まんぷくネタバレあらすじ!【第1週(1話~6話)結婚はまだまだ先!】

2018年10月1日から連続テレビ小説「まんぷく」が始まりましたね。

 

戦前の大阪を舞台に、安藤サクラさんが演じる福子が家族の愛に包まれて天真爛漫に成長し、長谷川博己さんが演じる青年実業家の立花萬平と出会う。

そして、世界の食文化に革命を起こす夫を、陰になり日向になり支えていく物語です。

 

ここでは、第1週【10月1日(月)から10月6日(土)まで】に放送された1話から6話までのネタバレあらすじをご紹介していきます。

まんぷくネタバレあらすじ!【第1週:結婚はまだまだ先!】

1話:2018年10月1日

昭和13年の大阪、前年に発生した日中戦争の影響により、軍需景気に沸いていました。

主人公である今井福子(安藤サクラ)はこの春、大阪市内のホテルに就職することになっています。

福子の二人いる姉の上の姉・咲(内田有紀)は、心斎橋にある宝飾屋で働いています。

 
 

咲は福子に洋服を買ってあげるために洋裁屋に来ていました。

福子は服のデザインを見て喜ぶものの、安いのでいいからと姉に話しました。

ですが咲は福子に似合うような生地を選んであげていました。

 
 

(福子の家)

福子の母である鈴(松坂慶子)は、夫の仏壇の前で、咲が30歳に入る前に結婚できることでホッとしたのだということを報告しました。

 

咲の相手が大きな会社に勤めているのに対し、下の方の福子の姉である克子(松下奈緒)の旦那・忠彦(要潤)は画家であり、忠彦が描いた絵は滅多に売れていません。

鈴の旦那はいろんなことに手を出してお金を使い果たして死んだからこそ、娘たちには堅実な人生を歩んで欲しいということを鈴は克子や福子に話しました。

 

だけど、売れない画家が夫に持つ克子は、十分に幸せと言いました。

 

また、鈴は福子に対し、福子の結婚相手はお見合いで決まる、鈴の旦那が死んだ以上、家長は鈴だということを主張しました。

しかし、福子は「私の結婚はまだまだ先」だと言い返しました。

 
 

(街)

咲の婚約者である小野塚(大谷亮平)は咲に結婚式に呼ぶのは身内だけにしようということを話しました。

それに対し、咲は頷きました。

 
 

(今井家)

鈴はお嫁に行く咲に、旦那より先に寝てはいけない、生半可な気持ちでは結婚できないのだと話しました。

それを聞いた咲は「覚悟します」と口にしました。

 
 

(寝室・福子と咲がならんで寝ている)

咲がいなくなっても福子は大丈夫か、福子の給料で鈴と福子が生活するということを咲は心配しました。

福子は2人だけだから大丈夫だと答えるのに対し、咲は仕事頑張ってねと応援しました。

 
 

(ホテル)

当時、大阪で一番大きなホテルだったという大阪東洋ホテルの電話交換手として福子は採用されました。

福子は電話交換室で、電話交換手の仕事をしていました。

 
 

電話がかかってきました。

電話の相手は萬平(長谷川博己)で、332号室にいる渡辺をお願いしたいと言いました。

しかし福子は情報が整理できず、戸惑ってしまいました。

 

その後萬平は無事に渡辺と話すことができ、たちばな工房の立花だと名乗りました。

 
 

休憩中福子は「疲れた」と言いながらお弁当を口に入りました。

そこに来た厨房の伴に福子は挨拶しました。

伴は、新入りの子は美人の場合、客と顔を合わせる部署であり、美人ではない場合は裏方に回されるということを福子に教えました。

それに対し、伴の同僚の野呂は、伴の話は嘘だということを福子に話しました。

 

その後、ホテルのフロント係の仕事を福子は見つめていました。

 
 

一方、萬平は、中之島電機は幻灯機を取り扱わないことで落ち込みました。

 
 

(街)

