入学祝いのお返しのマナー!両親へのおすすめアイデアと兄弟へのお返し

134102
134102

お子様のご入学おめでとうございます。

小さかった子供がランドセルを背負って歩く姿、
想像すると感慨深いですね。


さて、この時期、
入学祝いを両親や兄弟からもらうこともありますよね。

だけど、お返しのマナーがあいまいで、
実際どうしていいか分からない方
は、
ここでしっかり確認していきましょう。

スポンサードリンク
  

入学祝いのお返しのマナーを確認

入学祝いは、身内から送られるものなので、
原則としては、お返しの必要はありません。

なぜなら、
もらった本人(子供)にはまだ返す力がないからです。

また、身内の場合、
お祝い事は「お互い様」だからとも言われています。


しかし、身内同士であっても、
頂きっぱなしではいけません。


お返しの必要はなくても、
それでは「礼儀のない人」と言う目で見られたりするものです。


ですので、入学祝いのお返しのマナーは、
頂いたものや、相手の気持ちに対し、
感謝の気持ちはしっかりと伝えることと言えます





その方法は、

まず、お祝いを受け取った時点で、お礼の電話をします。

そして、入学式が終わった後に、
改めて「お礼状」の手紙を出しましょう。


電話の時は、子ども本人も電話口に出て、
お礼を伝えさせたり、会話をさせるのがいいですよ



現代では、メールもありますが、
それでは気持ちが伝わりにくいので、人によっては失礼とも思われますので、
声や直筆で行いましょう。



また、お礼状を出す時には、
親子で一緒に書くのがおすすめです。

子供がまだ上手な字を書けない場合は、
親が一緒に手を持って書いてあげたり、
絵をかいてみてもいいです。

そうすることは、子供に対して、
「感謝をすることの大切さ」を教えるいい機会になります。

さらには、
お礼状の手紙には、頂いたものを子供が身に付けているものや、
入学式の時の写真を同封すると一層喜ばれます。


こちらが好意的に受け取ったことを目に見える形で示すことで、
相手も「自分があげたものが役に立ってよかった」「あげてよかった」などと思われますよ。


お返しをものなどで儀式的に行うのではなく、
感謝の気持ちをしっかり伝えることで、
お互い気持ちが良くなるのではないでしょうか。

入学祝いのお返しで両親へのおすすめアイデア

入学祝いのお返しで両親に対してのおすすめは、
先ほど書いたお礼状を贈ることの他にもう一つあります。


私の場合は、両親も義両親も遠方に住んでいますので、
しょっちゅう会えません。


近くであれば、食事会をしたり、
記念写真を撮ることもおすすめです。


しかし、それは出来ないので、
これまでに撮りためた両親や義両親との写真を
こちらでフォトブックにしました。

簡単にお安くできるから、写真関係はいつもこちらにお任せです。
ポイントやクーポンもあって、年賀状作成の時もお得になりましたよ。


また、両親と義両親が
それぞれ大好物なお菓子や食べ物も合せて一緒に贈りました。

具体的には、つくだ煮や西京漬けやクッキー等でした。

それはご両親の嗜好に合わせてくださいね。


遠方に住む両親は、普段会えないけど、
とても孫(子供)のことを気にかけているので、
子供が書いた手紙とフォトブックは大変喜んでもらえました


また、食べ物の贈り物も、どちらからもすぐ電話がかかってきて、
「おいしかった~」とお礼の電話がありましたよ。

どっちがお礼する立場か分からなくなりますね^^;

スポンサードリンク

入学祝いのお返しは必要ないと言っても、
こうやって相手を思ってするお返しであれば、
品物をあげてもいいでしょう。


もちろん、両親によっては、
品物を贈られるのが好きではなかったり、
慣習を重んじる方もいらっしゃいます。

ご家族の方針や慣習をしっかり確認して、
マナー通り何もしないか、何か贈るか決めてくださいね。

入学祝いのお返しで兄弟へは?

兄弟から入学祝いをもらった場合にも、
原則的にはお返しはいりません。


上に書いたように、
親と子供本人からのお礼をしましょう


子供も6歳くらいですと、
言わせられながらもお礼を言うことができますので、
しっかりと言わせてください。


親しき仲にも礼儀ありではありませんが、
子供に感謝の気持ちを伝えられると、
兄弟も気持ちがいいものですよ。


品物に関してですが、
兄弟に子供がいる場合は、贈る必要はありません。

あなたも兄弟の子供が入学する時には、
お祝いをしてあげましょう。




しかし、兄弟に子供がいない場合は、
菓子折りなど「消えもの」を贈ってもいいでしょう。


相場は半額ですが、頂いたものが高価な場合は、
もともと必要ではない上、
子どもからのお返しという意味合いで、その限りではありません。


もし、品物を贈る場合ののしは、水引は紅白の蝶結びのもので
上段に「内祝い」、下段に子供の名前を書きます。

こちらから、たくさんの内祝い品として適当なものを選べます。



これもまた、
慣習を重んじる方もいらっしゃいます。

ご家族の方針や慣習をしっかり確認して、
マナー通り何もしないか、何か贈るか決めてくださいね。

スポンサードリンク

まとめ

マナーではお返しは必要ないと言われても、
感謝の気持ちを子供本人から、しっかり伝えるのが大事です。

気持ちの通ったやりとりをすることで、
今後もいい関係を続けていきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。