僕らは奇跡でできている(僕キセ)1話のネタバレ!2話のあらすじ【10月9日放送】

こんにちは、ハナです。

2018年10月9日に、フジテレビのドラマ『僕らは奇跡でできている(僕キセ)』の放送がスタートしました。

 

高橋一生さんが演じる自由な発想で周りを驚かせる大学講師・相川一輝の日常をコミカルに描いたストーリー。

高橋一生さんのこんな役を待っていたのでとても楽しみでした。

 

今回はそんな「僕らは奇跡でできている(僕キセ)」の1話のネタバレあらすじをご紹介します。

スポンサードリンク

僕らは奇跡でできている(僕キセ)1話のネタバレあらすじ!

幼いころの一輝は、生き物が大好きな少年。

ある時、自然と触れ合いながら山の中を歩き続け大きな木に行きついた一輝少年は、その幹に抱きついて耳をすますのでした。

 

やがて山の中の工房にたどりついた一輝は、中にいた陶芸家の祖父に「おなかすいた」と声をかけます。

 

しかし飛んでいた虫に気を取られてうっかり祖父の鉢を割ってしまいます。

「これ、もうだめ?」と尋ねる一輝に祖父は「どうしたらこの器が輝くと思う?」と優しく尋ねるのでした。

 
 

そして現在。

 

大人になった一輝はジョージと名付けた亀の水槽に、そのときの鉢の欠片を入れています。

 

目を覚まし、家政婦の妙子と一緒に食卓についた一輝は、ピリ辛きゅうりにこだわります。

そして妙子に「歯医者どうしました?」と聞かれながらも、先延ばしにしてしまうのでした。

 
 

支度がなかなか終わらず妙子をやきもきさせたあと、「僕の部屋に勝手に入らないでくださいね」と言い残して出かけていく一輝。

家を出た後も、池のカモやクモの巣に夢中になってしまいなかなか進みません。

 

そして大学につき、ジャイアントパンダが生き抜いた方法について楽しそうに講義をする一輝ですが、学生たちは退屈しているようです。

 
 

一輝が動物生態学研究室に戻ると、事務長の熊野がやってきて遅刻したことを叱りますが、「誰が困るんですか?」と不思議そうに返してしまう一輝。

 

そこに鮫島教授が帰ってきて、コロプライトという糞の化石を取り出します。

そして一輝と鮫島が糞の話で盛り上がりだし、鮫島に取り入りたい、一輝の同僚の樫ノ木は気が気ではありません。

 
 

そのころ妙子が一輝の部屋に入ってゴミをかたづけていると、弁当が忘れられて残っていました。

弁当がないことに気づいた一輝がリュックの中を探していると、歯が痛みだしてしまいます。

 
 

鮫島に紹介された歯科クリニックを訪れた一輝は、歯科医の育美に向かって鮫島と鹿の調査をした時の話を延々とし始め、育美はそれをさえぎって治療を始めるのでした。

治療後に育美から虫歯だから抜く必要があると言われても、一輝はそんなはずがない、治せる先生を探します、と言って帰ってしまい、育美は呆れてしまいます。

 
 

家に戻った一輝は妙子が部屋に入ったことに気づいて妙子と言い合いになり、歯が痛いのに先送りしてしまったのは、先送りが得意だと言った妙子のせいだ、と言い出します。

妙子は呆れながらも、一輝が虫歯でも食べられるようにスープを作ってやるのでした。

 
 

翌日、育美の歯科クリニックに電話をした一輝は、予約時間の午後4時15分を厳守するように言われます。

その後、鮫島の部屋に呼ばれた一輝は、「どうして僕を先生にしたんですか?そのうち分かると言われましたが、全然わかりません。」と尋ねますが、鮫島は「順調だよ」と言うのでした。

 
 

部屋を出た一輝は、机の下に何かを見つけて喜び、そのまま動物の骨格標本を作るのに夢中になってしまいます。

 
 

