寒さ対策で就寝時も暖房なしで安眠の服は?布団は?部屋の床や窓は?

yutanpo_woman
yutanpo_woman

朝晩冷え込んで眠れなくなりませんか?

特に女性で冷え性をお持ちの方は手や足先などが冷えて、
ぐっすり眠れまず辛いですよね。

じゃあ暖房を付ければいいのか?というと、
暖房は乾燥するし使いたくないという方もいらっしゃいます。

そんな方に、
暖房をつけずに寒い夜でもぐっすり眠れるように、
服や布団や部屋の寒さ対策をお伝えしていきます。

スポンサードリンク
  

寒さ対策で就寝時の服は?

あんまり重ね着していしてしまうと、
逆に寝苦しくなってしまいます。

また、スムーズな寝返りができずに、
体に負担をかけてしまい、疲れが取れなくなるんです。

では、どんな服装で寝ると寒さを防げるのでしょうか。

一般的なのは、
普通の寝巻で寝ることです。

しかし、
これでは心もとないし、
寒くて目が覚めるのは簡単に想像できますよね。

ですので、
冷気が入ってくる首元にネックウォーマーをプラスしましょう。

ネックウォーマーは、
布団の中に入る冷気を防ぐだけではなく、
肩と首の冷えとのどの乾燥を防いでくれます。

そうすることによって、
朝までぐっすり眠れるだけじゃなく、
風邪や肩こりを予防することができます。

寒さ対策に靴下は?

また、足先が冷えるから、靴下をはく方もいらっしゃいます。

しかし、足は冬でも意外にも汗をかくのです。
そのせいで靴下が濡れ、それが冷えへとつながり逆効果
です。

寝る直前まで靴下ははいておいて、
布団に入ったら脱ぐようにしましょう。

それでも、やっぱり冷えてしまうという方には、
このようなものもあります。

素材を変えるだけで、効果を発揮するものもあります。
また、昼間でも冷え対策使えます。

寒さ対策を布団にして温かく寝る方法?

冬の布団は冷たくて、眠気も一気に飛んでしまいますね。

だけど、寝る前に寒さ対策をしておけば、
温かく睡眠に入ることができます。

布団を敷く構造としては、
敷布団→敷き毛布(ボアパッド)→自分→毛布→掛布団
が最適です。

ただ、掛布団が羽毛布団ならば、
掛布団の上に毛布をした方が温もりが
外に逃げませんのでおすすめです。

しかし、
布団に入るときは、冷たいですよね。

その時に役に立つのが、「布団乾燥機」

寝る前に10分ほどスイッチを入れておくと、
布団が温まり、安心して眠りにつくことができます。


(マットとホースがなく、簡単に乾燥できます。)

また、就寝中に布団が冷たくなると不安になる場合は、
湯たんぽや電気あんかをお使いください。

どちらかというと、湯たんぽの方が自然に温度が下がり、
汗をかかないのでおすすめです。

市販のものでなくても、ペットボトルにお湯を入れ、
タオルでまいて布団の中に入れても代用できますよ。

我が家の場合は、
私だけが寒がりなので湯たんぽを1人分作っています。

フローリングに布団を敷いたときの寒さ対策は?

ご家庭によっては、床がフローリングで、
その上に布団を敷いていらっしゃいますよね。

というか、我が家もそうです。

フローリングからは、冷気が直接伝わりますので、
フローリングと布団の間に断熱シートを敷くと効果的です。

断熱シートは、100均にもありますし、
ホームセンターでも安く買うことができます。

断熱シートは、
お子様が遊ぶときに使うジョイントマットでも代用できます。

フローリングで底冷えして眠れないという場合は、
断熱シートかジョイントマットを活用して下さい。

スポンサードリンク

寒さ対策を部屋の床や窓に施して冷気を防ぐ方法

服や布団はそろっても、
部屋自体が冷えていては、顔や手先が冷たく感じることがあります。

そのために起きなくて済むように、
部屋も寒さ対策を施しましょう。

簡単にできる方法としては、
床はフローリングでもご紹介した断熱シートやジョイントマット、
窓はプチプチを貼る
ことがあげられます。

また、窓の隙間には隙間テープ、
カーテンは二重にすることによって、
外からの冷気が遮断できます。

すべて100均でそろえることもできますので、
寒さ対策を安くおさめたい方にはおすすめです。

スポンサードリンク

まとめ

以上の寒さ対策は、手軽にできるので、
寒くて眠れないという時にはすぐに試して下さいね。

睡眠不足は疲れを増長させ風邪を引き起こしたりしますので、
しっかりと寒さ対策をしてぐっすり朝まで眠れるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。