お歳暮の時期はいつからいつまで?関西と関東で違うの?マナーを確認

woman_okurimono
woman_okurimono

気が付くとスーパーやデパートはお歳暮商戦。

年々早くなっているように感じますが、
お歳暮はいつからいつまでに送るのが適当なのでしょうか。

また、関西と関東でも時期が違うようなので、
それぞれの地域に住んでいる義両親や親戚に送るときは注意が必要です。

初めてお歳暮をおくるなら、
お歳暮を贈る時期や時期についてのマナーをここで確認してみましょう。

スポンサードリンク
  

お歳暮の時期はいつからいつまで?

お歳暮は1年間お世話になった相手への
季節のあいさつと感謝の意味が込められています。

大事な贈り物なので、
贈るタイミングははずないように準備をしておきましょう。

お歳暮を贈る時期ですが、
本来ならば、お正月の準備を始める「事始めの日」である、
12月13から12月20日までです。

近年は、デパートやスーパーでも早めにお歳暮を売り出しているので、
早めに買ってその期間に相手に届くようにする方も多いようです。

お歳暮をあげる相手がいるならば、
デパートなどの早割などの割引をうまく利用するといいですね。

我が家も両親には、
インターネットの早割で注文し、
12月13から12月20日までに届くようにしていますよ。

お歳暮の時期は関西と関東でちがうの?

自分は関東に住んでいて、お歳暮を贈る相手が関西にいたり、
またその逆だったり、その他の地域だったりしますよね。

そんな時は、相手の住んでいる地域の期間に贈るようにしましょう。

例えば、
関西では12月13日から12月31日まで、
関東では12月初旬から12月31日まで
となっています。

しかしながら、
インターネットの普及やデパートなどのお歳暮商戦の早まりにより、
期間を厳密に守っているわけではなく、地域差もなくなりつつあります。

贈る相手がが厳格な方であれば、期間は守った方がいいですが、
そうでない場合はあまり堅苦しく考えることはないですね。

先ほども書きましたが、
実際私も関西から関東の両親に贈りますが、
11月に注文し、12月の初旬に届くようにしています。

スポンサードリンク

お歳暮の時期でマナーはあるの?

季節のあいさつと1年間の感謝を込めたお歳暮、
贈るタイミングを逃さないようにしましょう。

お歳暮の時期は、
関西では12月13日から12月31日まで、
関東では12月初旬から12月31日まで
全国的にも同じような時期となっています。

とはいっても、
年末近くの忙しい時期に届くのも相手にとっては迷惑になることもあります。

ですので、
お歳暮は出来る限り12月20日までに贈りましょう。

ただし、
正月用の鮭やいくらなどの生鮮食料を送る場合は、
この限りではありません。

この場合は、遅めの方が喜ばれます。

生鮮食料を送る場合は、
その旨を送る相手に伝えておくと確実に受け取り、
冷蔵庫に入れることができるので親切です。

ちなみに、12月26日以降に贈るお歳暮ののしは、
「お歳暮」ではなく、
「御年賀」または「寒中お見舞い」となるのが正式なマナーです。
※お正月用の生鮮食料の場合は、「お歳暮」でもオッケーです。

お歳暮を贈るのが遅くなったら

忙しくて年内に贈ることができなかったという場合もあると思います。

その時は、地域によって期限が違いますが、
お歳暮代わりに「御年賀」や「寒中お見舞い」として贈ることができます。

◆「御年賀」ならば、

関東では1月7日まで
関西では1月15日まで

◆「寒中お見舞い」ならば、

両地域とも立春まで

まとめ

初めて贈るお歳暮は、時期や相手の好み等を考え色々悩みますが、
一般的なマナーに沿って贈るのが一番です。

忘れないように、早めに準備しておきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。