一輝が歯の痛みにクリニックの予約を思い出したときには、時間は午後5時を回っていました。

慌ててクリニックに行った一輝は、待合室でイソップ物語のうさぎと亀の絵を描いている男の子が気になり、話しかけます。

 

その男の子・虹一は、「亀は寝ているウサギに声をかけなかった。倒れているかもしれないってどうして思わなかったのか」と言い、一輝に「なぞを解き明かせ」と耳打ちすると、帰っていくのでした。

 
 

一輝が遅れたことで料理教室の予約をキャンセルする羽目になった育美は、あっけらかんとしている一輝にムッとします。

そんな気持ちも知らずに一輝は、屋久島で見つけたサルの骨の骨格を組んでいた、失くして見つからなかった犬歯がやっと見つかったので修復したと言う話を始めるのでした。

 
 

治療の後に歯を抜く予約をしますが、それが嫌で気持ちの整理がつかない一輝。

 
 

その後、治療した雑誌の編集者から輝く女性の特集で取材させてほしいと言われた育美はご機嫌になり、帰り際にネックレスを自分へのご褒美に買います。

育美がネックレスの輝きにうっとりしているころ、一輝は夜空に輝く月の輝きをうっとり見つめていました。

 
 

大学に行った一輝は、講義で学生たちにシマウマが白黒の縞になっている理由についてグループで発表するという課題を出し、須田、琴音、新庄、尾崎が同じグループになります。

戸惑う学生たちに一輝はイソップ物語のウサギと亀の謎の話を始め、琴音は「ウケる」とつぶやくのでした。

 
 

そのころ虹一は、亀がウサギにどうして声をかけなかったか思いついたと母親に話しますが、くだらないと言われてしまいます。

 
 

一方、一輝は山の中でかごから亀を出し、歩き始めた亀の高さまで体をかがめて亀の目線になっていました。

 
 

そして子供の頃と同じように大きな木に抱き付いて耳を澄ませ、祖父の工房に入って「おなかすいた」と声をかけるのでした。

食事をしながら、歯を抜かなくちゃいけなくて大変、と話す一輝に祖父は「良かったな。歯のありがたみがわかったろ」と話し、二人は微笑みあうのでした。

 
 

一方、育美は雑誌の取材を受けた後、彼氏を高級レストランに誘って仕事の愚痴をこぼします。

自分で店を決め高いメニューを注文し、支払いも自分でする育美に彼氏はひいてしまい、店を出ると「もううんざりだよ、育美は俺のこと下に見てんだろ」と去っていってしまいます。

 
 

そして一輝が、歯医者で歯を抜くことになった日。

 

一輝は講義で、学生たちそれぞれのグループのシマウマの縞模様についての発表をとても興味深そうに聞いていました。

そしてその講義の様子を、鮫島が楽しそうにのぞいているのでした。

 
 

最期に「皆さんとても面白かったです」と言いながらも、正解は分からない、と話す一輝に学生の須田は不満をもらします。

 
 

鮫島についてきていた樫ノ木は「困ったもんですね」と言いますが、鮫島は「順調だ。さすが相河先生」と満足げでした。

 
 

仕事をしながら彼氏のことを思い出していた育美は、歯科衛生士のあかりがネックレスはあえて彼に買ってもらうものだと話しているのを聞いていらだちます。

 
 

一方、スマホを忘れた一輝は、予約に送れないよう今度は早目に来て待っていました。

そんな一輝を見つけた育美は、「常識がないんですか、時間を守ることは人として最低限やるべきことですよね、どうしてそんな簡単なことができないんですか」ときつく言い、言葉に詰まった一輝は、帰ります、と出て行ってしまいます。

 
 

落ち込みながら帰っていく一輝に虹一がかけよってきて、亀の謎が解けた、と話しかけます。

 