福子は、親友であるハナ(呉城久美)と敏子(松井玲奈)と卒業式以来ぶりの再会を遂げました。

敏子は薬科専門学校は授業が難しいのだと愚痴をこぼすのに対し、ハナはタイピスト学校が楽しいのだと話しました。

 

その後電話交換手は人気の職業だと言った親友に対し、福子は器量が悪いかな?と口にし、伴に言われたことを話し気を落としました。

ですが2人は、お嬢様学校だという中で、貧乏である福子それでも学校を過ごせていたからこそ、福子が好きなのだと親友は話しました。

 

3人は屋台のラーメンを食べました。

家で作ることのできない味に3人は感動しました。

 
 

(今井家)

3日後、今井家に咲の花嫁衣装が届いてきました。

花嫁衣装を見た今井家は感動しました。

鈴が初めてだと知ると、みんなは驚きました。

どうやら克子は結婚式を挙げなかったようです。

そんな中、鈴はお腹を手に当てて、「痛い」と苦しみ出しました。

(2話へ続く↓)

スポンサードリンク

2話:2018年10月2日

福子は萬平が運命の相手になり、鈴が二人の間に立ちはたがることを福子はまだ知る由もありません。

 
 

(今井家)

鈴はお腹に手を当てて苦しみ出しました。

それを受け、医者を呼びました。

 

医者は鈴を診察した結果、悪いところはなさそうだと話しました。

鈴は盲腸だという可能性を口にしました。

なぜなら鈴の祖母が盲腸で亡くなったからだそうです。

医者は痛み止めを打ったということで様子見をしようと話しました。

 
 

咲は鈴が盲腸だというなら、結婚どころではないと言ったのに対し、克子は咲をお嫁に行かせたくないから仮病ではないかと主張しました。

克子の主張に、咲と福子は違うと言いました。

 

まだ横になっている鈴を心配する咲や福子に対し、鈴は、武士の娘だからこそもう覚悟はできていると話しました。

その時、「痛い」と苦しみ出してしまいました。

 
 

克子の右手の絵を描いている忠彦に対し、克子は鈴が病院に行きたくないことを話しました。

忠彦は克子の右手が綺麗と言い、克子の右手を見つつ、絵を描いていました。

 
 

(ホテル)

福子は電話交換手の仕事をしていました。

主任は慌てることはないとアドバイスをし、昼休憩の許可を出しました。

 

福子はフロント係の仕事を見ていました。

フロント係の恵は福子に気付いたが、福子はその場から去りました。

 

野呂は福子に、仕事に慣れたかどうか聞いたのに対し、福子は慣れていないと答えました。

野呂はアメリカのツナ缶を福子にあげました。

福子はツナ缶を見つめ、野呂がなぜわたしにあげたのかと疑問を感じました。

 
 

(宝飾屋)

咲は宝飾屋で仕事をしていたが、どこかで表情が曇ってしまいます。

 
 

(今井家)

見慣れない革靴があるということを見た福子が家の中に入ると、咲や小野塚が、病院で検査した方がいいということを鈴に話していました。

鈴は、私の具合が良くなるまで咲と結婚するのは少し咲に延ばしてほしいということを小野塚や咲にお願いしました。

それを聞いた小野塚は咲と相談すると話しました。

 

福子は戸惑ってしまいます。

咲は「二人で考えさせて」と福子に話し、咲は小野塚を見送りに出かけました。

福子はツナ缶を食べれば元気になるかもだということを話したのに対し、鈴はお腹が痛いのに食べれるわけがないと言いました。

 
 

(劇場)

福子はハナと敏子は「モダンタイムス」を見てきました。

敏子とハナは面白かったのだと口にする中、福子は考え事をしていたため、内容が頭に入らなかったと口にしました。

福子は、咲と小野塚と鈴のことをハナや敏子に話しました。

敏子は、母が福子と2人になるというのが不安だから腹痛が出て、病気は気からだということを話しました。

 
 

(ホテル)

