リーガルV【1話】のネタバレあらすじ!【米倉涼子主演/10月11日放送】

2018年10月11日(木)に、米倉涼子さん主演のドラマ『リーガルV』の放送がスタートしました。

米倉涼子さんで木曜9時の枠と言えば「ドクターX」のイメージが強くて、今回もそれに似た感じのドラマなのかなーと思っていましたが、実際に見てみるとかなり痛快。

さばさばした感じはあるけど、かなり芯がつよくて優しい翔子に魅了されてしまいました。

では、今回は「リーガルV」の1話のネタバレあらすじをご紹介します。

スポンサードリンク

リーガルV【1話】のネタバレあらすじ!

https://www.tv-asahi.co.jp/legal-v/cast/

 

とある会社社長の葬儀。

葬儀を弔問中の、Felix&Temma法律事務所の弁護士である、海崎勇人と白鳥美奈子は、海外に逃亡したはずの、小鳥遊翔子を見かけます。

 
 

崖の上に立つ、喪服の弁護士 青島圭太。

そこへ、一人の女性がやってきます。

 

『お久しぶりね。』

 

女性は青島のことを知っているようですが、青島は女性のことを知りません。

『死んじゃダメ、勝つまで戦うの。』

女性はそう言うと、足を滑らせ、靴を崖から落としてしまいました。

 

新しい靴を青島に買ってもらい、二人で電車で帰ります。

 

帝國大学の教授 京極雅彦は大学に辞表を出し、教授人生の終わりを迎えていました。

京極は、弁護士資格を持ってはいますが、法廷経験のないペーパー弁護士です。

 

小鳥遊翔子に、私と一緒に正義の法律事務所を始めないか、と誘われていたのです。

 

しかし、翔子の携帯電話も繋がらず、在籍しているはずのFelix&Temma法律事務所を訪ねるも、一年前に退所しており、連絡がつかないのでした。

教え子である弁護士の大鷹に、詐欺ではないか、と言われます。

 
 

実は、青島と一緒にいる女性こそが小鳥遊翔子だったのです。

 
 

翔子は、青島のことをスカウトしにきたと言います。

以前、翔子が在籍していた大手法律事務所に面接に来たのが青島でした。

青島は、弁護を担当した事件の一審で敗訴し、依頼人の母親を自殺に追いやってしまったと言います。

そんな青島に翔子は、『弱者を救うための法律事務所で一緒に戦いましょう』と言いました。

 
 

驚きを隠せない青島。

翔子は、青島に、明日ここに来てと言いメモを渡し、立ち去ります。

 
 

次の日、青島が電車に乗っていると、痴漢騒ぎが起きます。

会社員 安田勉が女子大生 三島麻央から痴漢呼ばわりされています。

 

しかし、安田はやっていないと主張します。

 

そんな安田が気になった青島は、自分が弁護士であることを伝え、何かあれば、と名刺を渡しました。

 
 

元大学教授の京極と教え子で弁護士の大鷹は、翔子の居場所のビルを突き止めます。

そこには、京極法律事務所と名前があります。

京極は舞い上がります。

 
 

弁護士の大鷹は元検事で、弁護士資格を失った翔子のことを知っていました。

大鷹は、翔子に、どういうつもりなのかと問います。

 

翔子は、法曹界に恩返しがしたいだけだと言います。

大鷹は、法廷経験の無いペーパー弁護士の京極に法律事務所が務まるはずがないと言いますが、翔子は優秀な若手弁護士がくるから大丈夫だと言いました。

弁護士 青島圭太のデスクが用意されています。

 
 

その頃、青島は痴漢容疑で逮捕されている安田と面会していました。

早くここから出してくれ、という安田に罪を認めるよう言う青島。

 

安田はやっていないと主張します。

拘留中の安田は、勤務先の君島化学で部長の立場にあるため、自分の仕事を、同僚の富樫に託すよう、青島に依頼します。

 
 

