ブラックスキャンダル【2話】のネタバレあらすじ!【10月11日放送/山口紗弥加主演】

2018年10月11日(木)に、ドラマ『ブラックスキャンダル』2話が放送されました。

 

1話ではなぜ藤崎紗羅が復讐心を抱いたのかがはっきりしましたが、あの謝罪した男に気持ち悪さを感じてしまいました。

2話ではいよいよその男に復讐が下されます。

どんなスリルを感じられるのでしょうか!

 

今回は、「ブラックスキャンダル」の2話のネタバレあらすじをご紹介します。

スポンサードリンク

ブラックスキャンダル【2話】のネタバレあらすじ!

"私を地獄へ落とした人間全員、私と同じ地獄へ落とす"

 

矢神亜梨沙(山口紗弥加)は仕組まれた5年前の会見で偽りの発言をした棚城健二郎(波岡一喜)の情報を得るため、パソコンで健二郎の検索をします。

 
 

棚城正則芸能事務所という健二郎の父親の事務所に所属している事がわかったが、その事務所では健二郎が父親の正則(山下真司)に強硬な態度をとっています。

 

一方、亜梨沙が五色沼仁(袴田吉彦)から助けた小島夏恋(小川紗良)は、新しいドラマに出演することになっていました。

夏恋は亜梨沙と演技の勉強のため阿久津唯菜(松井玲奈)の撮影現場を見学しに行くことにしますが、そこには棚城正則芸能事務所の正則と健二郎も出演しています。

 
 

健二郎には女癖の悪さ、覚醒剤使用の噂が流れています。

撮影現場では唯菜が迫力ある演技をするしています。

 

そこに正則と健二郎が現れますが、謙虚な姿勢で入ってくる正則に対し健二郎は横暴な態度をとっています。

 

亜梨沙は棚城正則芸能事務所のマネージャー安田静江(朝加真由美)と名刺の交換をすると、静江はフローライトと聞いて5年前の会見の話をします。

 

藤崎紗羅の現在を聞かれた亜梨沙は「彼女ならもう死にました」と心の闇を出しながらも笑顔で立ち去ります。

 
 

撮影が終わり健二郎から誘われた唯菜は亜梨沙を加え食事をする事にします。

 
 

亜梨沙が一旦フローライトに戻ると勅使河原純矢(安藤政信)から声を掛けられ、社内でいがみ合う必要は無いと言う芸能一部と、ライバル視している二部の考え方の違いに驚きながらも純矢から気が合うと言われ複雑な気持ちになります。

 
 

亜梨沙と唯菜は酔った健二郎に5年前の不倫会見の真実を聞き出そうとします。

「不倫だけど不倫じゃ無い」と言う健二郎に会見は芝居だったと言っていた事、その後フローライトをクビになった事を問い詰めると、フローライト社長の勅使河原友和(片岡鶴太郎)から1億円わ受け取ったと話します。

 
 

ゲス俳優として売れたと喜び全く悪びれる事も無い健二郎に亜梨沙と唯菜は怒りを覚えます。

 
 

さらに健二郎は覚醒剤をテーブルの上に広げ始めると、亜梨沙は気付かれないよう撮影をしようとします。

その時マネージャーの静江がタイミング良く現れ健二郎を連れて帰ります。

 
 

翌日、健二郎に近づくのをやめるよう、花園は亜梨沙に話します。

元フローライトの健二郎は5年前の事で現在も花園と繋がっていました。

 
 

亜梨沙はフローライトの新人マネージャー水谷快人(若葉竜也)に健二郎が出演したDVDと台本を用意するよう指示すると、食事をした時に健二郎が忘れた物を棚城宅へと届けに行きます。

静江に忘れ物も渡すと、静江は”親子の絆”と称して棚城正則芸能事務所がたいへんだった時の事を話し始めます。

 
 

正則が独立した頃は経営不振だったが、健二郎がフローライトをクビになり移籍してきた事で、仕事が増えたと話しました。

これから正則と共演するため夏恋は挨拶をすると、亜梨沙も正則と笑顔で挨拶を交わします。

 
 

其の後誰も居ないホールに訪れた正則に亜梨沙が近付きます。

挨拶で握手をした際、亜梨沙は正則を呼び出す為の手紙を渡して居ました。

 
 

正則程の実力ある俳優がいつも謙虚な姿勢で撮影しているのは、本当はいい人を演じ自分を守ってきたのだと亜梨沙は話し、ボイスレコーダーに録音された音声を正則に聞かせました。

ボイスレコーダーには、健二郎が覚醒剤を使用していると思われる音声が入っています。

 
 

正則は1億円にまで膨らんだ借金を健二郎に肩代わりしてもらった為に、覚醒剤を使用していると知りつつも見て見ぬ振りをして止める事が出来ませんでした。

正則は亜梨沙に目的を問うと「親子揃って仲良く引退して下さい」と言い、そこに飛び込むようにして現れた静江が必死に止めます。

 
 

“ひとつだけ正則が助かる方法がある”