電話交換手の仕事をする福子に、萬平から大平様と話したいと電話がかかってきました。

 

萬平は、たちばな工房の立花です、とあいさつしたが、電話の相手は大平様ではありませんでした。

立花は福子に、大平様ではなく、外国人が出ていたのだと福子に指摘しました。

それを受け、福子は大平様のいる部屋に電話を繋げました。

 

福子のミスを主任は注意しました。

大平様だと間違われた外国人のいる部屋に行って、福子は英語で謝罪しました。

それに対し、外国人は気にしないと話しました。

 

大平様に電話をかけた結果、売り方が下手なためうまく行かなかったのだと萬平は落ち込んでいました。

 
 

福子はため息をしつつ帰宅しました。

布団にいるはずだという鈴の姿が見当たらないため、福子は鈴を探すと、こっそりとツナ缶を食べているという鈴を目撃しました。

鈴は突然「お腹が痛い」とお腹に手を当てて苦しそうな表情をしました。

(3話に続く↓)

3話:2018年10月3日

(今井家)

鈴はお腹が痛いというのは事実だと話したのに対し、ツナ缶を食べたことについて克子や福子は鈴を責めました。

 

克子は、咲をお嫁に行かせたくないかどうか聞いたのに対し、鈴は小野塚がちょっと冷たそうに見えるのだと本音を口にしました。

小野塚と初対面をした時、小野塚はニコッとしてくれなかったことが鈴には引っかかると言いました。

 

克子は、小野塚は大きな会社に勤めているから咲を幸せにすることができると言ったのに対し、鈴は、売れない画家の嫁になった克子は男を見る目がないと言いました。

 

咲は本当の理由を言って欲しいとお願いしました。

鈴は、咲がいなくなったら福子と2人きりになるというのが理由だと口にしました。

 
 

それを聞いた福子は驚きました。

咲や克子は、福子は大きなホテルに就職できて、仕事もちゃんとやってると話しました。

それを聞いた福子は電話交換手の仕事の失敗を思い出しました。

鈴のお腹が鳴ってしまいました。

 
 

(寝室)

咲は結婚やめようかなと口にしました。

福子は、私がしっかりするから結婚をやめてほしくないのだと訴えました。

咲はもう寝ようと言いました。

 
 

(ホテル)

福子は電話交換手の仕事をした後、お弁当を食べました。

その時、「福子と2人きりになる」と言った鈴の言葉を思い出しました。

 

野呂はコーンビーフ缶を福子にあげました。

大平様と間違われたという外国人のブラウン様はチェックアウトの際、フロント係の恵に、電話交換手の英語が上手な方に気にしなくていいということを伝えて欲しいのだと話しました。

恵は福子を呼び出し、英語を勉強したかと聞きました。

福子は、イギリス人の家庭教師に英語を教わったことがあり、鈴がきっと役に立つからだということで今でも英語を勉強しているということを恵に話しました。

恵はブラウン様の伝言を伝えると、福子は萬平がまだ気にしていると口にしました。

 
 

一方、萬平の元に来客がいました。

来客の加地谷(片岡愛之助)は、幻灯機を国内で作っているという人がいると聞いて驚いて萬平に会いに行ったそうです。

 
 

萬平は子供の頃に親を亡くし、大阪には3年前に来たと話しました。

 
 

加地谷は、知り合いに陸軍の偉いさんがいて、幻灯機にきっと興味に持ってくれると言いました。

さらに、萬平が経営に疎いことに気付いた加地谷は、会社を立ち上げて共同経営をし、加地谷が営業担当をするということを提案しました。

それを聞いた萬平は驚きました。

 
 

(今井家)

福子と鈴はコーンビーフ缶を開けて、コーンビーフを食べました。

福子は、電話交換の仕事は難しいと言い、今日も褒められたと報告しました。

それで、お腹が痛くないなら咲をお嫁に行かせて、と福子が訴えたのに対し、鈴は腹痛を訴えました。

 
 

(ホテル)