青島は、翔子にメモを渡されていた、京極法律事務所にやってきます。

Felix&Temma法律事務所にスカウトされたと思っていたが、違うと知り、憤慨します。

そこへ、パラリーガルの面接にやってきたのは、横領の前科がある元銀行員の伊藤理恵とストーカーの前科がある馬場雄一です。

二人とも採用されます。

 
 

その頃、安田は、警察の取り調べを受けていました。

無罪を主張する安田に警察官は執拗に迫ります。

 
 

Felix&Temma法律事務所に君島化学の常務の相原がやってきます。

メインプロジェクトを任されていた安田が痴漢容疑で逮捕されたので、相談にやってきたのです。

代表の天馬に賄賂を渡します。

 
 

青島は京極法律事務所に遅刻して出社します。

被疑者の安田が送検されてしまったのです。

青島が抱えている事件が痴漢冤罪事件だと知り、事務所の一同は、覆すのは難しいとやる気をなくします。

 
 

翔子は、駅弁をご馳走すると言う青島の約束に釣られ、青島と一緒に安田の面会に行きます。

痴漢の冤罪を晴らすのは難しいと、示談を進める青島と小鳥遊に、安田は、

『やってもいないのに嘘ついて自分で自分の人生を汚せっていうのか。一度、自分に嘘をついたら、この先ずっと諦めないといけない気がする。』

と拒否します。

 
 

そして、安田は、事件のあった日は、以前より開発を続けてきたバイオテクノロジーの特許出願の日だったことを明かします。

さらに、その開発には、300億円が見込まれる技術があると知り、翔子は安田の事件の弁護を請け負うことにします。

 
 

君島化学の常務 相原は、Felix&Temma法律事務所の弁護士の海崎と共に、安田の面会に行き、裁判で争うなら自身の進退を決めてからにして欲しいと伝えます。

辞めろってことですか?と安田は、ショックを受けます。

 
 

帰り際、青島は、すれ違った海崎に挨拶をします。

痴漢冤罪事件の弁護を担当する青島に海崎は、

『最低だ。君は、被疑者と家族を地獄へ導き、会社や家族を危険に晒しただけだ。』

と伝えます。

そんな海崎に、翔子は、『私のポチをいじめないで。』と言います。

 

翔子と海崎はFelix&Temma法律事務所の元同僚でした。

資格を失くした元弁護士がこんなところで何をしている、と言う海崎に、プライドを捨てた弁護士に言われたくないと翔子は言いました。

 
 

会社から進退を決めろと言われた安田は、裁判をやめて示談にすると言います。

 

そんな安田に翔子は、

『人生には白旗あげちゃいけない時があるの。あなたには戦う権利が残されている』

と伝えます。

 
 

京極法律事務所の一同は、駅に行き、痴漢冤罪事件を調べます。

事件の内容は次のようなものでした。

 

女子大生 三島は、電車内の窓際に立っており、お尻を触られたことに気づき、窓にうつった男の顔を見たと言います。

10分間に渡って痴漢されたため、西神田駅で降りたということです。

その頃、安田は、特許出願のため、同僚と携帯でメールのやり取りをしていたとのことです。

 
 

第一回公判 証人尋問

 

青島が弁護し、供述の矛盾を指摘するも、全て、検事の片山に反論されてしまいます。

判事の榎本と検事の片山は裏で繋がっている様子です。

 

次の公判では、弁護士の大鷹も同席することになりましたが、相手が、大鷹がよく知る先輩、検事の片山と判事の榎本だと知り、怖気付き、おりてしまいます。

翔子は、被疑者の三島とすれ違い、事件の後、引きこもっていたという三島が、翔子が欲しかったバックを買いに行ったことに気づき、偽証罪の重さを伝えます。

 
 

第二回公判

青島は、鉄道の専門家として、翔子を法廷に呼びます。

翔子は鉄道マニアとして、鉄道検定1級を持っていました。

 

そして、翔子は三島の供述の矛盾を次々と指摘します。

なぜ、通学途中の乗り換えに便利な1号車に乗らなかったのか?

電車の窓際に立って、痴漢されていたというが、その時刻は乗車率200%のため、乗降客に押し出されるはずなのに、また、わざわざ痴漢の前に立ったのか?