と亜梨沙は正則に伝えるとその場を後にします。

 
 

棚城宅ではくつろいでいる健二郎に電話がかかって来てテレビをつけるように伝えると、そこに写っていたのは正則が息子の健二郎に代わって引退会見でしている様子でした。

 
 

覚醒剤に手を出した息子を親として気付けなかったのは同罪だと泣いて謝る正則の姿をテレビ越しで見た健二郎は、パニックになり静江に電話をかけますが、正則を守る為にはこうするしか無いとだと静江は説明します。

亜梨沙は、子供の身代わりになって謝罪する事で同情票が集まり、プラスに働く事もあると呼んで正則にそうさせたのです。

 
 

正則に聞かせたボイスレコーダーは、健二郎が過去に出演したドラマの台詞わ編集して亜梨沙が捏造した音声だったのです。

 
 

健二郎はマスコミに追われ、行きつけの店にかくまってもらおうとしますが、そこには亜梨沙しか居ません。

正則が自らを守る為に健二郎は売られた事を伝えられ、日本中隠れる所なんて無いと知るとずっと惨めな思いをして来たのだと不満をこぼし始めます。

 
 

亜梨沙はそんな健二郎に五年前の会見は許されるものでは無いと追い討ちをかけ、逃げようとした健二郎は警察に取り押さえされます。

 
 

なんの才能もない中年反抗期だと罵ると

「一滴残らず地球上から干されて消えて」

と亜梨沙は吐き捨て健二郎はそのまま連行されます。

 
 

フローライト社内のテレビでは健二郎が逮捕される映像が流れその様子を同僚と見ていると、静江が亜梨沙を訪ねてきました。

静江は正則を守る為には必要な事だと言い、これからも正則のマネージャーとして離れる事はしないと伝えます。

 

「あなた幸せになれないわね」と言い去っていく静江を、何も言わず神妙な面持ちで見送ります。

 
 

一方極秘で交際をしている犬飼遊真(森田甘路)とミルキーロードのミカ(田中真琴)は、自分たちのグループのポスターを見て、ここまで頑張ってきたと喜びそのままホテルへと向かいます。

ミカは寝ている犬飼を慌てて起こしました。

「わたし、デキちゃったみたい…」

(3話へ続く)

スポンサードリンク

『ブラックスキャンダル』2話をご覧になった方の感想

ではここでは、『ブラックスキャンダル』2話を実際にご覧になった方の感想をご紹介しますね。

るるんさん(20代)
人間の裏がわかる

復讐をするために地位をキープしながら影で復讐できる姿がとてもかっこよく役にとても毎回合っていて好きです。

二世タレントの分際で態度がとても悪く人間の裏の顔がにじみでていて感情移入して良い意味でむかつくほどでした。

元恋人と同じ職場で顔を変えてもバレないけど顔も見たくないと思います。

やっぱりどこか惹かれていくのか気になりました。

芸能界の裏ってこんななんじなのかなって感じました。

二世タレントのクズさがとても最悪でした。

不倫会見の事件の真実が知れて、知らなくても良いこともあるけど真実が知ったとき怒りがこみ上げてきました。

スキャンダル1つで芸能界の生き残るのか切り捨てられるのかとてもリアルでした。

一気に責められないのが悔しいですね。

追い詰めていくのも精神的につかって仲間がいて復讐できる。

仲間が協力してくれるシーンもよかったです。

上司がとても怪しくて二世タレントのマネージャーもとても怪しくて最後まで見逃すことが出来ませんでした。

たかはさん(30代)
亜梨沙の復讐が成功して良かったです

今回の亜梨沙の復讐の相手は不倫相手とされた俳優の棚城健二郎でした。

健二郎は女好きで覚醒剤もやっていて本当にクズだと思いました。

こんな男のせいで芸能界を追放されてしまったのかと思うと亜梨沙が可哀想でなりません。

今回も後輩女優の唯菜の協力もあって復讐を成し遂げることができました。

しかし、亜梨沙はまだこれだけでは満足できていないと思います。

芸能界を追放されただけでなくありもしない不倫のせいで母親まで自殺してしまったのだからこれからもっと大きな復讐をしていくと思います。

唯菜は亜梨沙の復讐計画を知っている唯一の人物で亜梨沙も信用していますが、本当に信じてしまっていいのか少し心配です。

唯菜は実は事務所のチーフマネージャーや社長と繋がっていそうな気がしてなりません。

亜梨沙がまた裏切りにあわないか心配です。

また、事務所の社長の息子で元恋人である勅使河原純矢と亜梨沙の関係がこれから進展していきそうで楽しみです。

しみしみねこさん(40代)
危うすぎる亜梨沙

山口紗弥加演じる矢神亜梨沙の復讐劇が二人目まであまりにとんとん拍子に行き過ぎるので、少し亜梨沙に「待て」と言いたい心境です。

復讐そのものはとてもリアリティのあるストーリーで、今回の波岡一喜演じる棚城健二郎の打ちのめし方も、父親に記者会見で引導を渡すというからめ手ですし、ねつ造した証拠となる音声も、警察あてに使う必要はなくなったので、ある意味亜梨沙は安全圏にいると言えます。