近くの公園で一輝と虹一が、同じことを考えてた、と盛り上がっているとそこに育美がやって来て一輝に謝るのでした。

そして育美は一輝の治療を始め、一輝は自分の抜いた歯をもらいます。

 
 

治療後、一輝が虹一と知り合いだという話からウサギと亀の話になり、突然一輝は育美に「先生はウサギっぽいですね」と言います。

自分はコツコツ頑張るタイプだから亀だと思う、と言う育美に、「コツコツ頑張るのが亀なんですか?」と聞く一輝。

 
 

そして一輝は自分の解釈として「亀は全然頑張っていません。競争にも勝ち負けにも興味がないんです。亀はただ道を前に進むこと自体が楽しいんです。亀の世界にウサギの存在はなく、だから声をかけなかった」と話します。

 
 

ハッとした育美がウサギについての解釈を聞くと一輝は「ウサギは亀を見下すために走るんです。自分はすごいって証明したいんです」と答え、診察室を出て行くのでした。

 
 

それを聞いた育美は待合室まで一輝を追いかけ、「私のどこがウサギなんですか?」思わず聞いてしまい、他の患者に注目され、慌てて診療室に戻ります。

一人になった育美は「何なの?」と呟き、一輝の言った言葉に戸惑うのでした。

スポンサードリンク

『僕らは奇跡でできている(僕キセ)』1話の感想

では、『僕らは奇跡でできている(僕キセ)』1話をご覧になった方の感想をご紹介します。

きゃべつさん(20代)
不思議な男の周りに起こる様々な人間ドラマ

独特な世界観が繰り広げられているドラマで、大変引き込まれました。

高橋一生が役そのものに入り込んでいて、見ていて違和感ありませんでした。

戸田恵子さんとのやりとりも、ほっこりとした気持ちになりました。

あと、家での食事のシーンも好きです。もう少し、家の食事シーンを長く撮ってみてもいいかなと思いましたが、これからに期待しています。

大学生の頃の事を思い出し、こういう先生いるなあなんて懐かしい気持ちにもなりました。

学生達の展開や、榮倉奈々とのやりとり、今後も楽しみな材料が沢山ありました。

榮倉奈々の女医役もなかなか現実にいる感じが出ていて良かったです。女医さんの感情的になるシーンなど、みていてまさにそれ!と思ってしまいました。

また、恋人とのシーンでは、出来る人は無意識なんでしょうが、男性からすること結構堪えるんでしょう。

気持ちがわかりました。これから、2人はどうなっていくのかも楽しみです。早く2話目が気になります。

Q.『僕らは奇跡でできている』の今後や2話に期待することを教えてください。

榮倉奈々と高橋一生の2人の進展はあるのかないのか気になります。

また、ほかの登場人物についてまだまだ謎な事が多いのでその辺も少しずつみていけたら嬉しいです。

あと、児嶋一哉はこれからどのように使われていくのか期待大です。

高橋一生を先生にした理由、高橋一生の人生背景なども少しずつみれたらいいなと思っています。

生徒達の心境の変化や、高橋一生に対する態度が変わっていくような気がして、楽しみです。

榮倉奈々と恋人の関係は2話目では進展するのでしょうか。

あのままの感じだとお別れパターンになる気がします。そこを持ち直すのかどうなのか、その辺も楽しみです。

あと、ただ単に雰囲気が好きなので、あの雰囲気のまま2話目も見れたら嬉しいです。

ふななさん(50代)
視点を変えて、見るということ

人の視点というのは、面白いですね。「ウサギとカメ」「シマウマのしまは、なぜきれいなのか」ウサギは、ずる賢くて、カメは、勤勉。なぜ、そう思うのだろうがと。

ついつい、一輝先生の世界に、引き込まれてしまったような気がします。第三者とすれば、夢を持って、素敵な感じに写るでしょうね。