窓に映った男の顔を見たというが、乗っていた電車には、窓にポスターが貼っており、男の顔を見るのは不可能な状態でした。

 

そして、翔子は、供述書に書いてある内容は、警察からの取り調べの要請を受けた後に辻褄を合わせるために考えたストーリーだと推測します。

観念した、三島は、供述が嘘であることを白状します。

安田は無罪になります。

 
 

京極法律事務所から君島化学に損害賠償の通知書が届きます。

 
 

女子大生の三島がホストに話した内容から、痴漢事件を仕組んだのは、君島化学の富樫だとわかります。

富樫が安田の才能を嫉妬して仕組んだ事件でした。

 

会社に使い捨てにされた、という安田に、翔子は、

『もっと大きいご褒美をもらっちゃいましょう』

と言います。

 
 

君島化学に送られた通知書の内容は100億を請求するものでした。

弁護士の海崎は、無能な弁護士の抵抗だ、法的には支払う必要は無い、と常務の相原に伝えます。

 

そこへ、京極法律事務所の京極がやってきて、

君島化学に対する告発会見の開催

を通達します。

 
 

特許を開発した社員を排除し、特許の旨味を会社が得るのはおかしいと伝えます。

逆に訴えるという相原に海崎は、巧妙に法の抜け穴をついており、和解交渉を進めるしか無い、と負けを認めます。

 

京極法律事務所は6000万円の報酬を手にします。

 

京極法律事務所のパラリーガルにホストの茅野を加え、7人でお祝いの乾杯をします。

 

資格がないくせにと大鷹に言われ

『資格がないと人を救っちゃいけないの?』

という翔子に、一緒に頑張りましょう、という青島は言います。

すると翔子は、

『やるのはあんた達だけどね』

とどや顔になりました。

(2話に続く)

スポンサードリンク

『リーガルV』1話を見た方の感想

では、続いて実際に『リーガルV』1話をご覧になった方の感想を見ていきましょう。

あかりさん(20代)
痴漢事件や京極、大鷹のことで

痴漢事件において加害者が圧倒的に不利だということを思い知らされた。

小鳥遊は鉄道検定という資格を持っているのと、事前にしっかりと調査をしたからこそ、被害者は偽証しているということを強く主張することができたというのは安田にとって運が良かったという出来事になったのではないかと思った。

それにしても、安田の妻は安田が痴漢容疑として逮捕されたことに衝撃を受けた後、一体どうしてしまったのだろうかと結構気になった。

安田は妻との関係に終止符を打ってしまうような目に遭うことがなく済んだかどうか祈りたい。

京極という人物の実力がかなり気になった。実際、所長であるものの、顔だけということであり、事務所への貢献ができないままに終わってしまうのだろうかと感じた。

小鳥遊は京極のオーラという理由で京極を所長にしたのではなく、本当は何らかの別の目的があるからこそ京極を選んだのではないだろうかと感じた。

大鷹は十分に戦力になりそうだが、検事との対立にどうにかして耐える必要があるのだと思った。

Q.『リーガルV』の今後や2話に期待することを教えてください。

今後何かと事件がある度に、加害者と被害者という存在が出現する。不利な方を京極法律事務所が担当するのに対し、有利な方を海崎が担当する上で、小鳥遊は裁判で海崎と戦うという展開になるのではないかと考えられる。

そこで、小鳥遊と海崎の間に一体何があったかということや、小鳥遊はなぜ青島をスカウトしたかということ、弁護士の資格を失った小鳥遊はどのような方法で正義を表現することになるかどうかということに期待したい。

京極法律事務所の事務員全員前科持ちだということで、前科持ちだからこそ犯罪者視点に立つことができる上に、小鳥遊らに貢献できるのではないだろうかという、事務員に対する期待も出てくる。

それと同じ意味で、検事だった大鷹の働きにも期待したい。

けいこさん(30代)
スカッとするドラマ

まずは出演者が豪華。知らない人が少ないくらいで楽しみにしていたが、最初が痴漢冤罪事件って案外現実的な展開から始まった。

以前出演していた米倉涼子のドクターXと若干キャラが被り中盤迄混同した。ストーリー的には、逆転裁判に似ている主人公が以前弁護士資格剥奪された点や冤罪事件を解決するなど。