支配人は福子を呼び出しました。

そこには恵もいました。

支配人は、明日からフロント係に異動だということを福子に話しました。

それは、恵が英語を話せるのは貴重な人材だということで福子を推薦していたからでした。

福子は、フロント係は美人でないとダメではないかと聞いたのに対し、支配人は美人にもそれなりの事情があると言い、恵は福子の笑顔が素敵だと話しました。

 
 

(今井家)

福子が明日からフロント係に異動したということを報告しました。

克子や咲は、福子がすごいと褒めました。

福子は、電話交換の仕事に慣れていた矢先だったけど、と言うものの、喜びました。

三姉妹は、咲がお嫁に行っても、福子がいるから大丈夫だということを鈴に訴えました。

 
 

福子は、フロント係になれたのは鈴のおかげで、子供の頃から英語を習わせてくれたからだということを鈴に話しました。

さらに、心から感謝していて、今度は恩返しをする番で、鈴を支えていくのだということを福子は話しました。

それを聞いた鈴は承諾し、小野塚と幸せになりなさいということを咲に話しました。

咲、克子、福子は母の承諾を受けて喜び合いました。

(4話に続く↓)




4話:2018年10月4日

大阪東洋ホテルに働き始めて1ヶ月、福子はフロント係の仕事をしていました。

 
 

笑顔を見せる福子に対し、恵はそこまで笑顔にしなくていいと話しました。

 
 

鈴は、大根が安かったと節約意識の話をしました。

鈴、咲、福子は食事を作っていました。

 
 

咲は宝飾屋の仕事をしている時に、小野塚が来たと話しました。

小野塚は結婚指輪を見たいと言い、咲にほほえみました。

 
 

忠彦は、咲と小野塚の結婚の祝いに絵を描いてくれるようです。

 
 

福子は、敏子とハナとラーメンを食べていました。

それを聞いた福子は、私も何か結婚の祝いをしたいのだということを敏子やハナに話しました。

 
 

福子は街で歩いていると、たちばな工房を見つけ、中に入りました。

萬平は写真があれば幻灯機を写せるということを見せ、福子は結婚式に使わせてもらえないかどうか聞きました。

加地谷は、タダで幻灯機を貸すのはダメだと言い、貸し出すには借用料を払わせると話しました。

 
 

いよいよ咲の結婚式が明日に迎えました。

 
 

福子はどら焼きを食べながら、咲と克子と話しました。

咲を口説きしに来たという歯医者の牧が馬に乗って家にやってきたということが笑い話になっていました。

その歯医者は背が低いからだという理由で鈴は却下したそうです。

 
 

咲の結婚に、鈴の旦那も喜んでくれるのだろうと、今井家は口にしました。

鈴は旦那の仏壇に向け、咲の花嫁姿を一緒に見たかったと話しました。

 
 

夜中、咲は寝室から1階に降りると、そこには鈴がいました。

咲は鈴に対し、「今まで育てて下さってありがとうございました」と言って頭を下げました。

咲と鈴二人とも目元に涙を浮かべていました。

鈴は「幸せになるのよ」と言い、咲の手を握りました。

 
 

咲の結婚式当日

 
 

咲の花嫁姿を見た今井家の人々は感動しました。

鈴は、武士の娘だから寂しくなんかないと言ったものの、目元に涙が浮かべていました。

 
 

会場には忠彦の描いた絵が飾られていました。

 

福子は特別な出し物を用意したと言ったが、幻灯機が動かないというトラブルが発生しました。

福子は、咲は昔からモテていたため、鈴が心配のあまり、咲と男の人が会うときに福子は監視役になっていたのだということを笑い話にしていました。

 
 

萬平は福子を見つめていました。

福子は、次々へと笑い話をし、小野塚は今までの人とは違って咲と合うのだということを話しました。

 

小野塚が家に来た時、家族を支えてくれた咲に幸せが来たのだと福子は思っていたのだと話し、目元に涙を浮かべ、咲や小野塚に向けて、心からの願いを述べました。

それを聞いた鈴は涙が溢れていました。

 
 