でも、そばにいたら、マイペースで、考え方にも、ついていけないところも、ありますね。

また、シマウマが、なぜ、白と黒なのかなんて、当たり前のようです。

でも、なぜなのかと、問題提起されれば、答えに、困ってしまいます。

しかし、学生たちは、虫対策であったり、気温対策であったり、ユニフォームみたいなものと、考えたり。

ついつい、正解を求めたいところですが、一輝は、答を出しません。でも、それが、様々な視点を持っていることなのかなと、面白く感じました。

一方、バリバリの歯科医として、働く育美。自分の考えを、押し付けているような感じですね。相手に対する思いやりがないような。

なんだか、ひとりぼっちになっていくようで、寂しい感じがしました。

Q.『僕らは奇跡でできている』の今後や2話に期待することを教えてください。

水道の音から、フィールドワークを思い付いた一輝。

とても楽しそうですが、ただ、単位を取るだけで良いと思ってる学生には、面倒くさいって思うかも知れませんね。

でも、ひとつずつ、投げ掛ける生き物に対する謎。なんだかワクワクしてきますが、それは、学生たちのだろうが心を動かすのでしょうか。

一方、育美が、自分に言われた「ウサギっぽい。ウサギは、見下す」が、気になるのは、当然ですよね。

それが、恋人との仲直りに役立つのでしょうか。また、一輝と、仲良しというか、考え方が似ている虹一。

興味を持つこと、疑問に思うことは、とても素敵なことですが、母親にとっては、心配の種になるのも無理はないです。

でも、虹一の、興味を持つ心は、一輝と交流を持つことで、大きくなっていくのでしょうか。

一輝との出会いが、様々な人の心を変えていくのでしょうか。

しみしみねこさん(40代)
ふんわりした一輝先生が素敵

変人だけれど自然を愛することには誰にも追随を許さない感じの、ふんわりした一輝先生が素敵でした。

高橋一生自身のの、なごめる雰囲気がそのまま生かされていて、見ていてはまり役だなと思いました。

上司の鮫島教授にもらったフンの化石を持って喜んでいる変人ぶりがツボに入って笑えました。

カメを森で散歩させているときの幸せそうな場面やディベート中の生徒の間に入って嬉しそうにしている姿がとても良かったです。

抜歯のためのクリニックの予約をスマホのにアラーム設定したという場面では、きっとスマホを忘れて研究に夢中になるのでは、と考えていたのですが、なんと自宅に忘れていたので、予想の上をいく天然さに、何だかすごく魅力を感じました。

授業のシーンでは、結局シマウマについて「わかりません」で締めてしまったので、これはズルい!と生徒と同じようにがっくりしてしまいました。

おそらく今日から明日にかけて「シマウマ・シマ」の検索件数が、一気に跳ね上がるのではないでしょうか。

Q.『僕らは奇跡でできている』の今後や2話に期待することを教えてください。

気になるのは、歯医者にいた少年・虹一くんのことです。

一輝先生とウマが合っていたように見え、とても楽しそうだったのですが、母親は成績や宿題をやっていないことの方が気になっているようで、公式ウェブの予告によると今後も二人が付き合うことには反対で、不信感を持つ様子です。

小学生の親から見ると確かに「不思議くん」にしか見えないだろう一輝が、母親と衝突したりするのではないかとドキドキしています。

予告では育実と一輝が焼き肉屋で一緒に食事をする展開になるとのこと、デートではなかったのが残念ですが、2人の仲が急接近するのかと思え、楽しみです。

第1話ではあまりいい関係になりそうには見えなかったのですが、ギャップがあるからこその好奇心からの急接近…という展開になすのではないかと、予想しています。

まめこさん(40代)
「うさぎと亀」はどちらが幸せ?