その他、このドラマで鉄道バーの存在を初めて知った実際に近場にあれば行ってみたいと鉄道に興味の無い私が思ったくらい。

逆に裁判系のドラマに興味ない層例えば鉄道オタクも取り込めそうな感じでかつ店員のコスプレも今後見ていく中でチェックする点かと。

天満壮一郎役の俳優さんの演技も良かった。

冷静な顔つきで時計を拭き取る仕草など思い出し笑いしてしまいそうです。

他のドラマでも頻繁に出演されてますが今回の役も適任です。

次回予告で菜々緒さんが出てたので益々楽しみになります。

最近のドラマでは数少ない見ててスカッとする演出で最終回まで楽しく視聴出来そうなドラマだと思います。

Q.『リーガルV』の今後や2話に期待することを教えてください。

豪華な出演者が発表されているので今後の絡みや対決する様などドクターXの様な展開を望みますがあまり似過ぎると嫌ですが。

そもそも弁護士資格を剥奪される原因となった悪い人達に対しての復讐も期待したいモンテクリスト伯みたいにってキャラ違うしそれはそれで違和感出そうですが、悪人が平気な顔して出続けると胸くそ悪くなるので、潰していって欲しいな。

大手法律事務所のエリート弁護士集団とどんな風に戦っていくのかも見もの現実世界では全く考えられないのが、ドクターX同様にワクワクします。

エリートを弱小の集まりが立ち向かっていく様に勇気を貰いたいと思います。

原作の有無や存在を知らないので次回予告の度に気になって次週を楽しみにする半年が始まる予感。

ちゃいむさん(50代)
秘密の扉を開けた時

楽しみにしていたドラマの一つで、とても楽しく見れました米倉涼子さんのスタイルの良さとても綺麗でした。

高橋英樹さんも、貫禄が有り、その癖とってもお茶目で、行動なども、滑稽で、笑いました。

久しぶりのドラマ出演では、ないでしょうか?

ポチのこれからの活躍に凄く期待しています。やっぱり三浦翔平さんはかっこよかったです。

内容も、奥深く、今後の内容も、期待してます。児島さんが、秋のドラマに2つも出ているのに、びっくりしてます。

なかなかの演技派俳優になってきたと思いました。

向井理さんも、なかなかの渋い役で、今までの正統派と、ちょっと違って、味のある役柄でした。

とても、楽しいドラマでした。ちょこちょこと笑える場面が有って、ホッとする場面もあって、毎週木曜日の夜が待ち遠しくおもっています。

とても、見やすく、わかりやすく、楽しく、面白く、ほーとおもうこともあり、私の期待を、裏切らなかったドラマに出会えました。ぜひぜひ皆さんに見てもらいたいドラマです。次の日友達と、ドラマの話をしたいです。

Q.『リーガルV』の今後や2話に期待することを教えてください。

1話もとても、楽しく見れたので、2話も、楽しく、笑えて、心温まる内容を期待します。

ポチの躍進も、期待してます。弁護の大逆転劇なども、期待してます。高橋英樹さんの、滑稽な部分が沢山見れて、いっぱい笑えるようなドラマにしてください。

この世の中、冤罪も沢山あると思いますが、冤罪は、人の人生を、変えてしまうので、本当に辛い事だと思いますので、そう言う問題などを取り上げたり、でも、本当は心温まる作品を期待します。