つじつまが合っていて、とてもスマートに感じます。

しかし、すでに花園チーフは、亜梨沙が若手女優の阿久津唯菜と組んで健二郎に会っていたことを知っていますし、そもそも唯菜も隠れて健二郎にタンカを切るシーンを見ていたり、何か信用できない気がします。

また、新聞記者の巻田も健二郎というよりは亜梨沙の周りを嗅ぎまわっているように見え、状況はとても危うく感じます。

スリル満点でとても面白いのですが、復讐を最後まで遂げるためにも、少し亜梨沙には守りの姿勢もとってほしいな、と思ってしまいました。

あんころもちこさん(30代)
目には目を歯には歯を。

今回はどんな復讐劇になるのかワクワクしていました。

ターゲットは二世俳優の棚城健二郎でした。

彼はなんで不倫したという嘘の演技をしたのか、まさかそこに父親が関わっていたなんて意外な展開でした。

亜梨沙は復讐の鬼みたいになっていますが、頭の回転の早い女性なんだろうなと思いました。

証拠を握れなかったら証拠を作ればいい、この展開は面白かったです。

棚城健二郎に対する復讐も自分がされたように記者会見での復讐だったので、目には目を歯には歯をでスカッとするやり方でしたが、敵に回すと本当に怖い女性だなあと思います。

片桐仁さん演じる週刊誌の記者の方が最初はただのパパラッチかと思っていましたが、どうやら亜梨沙を追っているようで彼女の秘密に気がついてきているようなので今後どう関わってくるのかが気になります。

事務所にあった赤いハイヒールと亜梨沙が履いていたハイヒールは繋がりがあるのかたまたまなのか意味深な感じで気になります。

あかりさん(20代)
亜梨沙の復讐方法と幸せ

亜梨沙らしくない復讐方法ではないのだろうかと気になった。五色沼に対する復讐が予想を上回るものだったので、亜梨沙は最後までとことんとやるような人間だと思っていた。

だが、棚橋の父が謝罪会見を開いて、マネージャーに電話を切られた後、亜梨沙に追及され、警察に逮捕されるという、それだけ?と思わず声が出てしまった。

棚橋が逃走している時、街で棚橋を見つけ、コソコソ何か喋ったり、マスコミに追われたり、事務所からクビ勧告だとかそういうのが見たかった。

覚せい剤をやったことで芸能界に復帰するのは厳しく、父親と縁を切ったのも同然だからそれだけで棚橋は屈辱的に感じるのだろうかと気になった。

棚橋のマネージャーが亜梨沙に対し、「あなたは幸せになれないよ」と言っていたが、亜梨沙はもう幸せだなんて求めていないのではないかと思う。

整形してまで復讐すると決めた以上、亜梨沙からすれば幸せだなんてどうでもいいに違いないと思う。

夏恋の成長が亜梨沙に幸せをもたらせば良いと思った。

ぴよちゃんさん(30代)
5年前の会見と今回の復讐

1話では矢神亜梨沙と阿久津唯菜が協力しているシーンが少なめだったので2話で2人が協力しているシーンがたくさんあって嬉しかったです。

唯菜は棚城健二郎から5年前の嘘の不倫スキャンダルについて聞き出すのが上手だと思いました。健二郎は撮影現場で態度がでかかったです。

亜梨沙は復讐するために芸能事務所のマネージャーになりましたが亜梨沙の仕事ぶりは素晴らしいと思いました。

元看板女優だったということもあり身についている部分もあると思います。健二郎と父親のマネージャーは最初怪しいと思いましたが、父親のことを真剣に考えて支えている良いマネージャーだと思いました。

今回の復讐方法は5年前の嘘の不倫スキャンダルの会見で健二郎が認めたときと似ていると思いました。

亜梨沙の作った健二郎の覚醒剤の証拠音声のクオリティが高くて驚きました。亜梨沙の本気を見て考えさせられました。

健二郎に復讐できて私もスッキリしました。2話もとても面白かったです。

ブラックスキャンダル【3話】のあらすじ

『週刊星流』の記者、巻田健吾(片桐仁)は、五色沼仁(袴田吉彦)や棚城健二郎(波岡一喜)が起こした騒動の影に、矢神亜梨沙(山口紗弥加)がいることに気付く。

「あの女の周りで面白いことが起きている…」と巻田は、亜梨沙のことを探り始める。

一方『フローライト』では、売り出し中のミルキーロードのメンバー、ミカ(田中真琴)の妊娠が発覚!

しかも、お腹の子の父親はマネージャーの犬飼遊真(森田甘路)だった。

亜梨沙はミカを守るためにある手段を思いつくが…。




おわりに

今回は「ブラックスキャンダル」の2話のネタバレあらすじをご紹介しました。

来週はどんな復讐劇でスカッとできるでしょうか!?

楽しみですね。

では最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。