見終わって、パッと浮かんだ感想は、とても心が温かくなるドラマだなと思いました。

主人公の相河一輝は、とにかく魅力的な人だという印象を持ちました。ルールを守ることが苦手で、いつも周りに迷惑をかけてしまう人なのですが、おおらかで自分らしく生きているところがとても眩しくて、好きなことを語っている時の幸せそうな笑顔に、心を鷲掴みにされた感じがしました。。

大人になれば、周りに合わせることを覚え、常にルールを守りながら暮らしていくのが当たり前になってしまいますが、一輝は子供のまま時が止まってしまっているかのようで、素直である意味頑固、人に流されず、自分の好きなことをして生きている。

一見、真逆の人生を生きている歯科クリニックの育美のほうが幸せな気もするのですが、最後に一輝が育美をうさぎに例えます。

それは「うさぎと亀」のうさぎで、亀を見下すためにレースを行ったという物語の内容からも分かる通り、最後に幸せを掴むのは、亀、つまり一輝のような人のほうのかな?と思いました。

Q.『僕らは奇跡でできている』の今後や2話に期待することを教えてください。

第2話は、予告で沢山のトラブルを巻き起こすということは分かりましたが、鮫島教授が一輝を講師に推薦した思惑が明らかになりそうです。

一輝は面白がる天才だという鮫島教授、普通には縁のない一輝を何故大学講師に推薦したのでしょうか?大学生の頃の恩師だったということに何か関係があるのでしょうか?

また、第2話の予告によると、一輝は授業でフィールドワークに出ることにしたのですが、手続き上などの問題で、ミスを事務長に叱られながらも、どうにか森へ行けることになるようです。

第1話で一輝は、何度か森へ来て何かのしかけをしていたようですが、それもとても気になるところです。

また予告で見る限りでは、歯科クリニックの育美とだいぶ親しくなっていました。

この二人の関係も気になります。真逆の二人だけに、お互いに興味がありそうだとは感じましたが、それがどのような関係性になっていくのか?

そこにも、今後期待したいです。

shu-mamaさん(40代)
身の回りの沢山の奇跡

新しいな!というのがまず最初の感想です。

ドラマ全体のテイストも主人公のキャラクターも今までのどれにも似ていない新しい感じがしました。

告知ではどういう話なのかあんまりわからなかったけど、主役の高橋一生さんと脇を固める要潤さんヒロインの榮倉奈々さんと好きな役者さんが出ているのでみました。

一話だけではまだドラマの全容がつかめない不思議な作りになっているので何とも言えませんが子供を身ごもったとき、産婦人科で受けた母親教室を受けたときの感覚を思い出しました。

子供が生まれるというのは物凄い奇跡なんだという話です。

タイトルそのままですが、そういうことではなく途中で出てくる子供と主役の関わりのところやその子供の話を聞かずにテストの点数に頭を悩ませる母親などのシーンでそういうことを思い出しました。

人間って生まれたことが素晴らしい奇跡的なことでそれだけでとても美しいということを再認識させてくれるお話になっていました。

Q.『僕らは奇跡でできている』の今後や2話に期待することを教えてください。

普段の生活のなかで当たり前になって、なれていってしまう事柄や、今自分てにしていることが物凄い奇跡的で幸せなことなんだということに気づかせてくれるドラマに出会えたような予感がしています。

人間だけでなく沢山の生き物の話も入り、命ってすごい!命って素晴らしい奇跡的なことで!ということに焦点をあてているようで、この先のお話が本当に楽しみです。

ヒロインの榮倉奈々さんが主人公に苛立ちながらも関わってしまうように、知らず知らずにとげとげとささくれだっている心を、このドラマでとかせるような大きく柔らかい太陽のような温かさを感じました。