カーテンを閉じ、会場の電気を消しました。

幻灯機を使って、写真が映り出されました。

幻灯機の技術を知らないという皆は、幻灯機で映り出された写真を見て感極まりました。

 

咲は福子に「ありがとう」と口パクで言いました。

 

皆の反応を見た萬平は笑顔になりました。

福子は萬平にお礼を告げ、お金を払おうとするのに、萬平は拒否しました。

萬平は自分の作った幻灯機が役に立てたことで胸が一杯だと話してから帰って行きました。

(5話に続く↓)

5話:2018年10月5日

咲の結婚式から昭和16年までの間、第二次世界大戦が始まり、日中戦争は日本軍の連勝だということで世の中は高揚していました。

咲は小野塚と穏やかな暮らしをし、克子は4人目の子供を産んで、忠彦は貧乏画家のままでした。

 
 

(ホテル)

21歳になった福子は恵と共にフロントに立って仕事をしていました。

支配人は、宴会のことよろしく頼むと、福子や恵に言いました。

 
 

(休憩中)

福子がお弁当を摂取している時、野呂に話しかけられました。

野呂はトマト缶を渡し、福子の母に食べさせてあげてということを話したのに対し、福子はお礼を告げました。

 
 

(宴会の会場)

加地谷と萬平は宴会に出席しました。

福子や恵は接客係として仕事をしていました。

 

大阪商工会会長の三田村が挨拶をすることになりました。

三田村は、実業界の人間はお国のために頑張らなければいけない、お国を盛り立てる強い気持ちで頑張っていこうという言葉を発しました。

 

加地谷や萬平は名刺を三田村に渡し、小型の根菜切断機を作っていると話しました。

加地谷は小型の根菜切断機を陸軍の方に紹介してもらえないかということを三田村に話しました。

 

萬平は、根菜切断機の仕組みを説明しようとした最中、世良商事の世良(桐谷健太)が三田村に挨拶し、食事会の時の写真に写っている三田村が男前と話しました。

 

加地谷や萬平は、世良と三田村が話している様子を眺めました。

萬平はホテルの接客係の福子の顔を見て、3年前、咲の結婚式で幻灯機の依頼をしてきた福子であるのだと気づいて福子に接近しようとした最中、男性とぶつかり、男性が持っていた飲み物が萬平の膝元にこぼれてしまいました。

福子は萬平を別室に案内しました。

 
 

(別室)

福子は、萬平のズボンを脱ぐようにと萬平に話しました。

萬平は下着だけだということに戸惑ているのを受け、福子はタオルを渡し、萬平のズボンをアイロンで乾かしていました。

 

その時、萬平は福子に3年前の結婚式の話をしたのに対し、福子は、目の前にいる男性があの時にお世話になっていた萬平であることに気付きました。

 

萬平はタオルから手を離し、下半身が見えてしまうというアクシデントが発生してしまい、萬平はすぐタオルで隠しました。

 

萬平は根菜切断機の製造販売を共同経営していると言ったのに対し、福子は幻灯機は?と聞きました。

萬平は、新しいものを考えていかないといけないのだと言い、ただ考えるのが好きなのだと話しました。

 
 

(会場)

萬平のズボンが乾かし、そのズボンを萬平ははいていました。

萬平は、結婚はされてるかどうか聞いたのに対し、福子はまだと答えました。

それを聞いた萬平は安堵の表情を浮かべました。

 

世良は萬平に名刺を渡し、萬平の幻灯機を見て幻灯機を作るのをやめたということを話しました。

それがあったからこそ売る方に転身した結果、順調だと話す世良に対し、萬平は根菜切断機を作っているのだと離し、根菜切断機の説明をしました。

世良は今度見せてくれと言ってから、側に通りかかった高平社長に挨拶をし、萬平から離れて行きました。

 
 

(今井家)