笑えるドラマが、私は好きです。介護の問題なども、あるとまた、違った視点から、見る事も出来ます。

子供のネグレストなども、取り上げたりしてほしい。一人でも多く、子供達が、いっぱい幸せに慣れるように、痛い思いをしないように、ドラマの影響は、大きいです。

楽しい中に、考えさせられる内容も、アリだと思います。

ゆきさん(40代)
期待以上のおもしろさ

ある程度期待はしていましたが、予想をはるかに超える面白さでした。

事件自体は、それほど目新しくはないし、なんとなく想像した展開だったんですが、事件が起きてから、綻びを見つけていく過程、証拠集めがこのドラマ独特で面白かったです。

一気に引き込まれるドラマですが一番すばらいしのは、米倉涼子演じる、小鳥遊翔子をはじめとしたキャスティングでした。

かなり個性の強いキャラクターばかりですが、その役にぴったりのキャスティングすぎて、鑑賞しながら嬉しくなってしまいました。

特に熱血若手弁護士の青島役に、演技派イケメン林遣都。自信のなさと正義感の強さが共存していて、そういった不器用さを小鳥遊に見込まれ、まんまとこき使われていますが、すべて無駄なく事件解決につながっていて、それだけでも小鳥遊の只者じゃない感はつたわってきます。

小鳥遊はドクターXの大門がそのまま法律の世界にやってきた感じですが、金銭感覚は大門と違い、しっかりしていました。

それも依頼主、自身の事務所のため、仕事のうちですから頼もしい感じです。

他にライバル弁護士に向井理、ズルさと賢さが前面に出ていて、はまり役でよかったです。

Q.『リーガルV』の今後や2話に期待することを教えてください。

予告では、色々話題の斉藤由貴が事件に絡んでくるようで、個人的に、ゲストキャスト選びの渋さが良いなと思います。

一話で小鳥遊翔子をはじめ、キャラクターがしっかり立っていたし、ストーリーも作り込んだ感じなのに、伏線回収も分かりやすく、最後まで楽しめる内容だったので、次回ベテラン斉藤由貴がどんな役をやって楽しませてくれるのか今から楽しみです。

菜々緒も登場するようで、小鳥遊と絶対対立するだろうなと予想してます。

小鳥遊にポチと呼ばれ、こきつかわれている可愛いイケメン熱血弁護士、青島の奮闘ぶりにも注目してます。

1話のラストで京極法律事務所のパラリーガルとして加わったホスト、茅野が今後どう活躍していくのかも、とにかく見所だらけ、期待だらけのドラマです。

こみかるさん(20代)
元弁護士で自由人、小鳥遊翔子の法律事務所

主人公の小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ)は「京極法律事務所」の管理人を務め、自由奔放な言動で周囲を翻弄する元女弁護士です。

ちなみに大手法律事務所をクビになり弁護士資格を剥奪されています。

つまり、無免許にもかかわらず、法律事務所を立ち上げたのです。

主人公の事務所のメンバーな彼女自身とは違った方向性でクセが強いです。

個性派ぞろいの弁護士やスタッフたちをまとめ上げ、悪人たちを法律で成敗する、痛快なストーリーで見ていてこっちがスカッとしました。

無免許なので、基本責任は部下に丸投げ。「法の下ではみんなが自由」を理想とするが、実は「みんなの自由を奪う自由人」。と言われるほど翔子の行動は破天荒です。

小鳥遊翔子の元で働く人達は大変だなと少しだけ同情しました。

ですが、そういう破天荒さを含め、このドラマの魅力だなと思います。

主人公と因縁がある大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」との関係や今後の動向も気になります。

Q.『リーガルV』の今後や2話に期待することを教えてください。

まず痛快さです。主人公の小鳥遊翔子がどんな方法で悪人を裁くのか楽しみです。

主人公同様にクセが強い上に、過去に犯罪行為まで行っている人までいる事務所のメンバーと一緒にどんな活躍を見せてくれるのかすごく期待しといます。

主人公事務所のライバルであるelix & Temma法律事務所やそのメンバーの海崎勇人や白鳥美奈子がどう物語に関わってくるのか気になります。

小鳥遊翔子と白鳥美奈子の対決や、海崎勇人との三角関係はあるのかも気になります。

無免許弁護士というハンデを吹き飛ばす活躍を見せてくれるのか、一話では言ってることもやってることも無茶苦茶な主人公ですが、なぜだかそれが痛感に思えました。
一話の勢いのまま話が進んで欲しいです。