母親である私としては、少年とその母親と主人公の関わる話が進むといいなぁと思います。

生まれてくれただけの子供に、ついつい親の価値観で怒ったり苛立ったりしてしまう自分を戒めてくれるようなお話がすすむといいなぁと、期待しています。

ぴよちゃんさん(30代)
一輝たちのキャラクターと感想

まずは主人公相河一輝のキャラクターが面白いと思いました。

遅刻も多くて事務長に怒られたり、当日予約した歯医者を忘れたりして他のことを忘れるくらい何か1つに没頭してしまうタイプだと思います。

亀が森で歩くと目線を同じにするために自分も伏せて見ている一輝が可愛かったです。

また講義の仕方が面白かったです。生徒が発表しているときにニコニコ笑顔で聞いていたり、発表している生徒にすごく近寄ったりしていて一輝が1番講義を楽しんでいる感じでした。

家政婦の山田さんと一輝の会話も面白いと思いました。

一輝が部屋に入らないでと言っても弁当やスマホを忘れて山田さんが何回も一輝の部屋に入っていたのも面白かったです。

想像していた家政婦さんとはイメージが違うので好感がもてました。

水本歯科クリニックの育美は職業柄さすがにお金持ちで買い物や食事に使う金額が高くて羨ましいと思いました。

しかし彼の自分が下に思われてるんではないかという気持ちも分かります。1話とても面白かったです。

Q.『僕らは奇跡でできている』の今後や2話に期待することを教えてください。

一輝の個性的なキャラクターは2話でも発揮すると思います。

相変わらず歯医者での治療中にずっと話し続けて治療がなかなか終わらないシーンなどもまた出てくると思います。

育美は収入格差や価値観の違いで今の彼氏とは上手くいかないのではと思っています。

なので一輝と育美の絡みにより育美が一輝にもっと興味をもってイメージが好印象になって良い関係になってくれることを期待しています。

また家政婦の山田さんのシーンは明るくて元気なので山田さんがたくさん出てくれると嬉しいです。

そして一輝の講義のとき最初生徒はスマホを見たり居眠りしている人が多かったのですが、どんどん一輝の講義が楽しくなって生徒も皆真剣に講義を受けるようになることを期待しています。

僕らは奇跡でできている(僕キセ)2話のあらすじ!

大学で動物行動学を教える一輝(高橋一生)は、通っている歯科クリニックで古い水道の蛇口を発見。

その音が鳥の鳴き声に似ていたことから、授業でフィールドワークに出かけることを思いつく。

しかし学生は、面倒に思うばかりで、ワクワクしているのは一輝ただ一人。

一方、育実(榮倉奈々)は一輝に言われた「先生はウサギっぽい」「ウサギはカメを見下すために走る」という言葉が忘れられず、落ち着かない時間を過ごしていた。

ある日、歯科クリニックで出会った虹一(川口和空)と再会した一輝は、生き物に深い興味を示す虹一に、自分が人知れず山で調べている“ある謎”を打ち明ける。

虹一も一輝に親しみを感じるが、虹一の母・涼子(松本若菜)は息子に近づく怪しい男を警戒していた。

迎えたフィールドワーク当日、山に到着した一行は、音を出して鳥を呼び寄せる“バードコール”を手に鳥との会話を試みるがうまくいかない。

そんな中、琴音(矢作穂香)は、子供のような無邪気さでフィールドワークを楽しむ一輝に胸の高鳴りを覚え…?

一方、育実は喧嘩した恋人の鳥飼(和田琢磨)と仲直りしようと、自宅で手料理をふるまうことに。

しかし、相手を気遣ってついた小さな嘘が、かえって雅也を傷つけてしまい、距離を置かれてしまう。

イライラが募る育実は、ある晩、ストレス解消のためにひとりで焼き肉を食べに。

ヤケ食いとばかりに次々注文していると、一輝が現れて…!?

引用元:https://www.ktv.jp/bokura/index.html




おわりに

今回は10月9日にスタートしたドラマ「僕らは奇跡でできている」1話のネタバレあらすじをご紹介しました。

一輝はほんわかした雰囲気だけど、周りの人はどう変化していくんでしょうね。

今後の展開も楽しみです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。