りんごの食感が硬いのは新鮮である証拠。旬の時期を知っておいしく食べよう!

a0007_002088

りんごを食べると、硬い!ってことがありますよね。

時期によっては柔らかい時もあるのに不思議です。


今回は、
「このりんご、何で硬いんだ?不良品か?」と思う方へ、
りんごの食感が硬い意味をまとめました。

スポンサードリンク
  

りんごの食感が硬いのは新鮮である証拠

りんごの食感が硬いと言っても、
品種によるものと、鮮度によるものがあります。


硬い品種のものは、ふじ、紅玉、国光、王林など、
いくつかあります。


しかし、それらでも完熟すると食感が柔らかくなったり、
シャリシャリ感が出てきてしまいます。

これらは、りんごの旬ではない時期に、
売られているものに多くあるんですよね。



ですので、りんごの食感が硬いというのは、
『新鮮である』ということに他なりません。


しかしながら、例え旬の時期でも、
柔らかかったり、
シャリシャリするものもあるのも事実です。

この前のは硬かったけど、
今回のは柔らかかったってことありませんか?

これは、残念ながら、
特に表示してない場合には、
毎回同じ生産者から同じ時期に出荷されたものとは限らないからです


同じ品種でも、
その日その日によって、
生産者が違えば、硬さも違ってきます。




我が家でも、毎年10月になると、
長野県の知人からりんごが送られてきます。

ringo

それまでスーパーのりんごしか食べたことがなかった私は、
そのおいしさにぶったたまげたのを覚えています。


「こんなおいしいりんごが世の中にあったんだ!」って。


産地の方に言ったら、笑われそうです^^

それ以来、スーパーのりんごが食べられなくなり、
私がりんごを食べるのは、毎年10月~となりました。

知らないって、怖いですね。

りんごの旬の時期

りんごの旬の時期は、生産地や品種によって違ってきますが、
たいていは秋から冬にかけてです。


りんごの中でも多く出回っている
「ふじ」は10月~12月、
「つがる」は9月~10月、
「王林」は11月~2月

です。


このころに実ったりんごを全て収穫し、
腐敗や乾燥を防止するために、倉庫で貯蔵します。

スポンサードリンク

そこから、初めに収穫したりんごから
順次出荷していくのです。


だから、旬の時期に出回るりんごは、
その年に収穫したものであるため、
新鮮度は高いです。

↓ ↓



しかし、それ以降になると、
収穫されて2か月以上のものの可能性もあります



夏場に見かけるりんごで、旬が秋から冬のものは、
保存期間も長いため、鮮度に欠け、
食感も柔らかかったり、シャリシャリ感が否めないでしょう。

鮮度がいい、硬いりんごを食べるなら、
秋が来るのを待つことをおすすめします。


まとめ

りんごの硬さは、新鮮である証拠です。
旬の時期に食べ、りんごのおいしさを存分に味わってください。

特に旬の時期の産地直送のりんごは、
本当におすすめです。

夏に出回る柔らかいりんごは、
ジャムにするのもいいかもしれませんね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。