ヤマニンさん(40代)
良い意味で期待を裏切られたドラマです。

とても、見ごたえのあるドラマで、15分拡大もあっという間に過ぎてしまいました。

前評判では、ドクターXの裁判版などと言われていたものもありましたが、なんのなんの、最初の10分で物語に引き込まれて、後は米倉さんや脇を固める女優、俳優の豪華さと演技力にただただ見いってしまいました。

高橋さんのコミカルな重厚演技に、林さんの若い頑張りの演技、荒川さん安達さんのコンビもとても面白かったです。

とても贅沢な出演者たちに、それをまとめる米倉さん。

ドクターXとは全然違う、とても魅力のある役で、二話目以降もとても気になりますし、米倉さんの過去がとてもきになります。

向井さんの最近の悪者振りが顔のギャップと対照的でとても良かったです。

裁判の難しさ、固さを分かりやすく、見やすくしてくれていて、とても楽しくてワクワクするドラマでした。

毎回変わる、スペシャルゲスト的な出演者達も、今からとても楽しみにしております。

良い意味で、期待を裏切られた、楽しいドラマでした。

Q.『リーガルV』の今後や2話に期待することを教えてください。

1話目ですでに紹介されたメンバーに、1話限定のゲスト出演者や小日向さん、向井さんの法律事務所との対立も関係してくることでしょう。

やはり、その事務所との対決、米倉さんとエリート弁護士の向井さんとの直接対決が、今からとても楽しみですし、林さんとの対決も、米倉さんや他の仲間の弁護士達の力をかりて、向井さんとたいけつをして、気持ちの良い逆転判決を見せてほしいです。

1話限定のゲスト出演者さんも予想外の女優俳優を期待しております。

すでに、2話のゲストが斉藤由貴さんだと次回予告でわかりましたが、斉藤さんと米倉さんのからみを予想するだけで、次週がとても楽しみです。

久しぶりに、次の回を楽しみにできるドラマに巡り会えました。

リーガルVの2話のあらすじ

「京極法律事務所」に、世界的企業「太陽製紙」の元取締役・永島美鈴(斉藤由貴)が弁護を依頼してきた。

女性初の役員として活躍していた美鈴だが、立て続けに3人の部下からパワーハラスメントを受けたと告発され、不当解任の憂き目に…。

納得がいかず、会社に損害賠償を請求する民事訴訟を起こしたものの、口頭弁論直前に担当弁護士が辞任してしまったのだという。

知的で奥ゆかしく、とてもパワハラをするようには見えない美鈴だが、管理人として事務所を裏で仕切る元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)は懐疑的。

そもそも弁護士が降りたということは勝ち目のない案件だとにらみ、弁護を断ろうとする。

 ところが…美鈴が要求している損害賠償額が3億円を上回ると知った翔子は、多額の成功報酬に目がくらみ、弁護を引き受けることに。

美鈴の指名で担当弁護士になった青島圭太(林遣都)と、事務所の代表弁護士・京極雅彦(高橋英樹)は、さっそく「太陽製紙」を弁護する大手法律事務所「Felix & Temma法律事務所」を訪れる。

ところが、被告代理人の白鳥美奈子(菜々緒)が2人に手渡した音声データを聴いた「京極法律事務所」の面々は、早くも敗訴を確信してしまうことに…。

そこにはほかでもない、美鈴が部下にビルから飛び降りるよう迫り、暴力を振るっている様子が録音されていたからだ!

 しかし、ただひとり、どうにも釈然としない翔子は、事務所のメンバーに調査を続行するよう指示。

やがて、美鈴と一番親しかった「太陽製紙」の生産事業部長・城野優(平山浩行)を、証人として確保する。

ところが、美鈴はなぜか城野の出廷を拒み…!?

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/legal-v/story/0002/

2話のゲストは斉藤由貴さんと平山浩行さんですね!

面白くなること間違いなさそうです。



おわりに

今回は「リーガルV」の1話のネタバレあらすじをご紹介しました。

弁護士ものだけど、事件や裁判だけではなく、翔子の言動や弁護士事務所のスタッフのやり取りがとても面白くて興味深いです。

2話も楽しみ!

では最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。