:30まで)
休日:無休
料金:大人500円、小中生300円



◆二尊院

 ソメイヨシノ、シダレザクラなど

 参道にはソメイヨシノが枝を伸ばし、
 桜のトンネルのようになっています。

時間:9:00~16:30
休日:無休
料金:中学生以上500円、小学生以下0円

嵐山の桜散策のおすすめコースは?

嵐山で半日以上過ごせるならば、
先ほどご紹介した桜散策スポットを巡ります。


さらに、嵐山には、竹林や野宮神社など、
もあります。

時間があれば、
それらをコースに盛り込むのもいいでしょう。


渡月橋・中之島公園周辺は、
嵐山エリアの端っこなので、
ここからスタートするのがおすすめです。

渡月橋・中之島公園周辺

天龍寺

竹林

野宮神社

二尊院

祇王寺

大覚寺



時間がない時は、

渡月橋・中之島公園周辺~野宮神社

大覚寺~竹林

という風に、プランを短縮したり、
見ておきたいと場所だけをピックアップして下さい。

スポンサードリンク

まとめ

嵐山の桜は、京都市街地の名所と一味違い、
自然豊かな中にあります。

ぜひ、今年の春は、
平安の時代から続く春景色を堪能して下さい。

よい桜散策となりますように!



◆関連記事◆
醍醐寺の桜の時期の混雑具合と所要時間!アクセスは土日は地下鉄が◎

醍醐寺の桜の開花予想2017年!開花情報と見所もここでゲット!

嵐山の桜の時期の混雑状況と散策所要時間!宿泊のおすすめは渡月橋近くで厳選

京都市内の花見を子連れで楽しめるスポット5選!子供が喜ぶ公園や広場あり!

清水寺の桜の見頃はいつ?撮影ポイントと周辺スイーツでSNS映え抜群!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。