福子は萬平と再会を遂げたことを鈴に報告しました。

鈴は、萬平のことを覚えていないと言い、さらに克子からの話では咲が体調を崩してしまったのだということを福子に話しました。

 
 

(車内)

萬平は福子の結婚がまだだということを思い出して、微笑んでいました。

(6話に続く↓)

6話:2018年10月6日

(咲の家)

仕事が休みである日、福子は、風邪を引いた咲のお見舞いに行きました。

咲に「気になってる人はいないか?」と聞かれた福子は、萬平の顔が思い浮かんできましたが、「いない」と否定しました。

 

帰宅した真一(大谷亮平)は、お粥を作るから咲は寝ていなさいということを咲に話しました。

その様子を見た福子は微笑みました。

 
 

(帰り道)

夫婦はいいなぁと思いつつ、家に帰ろうとすると、家の前には、歯医者の牧が白馬を乗っていました。

牧は白馬から降りて、咲は元気かと聞いたのに対し、福子は、咲が結婚しているということを教えました。

それを聞いた牧は落ち込んで、白馬に乗って帰って行きました。

 
 

(今井家)

福子は、牧が来ていたことを鈴に報告しました。

鈴は牧のことよりも、咲の風邪のことを心配し、真一は気を遣ってくれるかどうか聞きました。

 

福子は気遣ってくれていると言い、牧のことを話そうとしたのに対し、鈴は克子の旦那の話を持ちかけてきました。

克子の旦那がお金を借りに来たのに対し、鈴は断ったと話しました。

福子は私の給料だから、少しは貸していいと話したが、鈴は拒否しました。

 
 

(克子の家)

福子は克子にお金を貸しました。

忠彦は家の庭で絵を描いて、克子の子供たちは家の中で遊び回っていました。

 
 

(帰り道)

萬平と福子は再会しました。

仕事で人と会ってきたという萬平は、福子にお茶どうですか?と誘ったのに対し、福子はお腹が鳴ってしまい、承諾しました。

 
 

(ラーメン屋)

萬平と福子はラーメンを食べました。

福子は、入社した時は電話交換手の仕事だったと話したのに対し、萬平は3年くらい前にホテルの電話をした時に間違えて外国人に繋がった時があるということを話しました。

それを聞いた福子は、その時の電話交換手は私だということを告白し、謝罪しました。

萬平は、咲の結婚式より前に既に話していたというのは縁だと言いました。

 
 

(帰り道)

萬平と福子は解散しました。

微笑んでいる萬平の後ろ姿を見送る福子も微笑んでいました。

 
 

(今井家)

福子が家に帰宅すると、玄関先に鈴がいることに驚きました。

鈴は、福子が帰ってくるのを待っている間に鍋を作ったと言いました。

 
 

(理創工作社)

会社に帰宅した萬平に対し、加地谷は、陸軍が根菜切断機を試験採用してくれるということを話しました。

 

萬平は、今朝に世良商事の社長から電話があり、製造過程を見たいため、明日工場見学を許可したということを話しました。

加地谷は、勝手に決めるな、と注意しました。

 
 

(工場)

世良は萬平の話を聞きながら製造過程を見学しているという様子を加地谷は見ていました。

 

加地谷は部下からの報告を聞くなり、世良に「お引き取りください」と言いました。

加地谷は、世良は野上商会の根菜切断機を取り扱っていると指摘しました。

世良は萬平の作った根菜切断機の方が良いから売って欲しいと話しました。

それでも加地谷は世良を帰らせた後、人を見る目がないということを萬平に指摘しました。

 

昭和16年の12月、日本はアメリカとイギリスとの戦争に突入しているという最中、車に乗った萬平は車の窓を見てすぐに車を止めるように、と運転手に言いました。

萬平が降りた先には福子の職場のホテルであり、福子に会いに行き、僕と付き合ってくれないか?と頭を下げました。

(第2週に続く)

★第2週「…会いません、今は」のネタバレあらすじはこちらからどうぞ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。